毎年足を運んで福袋を購入するのが恒例となっている仙台初売り。
ただ今年はアレやコレがあって
事前予約や事前抽選、その他の販売前倒しなどもあり
昨年までの初売りとはかなり様変わりしてしまった印象。
特にイオン仙台店の千本引きがなくなってしまったのが大きいですね。

そして年末からの寒波のせいで
道路がカチンコチンでアブナイアブナイだったので
今年は自転車で行くのはやめて電車に乗って行ってしまいました。
それに合わせて出発も7時過ぎとゆっくりです。

いやーこんなにのんびりとした1月2日はマジで十数年ぶりですね。
学生時代からずっと夜明け前に自転車で出発してましたので。

そんなわけで例年とはずいぶん状況が変わりましたが
「北野エース」さんのカレー福袋をいつも通りに購入。
値段も変わってないので一安心です。ノーカレーノーライフ!

そして中身はこんな感じ。

・よこすか海軍カレー
・博多華味鳥 華味鳥カレー
・京都雲月 山椒が薫るカレー
・銀座ろくさん亭 料亭のまかないカレー
・富良野ブラックカレー[ビーフ]

「華味鳥カレー」以外の4種類は
昨年までの福袋にも入っていたものですし
いつもながら安定したラインナップですね。
もちろんお得ではあるんですが
毎年毎年こう代わり映えがないと逆に物足りなさを感じてしまうというか
福袋っぽさや闇鍋感がなんだか恋しくなってきます。
これじゃあただの詰め合わせセットじゃないか、的な。

たまには色モノ系やご当地系、コラボ系など
いろんなジャンルごとのカレーを集めた福袋、なんてのがあっても
いい気がしますけどどうですか北野エースさん。

何はともあれおせちもいいけどカレーもね。

あ、それと今年は自分が買った5種1080円のほか、
値段が倍の5種2160円というカレー福袋も売っていました。
そちらは「飛騨牛ビーフカレー」などが入っていたみたいですが
個人的には「飛騨牛ビーフカレー」などのブランド牛を使ったものは
具材の豪華さだけを表に押し出していて
カレーソースとのバランスが微妙、というのが多いので
やっぱりいつもの5種1000円の福袋にしました。
ブランド牛が食べたいんじゃない!カレーが食べたいんだ! てな感じです。
1個400円レベルになってしまうとあまりお得感もありませんし。
 

 

コメント (0) | トラックバック (0)

福袋, カレー, 辛い食べ物

毎年楽しみにしている初売りでの北野エースさんのレトルトカレー福袋。
もちろん今年も購入してきました。

ただ昨年から仙台エスパル店の福袋が5種類1080円のものだけになってしまい
正直物足りなさを感じていたので
今年は仙台三越店まで足を運んできました。
仙台駅前から三越までは地下鉄で2駅分ほどの距離がありますが
自転車なら10~15分程度でらくらく到着です。無料の駐輪場もあるので無問題。
駅前のイービーンズやイオンが軒並み7時開店なのに対して
三越は8時開店なので時間的にもぴったりです。

そんなわけで今年購入したのは
北野エース仙台三越店の「レトルトカレー福袋」2160円10個入り。
中身はこんな感じです。

 IMG_20200102_181905s-.jpg

・新宿中村屋 技あり仕込みビーフカリー 中辛
・京都雲月 山椒が薫るカレー
・銀座ろくさん亭 料亭のまかないカレー
・よこすか海軍カレー
・大人のためのビーフカレー
・大人のためのチキンカレー
・北本トマトカレー
・佐賀黒毛和牛カレー
・熊本赤牛カレー
・松阪牛ビーフカレー

安心と安定の北野エースさんといった感じですね。
箱入りではなくパウチが裸状態のやや安価な商品が入っていたりと
数年前に比べるとちょっと落ちる気もしますが
お得感はありますししっかりと楽しめるラインナップです。

ちなみに1080円のものは小さなトートバッグ入りでしたがこちらはただの紙袋。
更に「じっくり煮込んだ黒毛和牛ビーフカレー」のような
700~800円の目玉商品が入っていたことを考えても
価格的には1080円のほうがお得な気もしますがやっぱり5個は物足りないです。

個人的には「じっくり煮込んだ黒毛和牛ビーフカレー」や「飛騨牛ビーフカレー」は
肉ばっかりアピールしてて肝心のカレールウの味は普通で
正直値段に見合ってないと思っているので
そのあたりも加味して今回みたいなラインナップのほうが好みだったり。
やっぱり福袋と言うからにはたくさん種類がほしいですし。

ちなみに昨年からニュース等で話題になっていた
レトルトカレー366日分セット(1名限定・162000円)は
開店から1時間が過ぎた9時過ぎの時点でまだ残っていました。
冷静に考えると1個あたり400円超なのであまりお得感もありませんし
どちらかと言えば宣伝用に準備していたのかもしれません。
福袋売り場に「カレーの棚」が鎮座しているのはかなりインパクトがありましたし。

あ、それと今年はその他に北野エースの菓子福袋(1080円)や
ヤマダ電機のちびっこ菓子袋(300円)を衝動的に購入してきました。
食べ物系は中身が分かってるから安心感とお得感がありますね。
生モノや果物などを除けば賞味期限も長いものが多いので
毎年なんだかんだで買ってます。お菓子は1~2ヶ月はのんびり楽しめます。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

福袋, カレー, 辛い食べ物

1個200円で普段はあまり食べないカレーを味わえる
北野エースさんのレトルトカレー福袋を今年も購入してきました。

ですが今年はいつも行っている仙台駅エスパル店での販売が
カレー福袋2160円(10個入り)ではなく1080円(5個入り)に変更。
どうやら昨年までの2160円袋は仙台三越店での取り扱いになったようですが
駅周辺から移動したくなかったので1080円のものをそのまま買っちゃいました。
もちろん値段的には変わらないんですが
種類が少なくなったことで福袋らしいワクワク感は減っちゃったかなあ、と。

 IMG_20190102_102931s-.jpg

とは言え安価ならではのコンパクトさもそれはそれで魅力があり
特に昨年不満だった紙袋が布製のバッグに戻っていたのが嬉しいところ。
店の人も「オリジナルの袋」がついてくることをアピールして呼び込みしていましたし
やっぱり昨年の紙袋は自分以外にも不評だったんじゃないでしょうか。
ノーカレーノーライフ!(声に出して読みたい日本語)

そして肝心の中身はこんな感じ。

 IMG_20190102_102807s-.jpg

・人形町今半 じっくり煮込んだ黒毛和牛 本格ビーフカレー
・三菱食品 からだシフト 糖質コントロール ビーフハヤシ
・新宿中村屋 技あり仕込みビーフカリー 濃厚リッチ
・MCC 神戸テイスト+ 6種野菜のさらっとしたカレー
・大塚食品 大塚のボンカレー50 中辛

福袋自体が去年と変わったこともあってか
ラインナップも昨年までとはごっそり入れ替わりましたね。
本来の価格では約2000円相当という話だったので
恐らくメインの「じっくり煮込んだ黒毛和牛ビーフカレー」が700円前後、
その他の4つが300円前後ってところでしょうか。
濃厚系のものが少なく野菜カレーや糖質オフのものが入っているあたり
北野エースの客層を意識してちょっと健康志向になっている気もします。

……ん? ちょっと待って!

 hayashi.jpg

君カレーじゃないやん!
どうしてくれんのこれ!
カレーが食べたかったから購入したの!

というわけでオチもついたところで来年へ続く。
やっぱり食品系の福袋はしっかりお得感がありますね。

ちなみに過去の福袋の中身はこんな感じでした。
何だかんだで毎年買ってます。おせちもいいけどカレーもね。

2018年初売り ~北野エース レトルトカレー福袋(2160円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-1260.html

2017年初売り~北野エース レトルトカレー福袋(2160円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-1174.html

2016年初売り~北野エース レトルトカレー福袋(2160円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-1031.html

 

コメント (0) | トラックバック (0)

福袋, カレー, 辛い食べ物

初売りで毎年購入している北野エースさんの
「レトルトカレー福袋(2160円)」を今年も購入しました。
ちなみに昨年、一昨年の記事はこちらになります。

2017年初売り~北野エース レトルトカレー福袋(2160円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-1174.html

2016年初売り~北野エース レトルトカレー福袋(2160円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-1031.html

 IMG_20180102_104809s-.jpg

そんなわけでこちらが今年のカレー福袋。
まず最初に「あれ?」と思ったのが
去年まではエコバッグに入っていたものがただの紙袋になってしまっていたところ。
北野エースのエコバッグはオサレなデザインで家族にも毎年好評だったので
無くなってしまったのはちょっと寂しいですね。
最近はなんでもかんでも値上がりしてるので経費削減のためなんだろうなあ、と。
まあ福袋自体を値上げさせられるよりはよっぽどマシです。
残念だけど仕方ないね。

そして今回のラインナップはこんな感じ。

 IMG_20180102_104920s-.jpg

・飛騨牛ビーフカレー
・大人のためのビーフカレー
・よこすか海軍カレー
・100時間かけたカレー
・五島軒 函館カレー
・サムラート バターチキンカレー
・新宿中村屋 プレミアムインドカリー スパイシーチキン
・新宿中村屋 技あり仕込みビーフカリー 濃厚リッチ
・京都雲月 山椒が薫るカレー
・富良野ブラックカレー[野菜]

昨年、一昨年と同じものが多いですが
ちょこちょこと種類が変わっていたりしていますね。
「サムラート バターチキンカレー」や「京都雲月 山椒が薫るカレー」は
変わり種の新顔なので非常に楽しみです。
個人的にトマト系のバターチキンはちょっと苦手なんですがまあそれはそれで。

ちなみに店の人の話によると4700円相当になるらしいです。
確かに1個400~500円と考えると妥当ですね。
なんにせよ普段は二の足を踏んでしまう高級レトルトカレーを
1個あたり216円で購入出来るというのは魅力的です。

というわけで今年も変わらぬ満足度を提供してくれた
北野エースのレトルトカレー福袋。
先着300袋と在庫的にはかなり余裕をもって買えるのも嬉しいですね。
来年もまた行きますよー。

 

コメント (2) | トラックバック (0)

福袋, カレー, 辛い食べ物

というわけで先日注文していた
「艦これ」×「三越」コラボのカレー缶セットが届きました。
三越コラボの商品は老舗百貨店らしく高価で実用的な品が多くて
(そこが嬉しい人も居るかと思いますが)
ファンアイテムとして押さえておきたいものはあまりなかったんですが
カレーだけは別腹というか大好きなので思わず注文してしまった次第なのです。

 IMG_20171004_151936s-.jpg

こちらが届いたカレー缶セットです。
いやーすごい豪華なパッケージですね。さすがに三越は違います。
まるで高級ケーキみたいな包装だぁ……(貧困なボキャブラリー)。

3缶セットで3240円(送料別)とお値段もかなり高めのカレーですが
よく考えたら有象無象のご当地レトルトカレーの相場が600円前後、
前に食べた「18禁カレー」(超イロモノ)が1080円だったことを考えると
三越ブランドのカレーが1缶1080円というのはそう高くもない気がします。
うん安い! 安いぞこれ!(感覚麻痺)

磯山商事の「18禁カレー」を食べてみた。
https://tktkgetter.com/blog-entry-968.html

ちなみに賞味期限は2019年10月~2020年1月とまちまち。
3缶とも種類が異なるので賞味期限も違うところに気をつけたほうがいいですね。
まあまだ2年以上先の話になりますが。

そんなこんなでさすが三越、と言わんばかりの豪華さで
艦これ好きとしてもカレー好きとしても大満足のカレー缶セットですが
一つだけ残念だったのが付属の描き下ろしカードが
紙製で予想よりも心許なかったところ。
あくまでもオマケなので画竜点睛を欠く……とまでの話ではありませんが
他の部分がしっかりしているので変に悪目立ちしちゃっている感じですね。
ちょっともったいないです。

 IMG_20171004_152218s-.jpg

というわけで二重スリーブでしっかりと保管です。
ずいぶん縦長のカードだなあ、と思ったらまさかの名刺サイズでした。
自分はカードコレクターでもあるので
5~6種類のサイズのスリーブを持っていて使い分けているんですが
この手のキャラグッズ的なカードで名刺サイズなのはちょっと珍しいですね。
贈答品ギフト等を多く手がける百貨店ならではのサイズ感覚かもしれません。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ, カレー, ゲーム