10月より3ヶ月連続で発売中のアニメ『ゲッターロボ アーク』の
特装版Blu-ray第2巻が無事に届きました。
IMG_20211126_143151s-
IMG_20211126_143320s-
中身は第1巻と同様に本編ディスクにサントラCD、ブックレットという構成。
ブックレットの内容も1巻と同じくキャラクターやメカニック紹介から始まり
各話のストーリー解説にスタッフインタビュー、と大ボリュームで
非常に読みごたえがある内容になっています。

ところで「大女王メルドウサの全身カラー設定画」は
もしかしてこのブックレットが初出になるんですかね。
公式サイトのキャラ紹介などにもメルドウサの立ち絵はなかったですし。

そして今回のインタビューはシリーズ構成・脚本の早川正氏、
キャラクターデザイン・作画監督の本橋秀之氏など
1巻よりもアニメの制作に直接携わった方々が多かったこともあり
新情報や裏話が次々と出てくる驚きの内容。
IMG_20211125_222712s-
特に號と黒い真ゲッター=タラクの登場が「黒いゲッターを出してほしい」という
「スカパー!」側からのオーダーによって決まった、という話にはビックリしましたね。
放送局やスポンサーの要望によってアニメの方向性や設定、ストーリーが
大きく左右されることもある……というのはよく聞く話ですが
まさかあそこがそうだとは思いませんでした。
「スカパー!」の中にゲッター線キメてる人がいますねこれは……。
IMG_20211125_222312s-
また「マクドナルの名前がマクドナル(ド)になった理由」に触れていたり
星和弥氏が「ゲットマシンから逆算する形でザウルス2と3もデザインを作っている」と
発言していたりと気になっていたところにしっかりと答えてくれたのも嬉しいところ。
ザウルス2やザウルス3のデザイン画は今後の「お疲れ様本」や全巻購入特典の原画集などで
隠し球として出してくれそうな気もするなあ、と。
IMG_20211125_222456s-
そしてネット上で「プリケツゲッターチーム」「ゲッターきららジャンプ」などと
ある意味ネタにされている「オープニングで炎に飛び込む拓馬たち三人のシーン」について
作監の本橋氏から「尻に力を入れました」とまさかの公式からの衝撃発言が。
マジでケツが見所だったんですね……。プリケツダァ……。

そんなこんなで来月発売の3巻で最終巻となるアニメ『ゲッターロボ アーク』のBlu-ray。
とは言え12月には「お疲れ様本」の他に公式ガイドブック
「『ゲッターロボ アーク』アニメオフィシャルワークス」などの発売も控えていますし
まだまだ楽しませてくれそうで嬉しいです。

 

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボアーク(アニメ)

百鬼獣を相手に数多の仮想世界の「戦いの記憶」を受け継いだゲッターの戦いが描かれる
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第30話。

というわけで今回は圧倒的な強さで疑似個体=百鬼獣を破壊する
進化を遂げたゲッターの戦いっぷりからスタート。
その戦いぶりを驚愕と同時に嫉妬しているような感じで見つめる「現実の竜馬」などを見ると
三人がまさに世界に叛逆した存在であることがよく分かりますね。

ただ攻撃方法がいつものトマホークでの薙ぎ払いだったのがちょっと物足りないというか
進化を遂げてここまで別モノの機体になっちゃったのなら
武器も既存のゲッターに囚われなくてもいいんじゃないかなあ、と思ったり。
特に本作のゲッターはウイングの鋭利なデザインが特徴的なので
トゲトゲをファンネルみたいに飛ばしたりとか
「これまでとは別物になった強さ」「進化した新たなゲッター」を
もっと分かりやすく見せてほしかった気もします。

そして後半の見所は「現実世界の人物」として登場した號と弁慶の姿。
いやーやっぱり原作キャラがこうやって出てきてくれるとワクワクしますね。
過去作では直接会うことのなかった二人
(OVA『真ゲッターロボ』のゴウはちょっとキャラが違いすぎますし)
こうして先輩後輩っぽいいい感じのコンビになってるのは見ていて嬉しくなりますし
今後のストーリーにどう絡んでくるのかも楽しみです。
この現実世界は「ゲッター作品の集大成」的な世界観っぽいので
これからもどんどん過去作のキャラを出していってほしいなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボDEVOLUTION

竜馬たちが強制進化したゲッターの一部として現実世界に現れ
「真の敵」を知ることになる
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第29話。

というわけで今回はゲッターの進化と共に実体化した竜馬たちが
現実世界の早乙女博士たちと対面する説明回。
世界が消滅する際にゲッターに乗ってすらいなかった隼人や武蔵(弁慶)も
いつの間にか一緒にいる、というのはちょっとご都合主義な部分も感じますが
ゲッターの記憶によってパイロットも含めて再現された、と
それなりの理由もついていたのでまあいいのかなあ、と。

そして現実世界の空に浮かぶエンペラー、次いで現れた
百鬼獣の疑似個体たちと対峙するところで次回に続く。
敵の正体がエンペラー(?)で過去作のあんな敵やこんな敵を呼び出している、
ということで一気にゲッター作品の集大成っぽくなってきましたね。
舞台が真の世界へと移ったことで戦いもスケールアップしていきそうなので楽しみです。

あ、それと本話の「行くぞ! 隼人! 弁慶!」のセリフが
ちょっと引っかかったのでこれまでの話を読み返してみたんですが
24話までは「武蔵」と呼んでいたのが
次に名前を呼んだ27話では「弁慶」になっていましたね。
仮想世界でも現実世界でもムサシが既に死んでいることを竜馬が認識したから
呼び方を変えた……みたいな意味合いもあるのかもしれません。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボDEVOLUTION

消滅した仮想世界のデータによって進化を遂げた現実世界のゲッターロボ。
しかしそれは竜馬たちの予測を遙かに超えたものであった……。

というわけで前回までの作品世界=仮想世界が消滅し
今回からメインの舞台を現実世界へと移すことになった
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第28話。

今回は連載前にプレ掲載された第0話からの引用を多分に含んでおり
ある意味連載前からの伏線を消化したような展開。
第0話での竜馬のセリフ「ケリをつけようか、ゲッター」は
「この謎のゲッターと竜馬が戦うのか?」的な解釈も出来ましたが
進化を遂げたこのゲッターに乗って真の敵と戦う、という意味だったんですね。
いやー数年単位での壮大なミスリードでした。

前回「いつもの顔のゲッター」が出てきて嬉しい、的なことを書いたので
今回それがあっという間に進化して別の姿になってしまったのは寂しい反面
物語的にはまあ仕方ないな、と納得出来る展開ではあります。

そんなこんなで二人の竜馬がついに現実世界で出会ったところで次回に続く。
次回はお互いの状況を理解するための説明回になりそうですが
「同キャラ同士の会話」をどんなふうに繰り広げるのかが
楽しみな反面やっぱり「話がややこしくならないか?」と不安でもあるところですね。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボDEVOLUTION

「皇帝の欠片」を掲げ現実世界への叛逆を成そうとするゲッターと竜馬、
そして現実世界でもシミュレーター=ゲッター1の強制進化が始まろうとしている
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第27話。

というわけで前回で物語の謎をがっつり説明したこともあって
今回は世界の終わりへと一気になだれ込む展開となった『DEVOLUTION』。
ムサシの最期を彷彿させる炉心(実際は別モノだけど)を掲げての自爆から
世界の崩壊へと繋がっていく、というのは
シチュエーション的にも盛り上がる描写ですね。

そして今回の見所は見開きページで描かれた
進化のために投下されるシミュレーター=現実世界のゲッター1の姿。
いやー清水×下口コンビのメカデザインは
ぶっちゃけ方向性がいつも似通っているというか
自立することをあまり考えていないような足や
マスクを何層にも重ねたような顔などの癖がかなり強いので
こうして「いつものゲッターロボ」が出てくるとなんだかほっとします。
そうそうこういうのでいいんだよ。ああいつものゲッターだ!

しかしいくら仮想世界でのデータやコピーであっても
ゲッターエンペラーが複数存在する、というのは複雑な気持ちもありますね。
石川賢先生自身が「ゲッターロボの最終進化系」と語っていたエンペラーには
解析や模倣すらできない唯一無二の存在であってほしいなあ、と
なんだかマジンガーZEROみたいなことを思ってしまうのです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボDEVOLUTION