原作漫画『ドラゴンボール』から地続きとなる『ドラゴンボール超』の新たな設定で
新たなブロリーの物語が描かれた映画『ドラゴンボール超 ブロリー』。


『神と神』からのドラゴンボール映画は全て劇場で観ていて
今回の『ブロリー』も映画館に足を運んでいたんですが
感想記事を書いていないないままだったので
先日4/16に地上派初放送がされたのが最後のチャンスだと思った次第です。
きっかけがあってよかったです。はい。

というわけで今回の新ブロリーですが旧映画とは時系列も全く違いますし
「際限なく戦闘力が上がる」「一切の攻撃が無効」といった
どこから出てきたのか分からない設定が公式のように語られたり
ネット上でのネタ化も含めて完全に一人歩きを始めていた「ブロリー」という存在を
鳥山先生が果たしてどんなふうに解釈して『超』の物語に組み込むのか、
というのは期待しつつも不安であった部分なんですが
いやー蓋を開けてみればすごい面白かったですねマジで。

まず前半の40~50分を費やして描かれたのは
数十年前の惑星ベジータを舞台にしたバーダック&悟空(カカロット)、
先代のベジータ王&ベジータ、そしてパラガス&ブロリーのそれぞれの父子の顛末。
ブロリーに息子の立場が脅かされることを恐れ排除しようとするベジータ王をはじめとして
旧作の設定を膨らませたり短編『ドラゴンボール-(マイナス)』でのエピソードを挟みつつ
じっくりと描かれた人間ドラマは見応え満点。
まさかドラゴンボールでここまで魅せるストーリー、
情緒的な物語を描いてくれるとは思いませんでしたよ本当。
悟空もベジータもほとんど出てこないのにすごい面白い物語が描けるっていうのは
それだけで今後のドラゴンボールの可能性のようなものも感じさせてくれますね。

そして旧映画のブロリーの魅力の一つには「保育器が隣で泣かされていた」という
悟空との赤ん坊の頃からの因縁があったんですが
本作ではそのあたりの設定はバッサリとカットされ
その代わりに「悟空のもう一つの可能性」という部分が強調されていた印象。

「自分と離れ離れになっても強く生きて欲しい、とカカロットを一人で送り出し、
サイヤ人のために戦って死んでいったバーダック」と
「ブロリーと一緒にいるために息子を追い、サイヤ人の仲間を殺してでも
二人だけで生き延びようとしたパラガス」は
「子を想う親」という点では同じであっても明らかに対比する形で描かれていますし
悟空が地球で多くの仲間や師によって成長したことと
ブロリーが父親に縛られて歪められ、友人すら自らの手で屠るように仕向けられたことも
対照的に描かれている感じです。

そして後半はブロリーの新たな理解者であるチライ&レモとの交流を経て
地球を舞台に悟空&ベジータがブロリーを擁するフリーザ一味と激突する展開に。
前半のドラマパートから一転、お互いに変身を繰り返しつつ
超スピードでパワーとパワーがぶつかり合う戦闘描写はまさにドラゴンボールの真骨頂。
TVシリーズでは難しい、映画だからこそ出来たであろう圧倒的なバトルシーンは
ドラゴンボールの超絶バトルをアニメーションがここまで表現出来るようになった、という
ある種の感動すら覚えます。
特に戦闘の序盤で描かれた超ゴッドベジータの作画はとんでもなくすごいと思います。

洋画『マン・オブ・スティール』が上映された時に
「戦闘シーンがまるでドラゴンボールのよう」
「日本の映画じゃ出来ない表現力」というレビューが散見されましたが
日本のアニメにもそれを表現できる力があるぞ! 負けてないぞ! って気分になりますね。

また戦闘の中でのブロリーの超パワーアップのきっかけとなったのが
「パラガスの死」だったのも印象的。
この描写を考えれば本作のブロリーは正しく
「穏やかな心を持ちながら怒りによって目覚めた超サイヤ人」でありますし
本作ではいろいろあって復讐のために歪んでしまいましたが
大本の理由が「ただブロリーに生きていてほしい」一心だったことを考えても
ブロリーにとってのパラガスは一種の洗脳じみたものがあったとしても
決して「悪い父親」ではなかったんだろうなあ、と。
それにしても本作のフリーザはやってることは極悪なはずなのに
すっかりコメディリリーフな立ち位置でしたね……。

というわけで前半は「父と子」にスポットを当てたストーリー性、
後半は日本のアニメ作品でも最高峰に位置するんじゃないかというクオリティで
圧巻の戦闘を見せてくれた映画『ドラゴンボール超 ブロリー』。
本作のラストを考えるとブロリー&チライ&レモの3人は
今後も第三勢力として登場しそうな感じがしますし
6月公開予定の映画『スーパーヒーロー』や漫画版なども含めて
どんどん続いていく『ドラゴンボール超』のこれからの展開も気になるところです。

もちろん『スーパーヒーロー』も前売り券は購入済みです。
全2種類のクリアファイルの他、カードダスセットがついてくるローチケ版の前売りも
カードダス好きとしては外せないので結局前売り券が3枚になりました。
3回行かなきゃ……。(使命感)

あ、それと本作の悟空の最後のセリフ「孫悟空、それとカカロット」は
明らかに旧作の「オラはカカロットじゃなくて孫悟空」との対比ですね。
終盤のゴジータとブロリーの戦闘には生死を賭けた戦いというよりは
「ゴジータがブロリーに稽古をつけている」ような印象も受けましたし
本作の戦いを一言で言ってしまえば
「戦いが嫌いだったブロリーに悟空がサイヤ人として戦いの楽しさを教える」
ことになるんじゃないのかなあ、と。

 

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   アニメ映画, アニメ・漫画, 映画

約10年に亘る長期連載となりドラマ化のほか、
作中に出てきた店を紹介するファンブックが出版されるなど
メディアミックス展開も充実していた『食の軍師』の最終巻となる第8巻。

というわけでとうとう最終回を迎えることになった『食の軍師』ですが
今回も1冊を1つのテーマで、という構成は変わらず
最後のエピソードも力石との対決こそあれど「これで終わり」な雰囲気は皆無、
巻末の後書きや挨拶文なども一切なしだったので
言われないと最終巻とは分からないような終わり方だなあ、というのが第一印象でしたね。
泉昌之作品には珍しい長期連載だったので
しっかりとしたオチが欲しかったのが正直なところなんですが
この尻切れ感も「らしい」と言えば「らしい」のかなあ、とも思います。

そんなふうに「これで終わり?」とちょっとばかりモヤモヤしたものがある最終巻ですが
テーマは「昼食」ということで6巻の「食堂」や7巻の「朝食」に続いて
相変わらず酒を提供する食堂っぽい店が中心の展開。
さすがにこのあたりは2番煎じ、3番煎じが過ぎる気がしますね。

とは言え銀座の寿司屋、赤坂の御膳など
「普通は行けない高級店を安価な平日ランチで」というコンセプトのエピソードがあったり
ホットケーキやソースカツ丼といったいかにも昼食らしいメニューも登場、と
5巻~7巻辺りと比べると話のバリエーションが豊富になっている感じはしますね。
ラストの力石との戦いも舞台がパン屋、というのは意外でしたし
「飲み屋ばっかりじゃねえか!」という不満は前巻、前々巻ほどには感じないです。

そして「ギャグが寒いマンネリなオチ」が続いていた中で
本郷が小さなデパートのレストランで羽目を外す「本川越の昼食」のオチは非常に秀逸。
このエピソードでは本郷と力石が直接会話をしたり一緒に食べたりすることはなく
食事をしながら一喜一憂する本郷を
「いつも一人でユカイな男だ」とチラ見する力石の姿がオチになっているんですが
この雰囲気がすごい良かったんですよ。
最終巻にしてようやく「理想的な本郷と力石の関係」が見られた気がします。
そうそうこういうのでいいんだよ。
別に二人が直接対決する必要はないし
を食事が楽しめなくなるほど力石のことを意識する必要もないんだよ。

というわけで最後の最後でようやく「酒ばっかりだなあ」という雰囲気から脱却し
ちょっと持ち直してきた感はありますが
長期連載にしてはあっさりと余韻もなく終わってしまった『食の軍師』。
1巻で1つのテーマを、というのは「1冊ごとに新鮮さを出せる」点で
非常にいいコンセプトだったと思うんですが
後半は「食堂での呑み」が多すぎてそれが無意味になってしまっていたのが
正直失敗だったと思いますね。

泉昌之作品の魅力は一種のマンネリ感にあるというか
原作担当の久住氏がインタビューなどでも
「僕たちはワンパターンでやっている」的なことを言っているんですが
同じ作品を長く続ける長期連載になるとそれが悪い形で出てきてしまうと思うんですよ。
単発の作品なら少しくらいネタが被ってもいいけれど
連載だと同じキャラが同じことを繰り返すだけになってしまう、という引き出しの少なさが
『食の軍師』の後半では顕著になってしまったなあ、と。

そんなわけで長期連載ならではの弱い部分を
どうしても解消できないままに終わってしまった『食の軍師』。
とは言え数年に1回復活、のような不定期でならマンネリ感もそんなに気にならないですし
そんな形でまた本郷や力石に会えたらいいなあ、とは思います。
連載は……もういいかなあ。うん。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   グルメ漫画, アニメ・漫画

「食堂」をテーマとした6巻に続いて
「朝食」をテーマとして描かれた『食の軍師』の単行本第7巻。(2018年10月発売)

ただ「朝食」とは言っても
喫茶店などのいわゆる「モーニング」を取り扱ったエピソードは少なく
「早朝からやっている、朝から酒が飲める食堂」がメインとなっている印象。
6巻のテーマ「食堂」では時間帯への言及がなかったこともあり
正直「6巻と何が違うんだろう」「やってることは同じじゃないか」と
感じてしまうところもありますね。
今回もやたらと「シブい」という表現が出てきてマカロニサラダを注文しますし。
どんだけ好きなんだマカロニサラダ……。

というわけで「前の巻と変わらないじゃん」というのが本巻の第一印象だったんですが
そんな中で面白かったのは吉野家の朝定食を食べる「新橋の朝食」と
1巻のバイキング回のリベンジとも言える「ホテルの朝食」の2つのエピソード。
吉野家では「大根おろしや釜揚げしらすをどう使うか」と悩んだりして
久々に食べ方の工夫が見られた話ですし
バイキング回はオチの「寝過ごして失敗」こそ取って付けた感がありますが
しっかりと食事を楽しんでいる感じがして
素直に美味しそう、自分も朝食バイキングではカレーを食べたい、
などと思いたくなるものになっています。

そんなこんなで「面白いエピソードもある、パッとしないエピソードもある」と
「軍師」初期の餃子回のような感想になってしまった今回の第7巻。
大衆食堂や酒類の出番の多さだけはどうしても気になってしまうので
(本巻ではそれに加えて煙草まで出てきた感じですし)
そのあたりはもっとバリエーションを増やしてほしいなあ、と。

あ、それと4巻あたりから本郷氏の知識のなさ、
一般常識のなさを感じてしまうような描写がたまーにあったんですが
本巻の「小女子の読みを知らなかった」のもさすがにどうかと思うんですよね。
いわゆる下ネタのオチに持っていきたかった、というのは分かるんですが
ぶっちゃけそのオチ自体が寒いですし何だかなあ、な気分になってしまうのです。

初期の「豊富な知識で食を楽しむ本郷と更にその上をいく力石」みたいな
高レベルの戦いっぽい雰囲気が好きだったんですが
連載が続いていくうちに本郷がダメ化していっちゃったなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   グルメ漫画, アニメ・漫画

4巻の「神社や寺」、5巻の「東京で食べる地方の料理」に続いて
「食堂」をテーマとした『食の軍師』の第6巻。(2017年7月発売)

というわけで4巻あたりから1冊を1つのテーマでまとめるようになった
『食の軍師』の6巻のテーマは「食堂」。
特に昔ながらの大衆食堂的な店が中心になっており、豊富なメニューから選ぶ楽しみ、
ジャンルを問わずいろんなものを食べられる雑多さが魅力の内容。
一品料理から定食から〆のラーメンまでをカバーできる、というのは
何でもありの「食堂」ならではの魅力ですね。
自分としても地元に「半田屋」があるので雰囲気もイメージしやすい感じです。

ただせっかくいろんなメニューを取り扱っている「食堂」がテーマなのに
本郷氏の反応や注文するものが似通ってしまっているのが残念だなあ、と
思ってしまう部分もちらほら。
本巻では「シブい」「シブすぎる」という誉め言葉が
バカの一つ覚えのように10回近く出てきていますし
やたらとハムサラダやマカロニサラダを注文するのも不思議なところ。

いやー自分は酒をあまり飲まないこともあって
どうもこのあたりのメニューには魅力を感じないんですよね。
特に外食では家で食べられないもの、変わったものを食べたいタイプなので
冷奴やサラダといったものの「普通」を誉めちぎる感覚がちょっと分からないのです。

本郷氏は安い安いと言っていますが「家でも食べられる」ことを考えると
ちっちゃい小鉢で100円とか200円とかの惣菜は高いぞ、とも思いますし
普通のものを取り上げるんだったら初期のエピソードのように
食べる順番、食べ方などでのこだわりを見せてほしいなあ、と。
ただ単に出てきたものをそのまま食べて「普通!」と有り難がるだけだったら
「軍師」である意味がないと思うんですよ、はい。

そんなこんなで3巻あたりから自分の感覚との違いが顕著になってきてしまったというか
「酒を中心とした食事」がメインになり、食べ物、食べ方にこだわっていた
初期の雰囲気がなくなってしまった感じのある『食の軍師』。
自分が食べ物漫画に求めているのとはちょっと違う感じになってしまったのは残念ですが
この感覚はドラマ版『孤独のグルメ』の1コーナーである
「ふらっとQUSUMI」に対する思いに近いものがありますね。
あのコーナーも「酒を飲まない井之頭五郎」というドラマの雰囲気とは真逆なこともあって
賛否両論な感じになってますし
個人的には「酒なんていらないよ」派ですからあまり好きではないのです。

ところであんなふうに酒の肴に喜ぶ山ガールなんているんですかね……?

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   グルメ漫画, アニメ・漫画

荒廃した関東の地で激突するジャックとスラムキング、
そして逞馬と天馬の両雄が邂逅することとなった
衣谷遊氏による『バイオレンスジャック20XX』の第2巻。
IMG_20220325_105109s-
というわけで半年ぶりの単行本となった本巻の前半の見所は
何と言ってもついに登場したジャックの大暴れ。
関東の地に突如現れたジャックとの戦いで仮面を割られるキング、
そして拓馬たちの砦を襲う外道会との抗争、というシチュエーションは
原作の「関東スラム街編」と同じなんですが
本作『20XX』の大きな変更点である「キャラの年齢の底上げ」と
「ジュンコや黒部、田島などのサブキャラを重視したストーリー」の2点によって
全体の印象はかなり異なったものになっている印象。

特にジュンコが囚われの身となりつつも自分の意思と実力でヤクザたちに抵抗する展開は
ある意味ジャックらしい露骨なエロ要素も相まって
彼女がこの物語のヒロインだということをしっかり示してくれた感じですね。
彼女の失声症、心の傷は終盤まで引っ張るのかと思いきや
意外にも早くあっさりと解消されてしまったのはちょっと拍子抜けだったり。
IMG_20220325_114703s-
またジャックがキングの仮面を割ったことに対し
原作の逞馬は「キングを怒らせてしまったのに恐怖を抱いていた」んですが
『20XX』では「キングも無敵じゃない」と前向きに、
積極的に打倒スラムキングを意識しているのも大きな違い。
このあたりの考え方は原作だと成長した中盤以降の逞馬に近いものなので
キャラの年齢が引き上げられた『20XX』ならではといった感じですね。

そして後半の見所はついに登場した天馬と逞馬がお互いの思想をぶつけ合う展開。
いやーこのあたりも大胆に原作から変えてきたというか
描写するキャラを絞ったことで思いっきり物語が整理された感じがしますね。
単純に比べるだけでも天馬がテンマグループを率いて外道会と戦う「天馬編」は32巻、
そして逞馬と天馬が対面する「逆襲ハニー編」は最終盤の43巻ですからね。
全45巻の電子書籍版での巻数になります。)

本巻での逞馬と天馬はお互いを認めつつも協力する関係にはまだ遠いですし
「逞馬と天馬は雌雄を決する運命にある」
「逞馬、天馬、スラムキングで関東が天下三分になる」という
原作では匂わせつつも実現しなかった戦国乱世的なシチュエーションを
数十年の時を超えて実現させてくれるのかも、という期待もあります。

それと天馬の人生に大きな影響を与えた年上の女性、けい子先生(立花恵子)は
個人的にはジャック最萌トーナメント第1位というか
永井豪キャラでも指折りの「綺麗な女性」だと思っているんですが
衣谷先生も彼女には思い入れがあるのか「天馬編」での彼女のエピソードが
セリフ回しも含めてほぼ完全再現されていたのが嬉しかったですね。
IMG_20220325_22191s-
非常に美しく描かれていて衣谷先生の気合も感じます。

というわけで原作よりもサクサク進んでいるというか
描写するキャラやエピソードを逞馬と天馬の周辺に絞ったことで
物語が一気に整理された感のある『バイオレンスジャック20XX』。

ただそれぞれのキャラが既に自分たちの意思で戦っていることもあって
「ジャックにより周りの人間たちが否応なしに戦いと暴力の渦に巻き込まれてゆく」
という要素がかなり薄くなってしまっているのが気になるところ。
天馬が見せた「ジャックへの憧れ、ジャックが乗り移ったような戦いぶり」も
彼の少年期のエピソード「地獄の風編」がガッツリ削られてしまったので
『20XX』では分かりにくくなってしまっていますし
ジャックの出番が少ないどころかその存在意義すら怪しくなってしまっているのは
タイトルに「バイオレンスジャック」を掲げる作品としては果たしてどうなのかなあ、
とも思ってしまったり。

とは言え「野獣王編」からの引用と思われるシンゴ&ボンバが意外な形で登場したり
本巻ラストでは「海堂」の名前も出てくるなど
ワクワクする要素、気になる要素はたくさんありますし
その中でジャックの出番や影響力が少しずつ増えていったら嬉しいなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   アニメ・漫画, ダイナミック系