天使となったジンメン、そして彼を背後で操る
大天使グルエルに苦戦するアモンとデビルマン軍団たち。
天使と悪魔の激しい闘いにより東京が壊滅してゆく中で
窮地を救うべく魔王ゼノン、そして阿修羅王ルシファーが光臨する!

というわけで東京壊滅を背景にデビルマンたちのアスラ軍団としての目覚め、
そして天使ジンメン、大天使グルエルとの最終決戦が繰り広げられた
今回の『デビルマンサーガ』。
大ゴマ連発で激しく移り変わる戦局は最終決戦らしい迫力ですし
あのゼノンが味方側として現れるシーンなんかはすごい頼もしさがありますね。

ただ欲を言えばジンメンとの決戦は
もっと話数をかけてじっくりと描いてほしかったところ。
魔将軍ザンとの戦いに2~3話ほどかけたんだから
天使の力を得たジンメンとの戦いはザン戦以上の死闘として
もっと長くて壮絶なものにしてほしかったなあ、と。
カイムの捨て身の攻撃によって刺し違える形で決着がつく(ああ今回も報われない!)
のはいいとしても
それだったら亀井教授と貝阪氏、ジンメンとカイムとの因縁を
ここまでの物語でもっと強調してもよかった気がしますね。
ぶっちゃけ無印『デビルマン』では接点ないですし
『サーガ』でもそれほど交流があったわけじゃないですからねこの二人。

それに加えて前回~今回と
アモンの強さを見せる機会がほとんど無かったのも残念だったところ。
勇希があれほどの覚悟を持って変身したというのに
ジンメンに終始押されっぱなしのまま終わってしまったのは何だか寂しいですね。
「完全復活した勇者アモンの力」を見せるという意味でも
やっぱりアモン復活~ジンメン戦の流れはもっとページ数がほしかったです。

そして次回はついに最終回=エピローグ!

ああああああああああ! 
なんかもう薄々感じてたけどついに来てしまったあああああ!
打ち切りなのか予定調和なのかは分からないけどとにかく一気に物語が加速して
唐突とも言える最終決戦が終わっての次回最終話!
まあ最後の最後まで見届けるしかないです!

コメント (0) | トラックバック (0)

   デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

大天使グルエルが降臨し世界の破滅が迫る中、
デビルマンたちが次々と人の姿と記憶を捨てて異次元世界の戦争に参列してゆく
『デビルマンサーガ』の第114話。

というわけでクライマックスに向けて
物語がどんどん加速していく『デビルマンサーガ』ですが
今回はついにジンメンを唆した大天使グルエルが現世に出現。
無数の有機物の集合体、要塞のような姿はとにかく迫力がありますし
何よりもこれまでの作品では直接描写されることのなかった
「天使たちとの戦い」が間近に迫っていることにワクワクします。

そして本作の神々の正体が「異次元世界のAIが暴走したもの」であることも明らかに。
うーんこのあたりはちょっと唐突すぎるというか
近未来っぽく、理屈っぽくようとしすぎてしまった感じもしますね。
恐らくはAIが人間を超えてしまう技術的特異点、2045年問題などから
着想を得たものだと思うんですが
それだったら人間と共に歩むロボットの研究者という
勇希の設定をもっと活かしてほしかった気がしますし
(勇希が消滅してしまってからこの設定を出されても……)
『デビルマン』や『魔王ダンテ』のように単純に創造主の神々、
宇宙から来た精神エネルギー体の侵略者、みたいな感じでもよかったような気もします。

それと向こうの宇宙の文明や生活、歴史の描写がほとんどないまま
「異次元宇宙のAIから生まれた」と言われてもちょっと想像がしにくいですね。
最先端のロボット学者、という勇希のキャラクターを
もっとがっつり絡められればすごく面白くなっていた設定だと思うので
勇希がいなくなってしまった後の混乱の中で一気に説明されちゃったのが
本当にもったいないなあ、と。

そして神々の力を得て変貌を遂げたジンメンが
自らを「天使ジンメン」と呼称するところで次回に続く。
おおぅ……ついに亀の姿すら捨ててしまってたんですね……。
正直ジンメンがここまでの宿敵キャラになるとは思ってませんでした。
『デビルマンサーガ』が始まった頃の自分に
「今回はジンメンが天使になってラスボス的存在になるよ」
なんて言っても絶対に信じなかったと思います。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

天使によって歪んだ力を得たジンメンから愛する者を守るため
勇希が自らの存在を捨ててアモンへと変わる『デビルマンサーガ』の第113話。

というわけで物語が加速し続ける今回の『デビルマンサーガ』の見所は
何と言っても涙と共に美紀ちゃんに別れを告げながら最後の変身を行う勇希の姿。
愛する者に別れを告げて主人公の存在が消えてしまい
真の姿として復活を遂げる……というのは
『デビルマンレディー』終盤のジュンを思い出しますが
あくまでも「ジュンはかりそめの姿であり元の姿に戻るだけ」
という見方も出来た『レディー』に対し
今回の『サーガ』では勇希は完全に巻き込まれただけの被害者で
しかも勇希自身が自分の意思で自分の存在を消さなければいけなかった、という
残酷さが感じられますね。
「否応なしに争いに巻き込まれ、自分の意思とは正反対に戦うことを強いられる」というのは
『デビルマン』シリーズを現実の戦争と絡めて語っている
近年の永井豪先生のインタビューなどを読むと
『サーガ』全編に亘って描かれているテーマの一つのような気がします。

そして完全復活を遂げたアモンとジンメンが対峙する中、
ジンメンへの援軍として天使たちの軍団が降臨するところで次回に続く。
いやーなんかもうここ数話で物語が一気に動き出したせいで
世界の状況は大混乱でいろいろ置いてけぼり感がありますが
アオリ文なんかを見る限りもしかしてもうすぐ最終回になっちゃうんですかねこれ。
個人的には盛り上がるのはここからというか
ダイナミックな描写で異次元での神々との戦いを描ききってほしいんですが
果たしてどうなるのかなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

悪魔同士の闘争が現世全てを巻き込んでゆく中で
自身の消滅を迫られ苦悩する勇希が描かれる『デビルマンサーガ』の第112話。

というわけで前回から続く形で
勇希の消滅とアモンの復活が避けられないことを言い放つジェニーの描写から始まった
今回の『デビルマンサーガ』。
神々によって悪魔同士が戦うように仕向けられている、という彼女の説明からは
前回同様に「悪魔たちもまた被害者だ」というのをしみじみと感じますね。
『魔王ダンテ』でも神々によって家族や仲間同士が戦うことを強要される展開がありましたが
今回の『サーガ』はそれを世界レベルに発展させた設定になっている印象です。
悪魔の世界も人間の世界も同じではないのか、というのは
既存のイメージや常識への疑問から始まる永井豪先生らしい着眼点だと思いますね。

そして大天使グルエルに唆された亀井教授=ジンメンが変身し
反旗を翻したところで次回に続く。
大天使というと『デビルマンレディー』終盤に登場したミカエルが思い浮かびますが
口調からも天使っぽい雰囲気を携えていたミカエルと比べると
今回のグルエルの台詞は「腹が立つだろ?」「お前の力を見せつけてやれ!」と
ちょっと乱暴な感じというか「傲慢な超越者」というのが強調されている気がしますね。

何はともあれ表向きは和解しても「決して相容れない仇敵」と描かれてきた
亀井=ジンメンと遂に決着をつける時が来たみたいですし
大天使の存在が明確に表に出てきたことで
その先にあるであろう「神々との戦い」をいったいどこまで描いてくれるのかも
非常に楽しみなところです。
ちょっとここ数話の加速っぷりを見ると
「そろそろ終わってしまうんじゃないか」といった感じもするんですが
個人的にはここからが本番だと思いたいです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

国軍省へと降った亀井教授と
アスカのメッセンジャーとして来訪したジェニーによって
世界の現状が明らかになる『デビルマンサーガ』の第111話。

というわけで今回は亀井教授とジェニーの話で
混迷を続ける二つの世界の様相が明らかになる重要なエピソード。
亀井教授が語った「半透明のモノによる取り憑き」の描写は
無印『デビルマン』のデーモンによる無差別合体そのものですね。
ただあちらが明確な敵意を持った「デーモンによる人間への捨て身の攻撃」だったのに対し
こちらは「人間には恨みはないけどこの世界で生き延びたいだけ」なのが
デーモンたちもまた神々との戦いによる被害者、という悲劇性を強調している気がします。

そしてジェニーが語ったアスカからの伝言も衝撃的。
無印『デビルマン』では「不動明を死なせたくなかったがゆえに
勇者アモンを犠牲にしてデビルマンを誕生させた」アスカが
本作では「勇者アモンの復活のために不動勇希には犠牲になってもらうしかない」と
真逆の姿勢を取っているのが非常に興味深いところ。
本作ではアスカと勇希の友情(もしくは愛情)の描写があまりありませんでしたが
二人の関係がドライだとこういう流れになってしまうんだなあ、という残酷さを感じますね。

そうしたジェニーの伝言を勇希がかたくなに拒絶したところで次回に続く。
人間・不動勇希としては当然の主張なのですが
もはや状況がそれを許してはくれないんだろうなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系