「暴君ハバネロ・ハバ盛(ゴールデンパウダー)」を食べてみた。

辛さ10倍パウダーをふりかけるのが特徴のスナック菓子
「暴君ハバネロ・ハバ盛」がゴールデンパウダーにリニューアルということで
さっそく近所のコンビニで購入。

 20140928.jpg

前回のは正直辛いとか美味しいとかそれ以上に
「むせる」「粉っぽい」という印象ばかりが残ってしまった本品。
各所で同じような評価をされていたみたいだし
さすがに今回は改善されているはず。

というわけでさっそく一口……う、うん。

唐辛子の大きな粒が多めに入っていることもあり
前回の「完全に粉」の状態よりはそれなりに食べやすくなっている印象。
ただそれでも「むせる」「鼻に来る」要素はかなり残ってるし
食べたあと激辛パウダーが袋の底に大量に残ってしまうのがなんとも残念なところ。

いやね、正直本品のウリである「激辛パウダーを後がけ」という仕様自体に
問題があると思うんよこれ。
ファストフード店で隆盛のシャカシャカポテト等にヒントを得たのかもしれないけど
水分が多く温かいそれらとスナック菓子で同じようになるわけがないんだし。
「入れる量で辛さを調整出来る」のがメリットかもしれないけど
中途半端に残すより全部入れる人のほうが圧倒的に多いと思うし。

そんなこんなで完食。ごちそうさまでした。
前回より改善されてるとは思うけど
やっぱりパウダー形式そのものを改めるべきだと思います。はい。

あ、あと前回よりパウダーが辛くなってるねこれ。
唐辛子の匂いがかなり強めだから気になる人は気になるかなあ、と。

 

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

辛い食べ物