昨年の秋にガンダムベースで先行販売され
一般販売後も長らく品薄状態が続いていたEGガンダム。
最近になってようやく通販サイト等でもコンスタントに手に入るようになったので
さっそく購入して作ってみました。
税抜500円という値段に最新技術が詰め込まれているということで
前からずっと気になっていたんですよねこれ。

まずパッケージはこんな感じ。
ライトパッケージという名前の通り箱ではなく袋入りの簡易包装なのがすごい新鮮です。

そしてランナー。いやーすごいですね。完全に普通のプラモデルです。
正直もっと子供向けというか他のEGシリーズの印象が強かったので
こんなに細かくて本格的なプラモとは思っていませんでした。
これ本当に500円で売っちゃっていいんですかね。
パーツ数は武器なしで67個とのことですが
これってHGUCの初期のシリーズとそんなに変わりがないですからね。
旧キットやファーストグレードが300円~ということを考えても
完全に色分けされたこのクオリティのガンプラが500円というのはほんと衝撃です。

そんなわけでさっそく組み立ててみました。



いつものようにパチ組みをした後に
ちょこちょこと墨入れをしてアンテナのフラッグを切り取り、
スカート部分の分割を行った簡単作成です。
安いので失敗したら買い換えればいいや、な感じで
いろいろ挑戦しようかとも思いましたが結局いつもの感じになりました。
のんびり作ってここまでで大体45分です。
慣れてる人ならもっと早く、プラモが初めてでも1時間あれば作れるんじゃないでしょうか。

そして可動ももちろん完璧。ラストシューティングを意識してなのか
腕や肩が上方向にも動くようになっているので
怒り肩なども交えた格好いい決めポーズがバッチリと決まります。

そして組み立てていて個人的にすごいと思ったのが
「パーツを挟み込む部分」がほぼ皆無なんですよこのEGガンダム。

例えばこの写真の足の部分も普通のプラモだったら
間接パーツを挟んで作るところですが
このEGガンダムでは上から間接を被せて嵌めるようになっているんです。

これどういうことかというと
「組み立てを間違えてパーツを外さなくちゃいけない」状況がほぼ起こらないんですよ。
「間接パーツを挟むの忘れて組み立ててしまい直そうとしたらピンの部分が折れてしまった」
というのは誰もが一度は経験したことがある失敗だと思いますが
EGガンダムはそもそも挟む工程がないのでそういうことは起こりません。
この親切さはすごいですよ本当に。

そんなこんなでこちらのEGガンダム、作りやすさもさることながら
個人的にはプロポーションも最近のRX-78-2の中では一番好きですね。
恐らく比較対象はHGUCやロボット魂A.N.I.M.E.になるんでしょうが
それらよりも顔の彫りが深いというか
全体的にメリハリがついた感じになっているのがすごい好みです。

そしてライフルとシールドが付属した通常版も5月に発売予定ですが
自分としては今回のライトパッケージで満足してしまったので
そっちは手を出さなくてもいいかなあ、と。
正直ライフルやシールドはどのガンダムにも付いてくるので
プレイバリューを高めるためにも他の武器が欲しいですね。
特にジャベリンとかハンマーとかナパームとか立体化に恵まれてないやつ。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

プラモデル, アニメ・漫画, 玩具

以前に予約していたスーパーミニプラのライブロボと
プレミアムバンダイ限定のライブボクサーが無事に到着しました。
いやっほう! やったぜ!

 IMG_20180324_222733s-.jpg

いやースーパー戦隊シリーズは完全に門外漢なんですが
ライブロボだけは別腹というかノスタルジー的な思い入れがあるんですね。

というのも自分の家には壊れて合体できなくなった
DXスーパーライブロボの玩具があったんですよ。
壊したのが自分なのか兄弟なのかすら定かではありませんが
とにかく物心ついた頃には壊れたスーパーライブロボで遊んでいたんです。

とまあリアルタイム世代っぽいことを書きましたが
実は『超獣戦隊ライブマン』のストーリーやキャラなどは全く覚えていません。
他にも『仮面ライダーBLACK(RX含む)』『特警ウインスペクター』などなど
1990年前後の特撮番組は
「観ていたはずなんだけど内容は全く思い出せない」ものばかりなんですよ。
年齢的に幼稚園に入る前なのでまあ仕方ないです。

記憶をどんなに遡っても内容までぼんやりと覚えているのは
『Gガン』とか『ヤマトタケル』とか『ゴウザウラー』とか『リューナイト』とか
小学生になった1993年~1994年くらいのアニメからなんですね。
それ以前はもう完全に記憶から抜け落ちてます。
アニメ作品はしっかり覚えているのに特撮番組の記憶が全くないので
もしかしたら三次元自体がダメだったのかもしれません。
今でも人の顔とか名前覚えるのに苦労してますし。

というわけでライブマンもキャラやストーリーはさっぱりなんですが
「あのライブロボ」というだけで購入してしまった次第です。
ノスタルジーに任せて五体満足なライブロボでガシガシ遊ぶのです。
ぶっちゃけ派手に遊んで壊してしまっても後悔しないと思います。
自分の中のスーパーライブロボは壊れることによって完成するのです(暴言)。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

プラモデル, 玩具

クオリティと値段の高さで毎回話題になっている
食玩のプラモデル「スーパーミニプラ」シリーズの最新作となる
「勇者王ガオガイガー」を購入しました。

 20170303-1.jpg

「ザブングル」「イデオン」などのこれまでのラインナップと比べると
一気に世代が飛んだ感じがありますね。

ガオガイガーももう20年前のアニメですし
「スパロボに参戦している昔のアニメ」という括りで見れば
もしかしたらそんなに変わらないのかもしれませんが
OVA、再編集でTV放送、そしてWEB小説と
現在進行形でシリーズが続いているのであんまり古い印象がないなあ、と。

そんなわけで思う存分ファイナルフュージョンしたいところなんですが
今はちょっと忙しくて作る時間が取れそうにないので
オプションセット的な次回作「勇者王ガオガイガー2」(予約済)が届いてから
スターガオガイガー+ゴルディオンハンマーで一気に完成させようと思います。
6月なんてすぐですよすぐ。

 20170303-2.jpg

ちなみに以前に購入した「イデオン発動セット」と比べると
箱の大きさはこんな感じ。
一回り小さくてそのぶん厚みのある箱ですね。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

プラモデル, アニメ・漫画, 玩具

「フィギュアライズスタンダード」シリーズの1月発売の最新作
「超サイヤ人4悟空」と「超サイヤ人4ベジータ」が完成しました。

 20170205-1.jpg

今回は「GT」からの商品化ということで
パッケージの作品ロゴもしっかりGTのものに。
GTキャラは商品化されること自体が少ないので
こうして安価で集めやすいシリーズで出してくれるのは嬉しいですね。

 20170205-2.jpg

というわけでまずは孫悟空。
前髪~デコの造形にちょっと違和感があったり
色合いが全体的に鮮やかすぎるなあ、などの気になる部分はありますが
いつもの「フィギュアライズスタンダード」の安定した高クオリティです。
フュージョンポーズの再現のために
腕がちょっと伸びる可動になっているのが非常に面白いですね。

ただ以前の「超サイヤ人悟空」と一部のランナーを共有しており
かなりの数の余剰パーツが出てしまっていたり
エフェクトがいつものかめはめ波のみだったりと
やや割高感を感じる部分もあるなあ、と。
特にかめはめ波エフェクトはもういらないよ……。

 20170205-3.jpg

そしてこちらがベジータ。
同じ超サイヤ人4ということで上半身のパーツ構成は悟空とほぼ同じ。
やや茶色がかった髪に濃い赤のボディ、と
悟空よりもベジータのほうが原作再現度は高い気がします。

またこちらは一部のランナータグが「ベジータ」のみの表記。
今回の超4が「フィギュアライズスタンダード」初のベジータとなりますが
今後バリエーションが出る時は一部共有になるんだろうなあ、と。

組み立てる前は悟空よりも小柄なのに値段が同じ、
というのが気になっていましたが
そのぶんエフェクトが大きく充実しているので万事OKです。
かめはめ波エフェクトじゃないだけで全て許せてしまう気になります。

そんなわけで次回の「人造人間17号」「人造人間18号」の発売も決定している
「フィギュアライズスタンダード」シリーズ。
もちろん17号&18号も楽しみなんですが
今回の超4悟空&ベジータと絡められるキャラも早くほしいですね。
フュージョンポーズを売りの一つにしているのに
ゴジータも超一星龍もいないというのは片手落ちな感じですし。
GTキャラはとにかく立体化が少ないので
ベビーやスーパー17号など
各エピソードのボスキャラもいつか出してほしいなあ。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

プラモデル, アニメ・漫画, 玩具

現在展開中のドラゴンボールのプラモデル
「フィギュアライズスタンダード」シリーズの最新作である
魔人ブウ(純粋)が完成しました。

 20161116-1.jpg

意思疎通が出来ずキャラとしての魅力に欠けるせいか
「ドラゴンボール」本編の最終ボスとも言える存在なのに
フリーザやセルに比べると立体化が少ない純粋ブウなので
こうしてしっかり出してくれるのは嬉しいですね。

ちなみに同時発売の超サイヤ人3悟空は未購入。
道着の悟空は二人もいらないなあ、でも頭部だけはほしいなあ……
と悩みましたが今のところスルー状態です。

 20161116-2.jpg

というわけでサクッと完成。いやー格好いいですね。
これまでのシリーズ同様の高クオリティなプラモデル。
安定感と安心感があります。
大きさはフリーザや悟飯とほぼ同じでかなり小さめ。

そしてすごいと思ったのがその組みやすさ。
今回の魔人ブウはランナーが5枚
(うち2枚はエフェクトとスタンド)で構成されているんですが
頭部と胴体を組んだ時点で1枚消費、腕まで組むと更に1枚消費、と
ランナー構成に全くムダがないんですね。
地味ですがすごい練られていると感じました。
パーツそのものの少なさも相まって
シリーズの中でもトップクラスに作りやすかったです。

 20161116-3.jpg

ただ一つだけ気になってしまったのがシールの多さ。
基本的には両手首、両足首のリスト部分の色分けを
シールで補っているんですが
そこだけで16枚(各部4枚*4)のシールを貼らなきゃいけないんですね。

逆に言えばそこ以外の色分けは完璧なんですが
「フィギュアライズスタンダード」は毎回シールをほとんど使わないだけに
その比較でシールが多めに思えてしまうなあ、という贅沢な不満です。

 

そして非可動プラモであるフリーザ小型ポッドを挟んだ後の
次回のラインナップは
まさかの超サイヤ人4の悟空とベジータ!

  

いやーこれ本当に嬉しいです。
「超」が放送中の今の時期に「GT」の商品を出してくれる、というのは
それだけで価値がありますね。

「GT」はリアルタイム組なので非常に思い入れがあるのです。
全編に亘っての出し惜しみと嘗めプレイの連続は
イマイチ乗り切れない感じでしたが
・ドラゴンボールを便利アイテム扱いしていたことに落とし前をつけさせた
・ドラゴンボールの物語=悟空の物語をしっかりと終わらせた
という二点に関しては英断であり
シリーズを無秩序に広げている現在では出来ないことだと思うんですよ。

というわけで「GT」にスポットが当たるのは嬉しいんですが
現在放送中の「超」との比較で再評価されているような風潮は
それはそれで何か違うんだよなあ、と思ってたり思ってなかったり。
ああ我ながら面倒くさいファンですね。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

プラモデル, アニメ・漫画, 玩具