約300ページという大増量での最終巻となった漫画版ヒーローマンの第5巻。
前回のDr.ミナミ編終了後からラストまでという
アニメで10話にもなる部分をどうまとめてくれるのかちょっと心配だったけど
蓋を開けてみればそんな不安もなんのその、
とにかく面白い、各キャラの絡ませ方のアレンジが上手いというのが第一印象。
いやあすごいわこれ。コミカライズとしてはまさに理想。

特にウィルとの再会を無人島編に持ってきたり
炭鉱内でウィルがサイを助けて過去の確執を解消したりと
彼がしっかりとジョーイの影=ダークヒーローの役割を果たしているのが嬉しいところ。
各エピソードにウィルを絡ませることで
ウィルの「目に見えることだけが全てではない」や
デントン先生の「全ては一つに繋がっている」というセリフにも
しっかりと説得力が生まれているなあ、と。

そしてもう一つ上手いなあ、と思ったのが
リナ一家をホワイトハウスで囚われの身とすることで
「リナたちの救出」という目的をジョーイやウィルに持たせているところ。
1巻の感想で書いたように
漫画版ではヒーローマンの誕生にもリナの危機が関わっていたし
そういう「リナを救うヒーローで有り続けるジョーイ」というのが
最初から最後まで一貫して描かれているのが嬉しいなあ。
家族の救出を絡めてウィルとリナの別れもしっかりと描いてくれてたし。
でも大統領に会いに行くのにリナのその格好はないよ…。

更にアニメではラストのオチであったDr.ミナミの脱獄を早々と持ってきたことで
MR-1やウィルが次々と参戦する第25話「CRISIS」はまさに総力戦といった雰囲気。
ただアニメでもほとんど活躍がなかったフルアーマーヒーローマンには
もう少し活躍して欲しかったなあ。
NIAとデントン先生の共同開発と言うことで
全身武器庫みたいな無双状態を期待していただけにちょっと残念だったり。

そしてアニメでは存在しなかった第27話のタイトルを「HERO」とし、
完全にドタバタライバルキャラとなったDr.ミナミを相手に
まさにヒーローもののお約束的なラストで堂々完結。
ありがとう漫画版ヒーローマン! さようなら漫画版ヒーローマン!
ROBOT魂も安くなってるみたいだし買っちゃおうかな!

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, HEROMAN

ホリー&ヒューズの新キャラ二人組が表紙を飾る漫画版ヒーローマンの4巻が発売。
DVD/BDのリリースが終わってもマイペースでしっかりやってくれるのは嬉しいなあ。

今回は帯に「激闘、Dr.ミナミ戦!」とあるように
アニメの10話~16話に当たるエピソードが展開。
話数に換算するとこれまでよりかなりテンポが速い感じだけど
ホリー姉ちゃんとヒーローマンの出会いにリナの誘拐事件を絡めたり
ジョーイをデートに誘おうとするリナをホリーの歌が後押ししたりという
漫画版なりのアレンジがすごく上手くいっている印象。
各キャラの絡みを増やしつつ話を分かりやすく凝縮してくれてるから
コミカライズとしても一つの漫画としても読みやすくて面白いわ。
個人的には「ジョーイのジャケット=ホリーのお下がり」という設定が
かなり気に入ったので今後も活かして欲しかったり。

ただ後半は完全にアニメをなぞるだけになってしまい
特にジョーイが逃亡する過程が回想であっさり終わってしまったところは残念。
漫画版はトニー少年やチア部の仲間たちなど
ヒーローマンとジョーイの関係を知っている人たちがアニメより多いから
「ヒーローマン=スクラッグ」という報道がされた時の
彼ら、彼女らの反応は是非とも見たかったなあ、
というか絶対に必要だったんじゃないだろうか。
3巻のレビューでも楽しみにしていただけにここだけは不満だったり。

とまあがっかりした所も無かったわけじゃないけど
それも全部ラストに放った新必殺技、超電磁スピンヒーローマン・トルネードで帳消し。
アニメOP2で放ってた突撃技だよこれ!
毎週毎週「いつ本編で使ってくれるんだろう」と心待ちにしていただけに
ついに来た! やっと来た! という感じ。
これをずっと待ってたんだよ!
ちゃんと拾ってくれてありがとう漫画版!

というわけで今回もしっかり楽しませてもらった漫画版ヒーローマン。
次巻はいよいよウィルの再登場で後半戦突入な雰囲気。
発売はまた半年後くらいになっちゃうんだろうけど楽しみに待つことしよう。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, HEROMAN

アニメが終わってもまだまだ続くヒーローマン漫画版の3巻が発売。
帯の「TVアニメまだまだ放送中!」というアオリ文
(隅に小さく「ディズニーXDにて」と書いてある)は
いろいろ誤解を招くと思うんだよ!

というわけでアニメ終了からしばらく経ってからの発売となった今回の3巻は
やや駆け足でTV版の第9話「アライブ」までが展開する内容。
アニメとの大きな違いは
・ウィルの活躍する場面が増えている
・〝タマ〟が完全にオミットされている

の二点だけど〝タマ〟を完全に削除したのは英断にして正解だったと思うなあ。
正直アニメじゃ存在意義がちょっと分からなかったし
〝タマ〟を世界中に散らばらせて世界規模の危機にしたせいで
その後のミナミ編が規模が小さく思えてしまったのは否めないところだし。

また、1~2巻でしっかりとジョーイとの信頼関係を築いたウィルが
副主人公の立ち位置をしっかりと果たしているのも漫画版の面白いところ。
仮面ライダー的に改造、洗脳されながらも逃げ出すところとか
ジョーイの力を認めようとしないニックに対してちゃんと反論するところなんかは
1~2巻で積み重ねてきた描写があってのものだなあ。
赤ん坊のリナの前で〝ヒーロー〟になることを決意する回想シーンは
たった2ページにもかかわらずかなり重要な部分な感じで大満足。

ただそのぶんサイやデントン先生の描写がかなりおざなりになってしまったり
(ほとんど活躍しないから二手に分かれた意味がないようにも思えてしまう)
ゴゴールとの決戦はほとんどアニメそのままだったりと
後半がやや盛り上がらなかったのは少し残念なところ。
3~4巻の2冊になってもいいからスクラッグ基地での戦いはもうちょっと
いろんなキャラにスポットを当てて群像劇的に見せて欲しかったなあ。
ニックにあそこまで言わせたからには
ヒーローマン=ヘイボがもともとニックのものだったところにも触れて欲しかったし。

とまあもうちょっと丁寧に描いて欲しいところもあったけど
ウィルが生きていることを信じてその帰りを待つジョーイやリナは
少年漫画的な前向きさでいい感じだし
アニメ以上にキャラ描写がしっかりしてるから
正直この3巻で完結でも構わないくらいなんだけど
そうはならずにドクターミナミやヒューズが登場し
予告でもホリーが姿を見せるなど4巻からは新章といった感じ。
やっぱりこのままだと完結までにあと数年はかかりそうだなあ。

とはいえ上にも書いたようにアニメではやや失速してしまった感があるミナミ編が
どうアレンジされるかは結構楽しみ。
1~2巻で「センターシティの住民であるジョーイ」をしっかり描いてきた分
逃亡劇に対する決意や想いもかなり変わってきそうな感じがするんだよなあ。
何はともあれじっくり次巻を待つことにしよう。今のペースだと初夏ころかなあ。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, HEROMAN

終局の時は来た。
地球のエネルギーを喰らい尽くし、宇宙へと旅立とうとするゴゴール。
破滅が迫る中、自らを犠牲にしてゴゴールと刺し違えようとするジョーイだが、
その特攻を止めたのは完全に破壊されたかと思われていたヒーローマンだった。
駆けつける仲間たち、受け継がれる父のヘルメット。
皆の想いと〝本当のヒーロー〟に対する答えを胸に、
ジョーイとヒーローマンは全てを守るために立ち上がる。
──僕たちは今、ヒーローになる。

絶望的状況から始まる、TVシリーズとは思えないほどの超作画で送る最終話。
特にエウレカセブン的なジョーイのアクロバッティング・アクションと
テーマソング(オーケストラver)から始まる最終決戦は圧巻。
まさかTVシリーズでここまでの作画が出来るとは思わなかった。まさに劇場版クオリティ。
ジョーイが自分一人の力だけで突撃をした時はどうなることかと思ったけど
ちゃんと〝僕たちは今、ヒーローになる〟ってキャッチコピーに帰結してくれたから一安心。
たぶん以前のヒーローマン暴走の逆をやりたかったんだろうけど
ジョーイがヒロインにしか見えない構図はご愛敬というところだろうか。

そして最後のヒーローマン・ファイナルステージオー=スパーク+トドメのHEROMANロゴ。
いやあこういうハッタリの効いた画面作りは大好き。
人間VS人間のミナミ編とかいろいろあったけど
敵が人外だからこそ出来る正統派+荒唐無稽な演出でケリを付けてくれたのは嬉しいわ。

最後の取って付けたようなデントン先生の解説やドクターミナミの脱獄、
そしてまさかのTo Be Continued?だけど
あれは「?」が出てくるところの「ボイ~ン」というギャグ的な効果音を考えても
単なるアメコミやパニック系の洋画でよくある演出を真似たネタだと思うなあ。
もちろん続編があれば嬉しいけどあのラストが伏線だとも思えなかったり。

というわけでこの最終話、単品で見れば大満足なんだけど
最後に皆がジョーイの名前を叫ぶところなんかは
ここまでのキャラの掘り下げや演出、構成次第ではもっと盛り上がっただろうから
もったいなあ、と正直思ったり。
特にあれほどいいポジションにいたツンデレ兄貴ウィルが結局大した活躍もせず
ラストでも放置状態なのはDVD/BDでフォローが欲しいところ。
ニックなどの扱いを考えるともしかしたらスタッフは
「あれでウィルは死亡」っていうつもりなのかもしれないけどそれだと余りにもひどいし
ドラゴンボールの映画のベジータみたいに
最後にどこかで「フン!」と言わせるだけでかなり印象は変わったと思うんだけどなあ。

何はともあれHEROMAN全26話もこれで終了。
ありがとうヒーローマン! さようならヒーローマン!
自分としては堂々完結の大団円。いやマジで。

さああとは漫画版とムック本だ!

  

コメント (1) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, HEROMAN

世界各地から集結した〝タマ〟を吸収し、
更に自らの部下を捕食しながら増殖と進化を続けるスクラッグ首領ゴゴール。
対するジョーイとヒーローマンはウィルを救出し、
ゴゴールの弱点にピンポイント攻撃を仕掛けるべく手を結ぶ。
英雄<ヒーロー>、侵略者<スクラッグ>、そしてジョーイの無事を、人類の勝利を願う人々。
全ての力が集い、今、この星の命運を賭けた最終決戦の幕が上がる。

ウィル「か、勘違いしないでよね! 目的が同じだけで仲間じゃないんだからねっ!////」
ウィル「この体になったからスクラッグの弱点は分かるぞ(キリッ)」
というわけで遂にウィルが味方になっての最終決戦である第25話。
前半のデントン先生やリポーターたちの描写はちょっと尺を取りすぎな気もしたけど
後半、特にジョーイら三人が突撃を敢行してからの盛り上がりは特筆もの。
テレビシリーズのアニメとしては間違いなく現時点最高峰である作画も相まって大興奮。
触手を板野サーカス的に斬り裂いていくウィルや
ヒーローマンの自機中心型マップ兵器なんかについつい目が行ってしまうけど
個人的には最後のヒーローマン・ブラストでゴゴールの両腕を押し退けるシーンが
重量感もあってお気に入り。

それにしても〝タマ〟って一体なんだったんだろう。
世界各地にばらまいた理由も分からないし呼び戻して吸収した理由も分からない。
「世界各地で地球のデータ収集をするのが目的」とかだったらまだ分かるんだけど
そのあたりの説明をするにはもう尺が無い気もするし
〝タマ〟の不気味さや不可解さはかなり好きだったから
もうちょっとスポットを当てて欲しかったかも。

何はともあれ次回はいよいよクライマックス。
残り30分で果たしてどんなふうにケリを付けるんだろうか。
自分としては期待してるのは荒唐無稽痛快ロボットアクションだから
細かい設定とか伏線とかは正直二の次でもいいんだけど
それでもやっぱりある程度は納得のいくように、きれいに着地してほしいな、と。

それにしても最終話のサブタイトルは
絶対に「HERO<ヒーロー>」だと思ってたんだけどなあ。

  

コメント (1) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, HEROMAN