昨年末にサーバーの移転とWordPressの導入を行った当ブログですが
その後の自動アップデートなども含めて今のところは不具合もなく
しっかりと動いているみたいなので
放置状態になっていたサイト「下駄箱」のほうも
そろそろ移転したいと思っています。

こちらも情報が数年前のもので止まってしまっているので
いろいろと消したり増やしたりしたいなあ、と。
今は無料のFC2ホームページを使っているのでサイズに制限がありますが
こっちはレンタルサーバーなので移転すれば大容量のファイルも扱えますし。

そんなわけで4/30あたりにサイトの移転を予定しています。
なるべく連休前に作業を終わらせてじっくり様子見をしたいんですよ。
ブログと違ってURLがバッサリ切り替わることになるので
リダイレクトとかもちゃんと動くか気になりますし。

あ、それと最近になってちょこちょこと当ブログのメールフォームから
宣伝メールやら外国語のスパムメールが届くようになってきました。

普通はそういうのは不要というか邪魔なものだと思うんですが
検索やらrobotにこのブログがきちんと引っかかっている証拠でもあるので
サーバー移転+WordPress移行後にこういうのが来るとちょっと安心します。

コメント (0) | トラックバック (0)

   雑記

アメリカからの頼もしい援軍を加えた勇希たちデビルマン軍団が
日本を守るために出撃する『デビルマンサーガ』の第99話。

というわけで今回はデビルマン軍団がいよいよ出撃、ということで
2代目クウモや日本に帰ってきたカイムなどの顔見せ的な話。
アモン、シレーヌ、カイムの3人が1つの目的のために並び立つ、
というのは無印『デビルマン』を思うと胸が熱くなりますね。

そんなこんなストーリーはほとんど進まずに次回に続く。
「敵は30体で我々より数で上回っている」という台詞なんかを見ると
まだまだ小規模な戦いだなあ、と思ってしまいますね。
デーモン・ソルジャーが一騎当千なのは分かるんですが。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

日本各地でデーモンの仕業とおぼしき事故が連続発生し
勇希たちデビルマン軍団が再び立ち上がる『デビルマンサーガ』の第98話。

というわけで今回はゴーダー=魔将軍ザンたちが暴れまわり
一般の人々にもデーモンの存在が明らかになる回。
これまで民間人には秘匿にされていた勇希たちも出撃する、ということで
いよいよデビルマンたちの戦いが国家レベルに発展していく感じですね。

ただ逆に言えば「まだ国家レベルの話なのか」と
思ってしまうのが正直なところ。
何度かこのブログでも書いてますが
無印『デビルマン』で悪魔による侵略だったものが
今回は国と国との争いに用いられる兵器がデーモン(の鎧)である、という設定になっており
過去作よりもスケールが小さくなってしまっているのがどうしても気になってしまいますね。
近年のインタビューなどを読むと『デビルマン』を現実の戦争と絡めて語る、というのを
永井豪先生はやりたいんだろうなあ、と思いますが
個人的にはそこらへんのリアル感は置いておいてもっと派手な物語にしてほしいのです。

そんなこんなで次回に続く。
これまでの描写を見る限りザンの実力はシレーヌと同等かそれ以上ですし
それにゴーダー本人の残虐さが加わることで
勇希たちにとってはかなりの強敵になりそうです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

そんなこんなでのんびりまったりと進行中の『妖鬼少女』の制作日誌第69回。

やっぱり実際にイベントを作っていると
その場その場で欲しいものが新しく出てくる、ということで
今回は「パーティメンバーにはいるけど戦闘に参加しないキャラ」を作ってみました。

こんな感じで話の流れで演出的にちょっと必要になったんですね。

とは言え本作の場合は単にイベント進行上の雰囲気作りのためなので
細かい拡張性やパーティの並び替えなどは考えずに
「一時期だけ戦闘に参加できる人数を最大3人にする」ことで実装してみました。

これで変数69に3を代入すれば
隊列の3番目までのキャラが戦闘に参加、4人目のキャラは不参加になります。
処理としてはGame_Partyの「バトルメンバーの最大値を取得」の処理を
固定の数値ではなく変数にしただけです。

ちなみに「変数が0のとき~」の処理を入れた理由は
バトルメンバーが0人の場合は戦闘開始時にエラーになるからです。

データベース上で行う戦闘テストなんかは
事前にイベントを挟んでエラーを回避することも出来ないので
最初からスクリプト内で0の場合の処理を組んでおくのが一番なのです。

コメント (0) | トラックバック (0)

   妖鬼少女(現在制作中), RPGツクール

テロを目論み東京へと潜入したジェイソン・ゴーダーたちと
白縫さんたちが望まぬ再会を果たす『デビルマンサーガ』の第97話。

というわけで今回は主人公、勇希が一切登場せず
ゴーダーと白縫さんとの因縁を強調するような展開。
「俺を無視した白縫の国だからだ」と日本を敵視するゴーダーの描写は
彼の執着心と同時に「根の部分は小者」な部分を感じさせていて巧いところです。

ところで今回は最初のページで「2029年」のテロップが出てますね。
物語の開始時は2025年だったので
いつの間にか4年が経ってることになります。
連載期間もここまでで2015年~2019年で4年になりますし
近未来だけど時間の進みはリアルタイムってことなんでしょうね。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系