HEROMAN(ヒーローマン) 漫画版 第4巻 感想

ホリー&ヒューズの新キャラ二人組が表紙を飾る漫画版ヒーローマンの4巻が発売。
DVD/BDのリリースが終わってもマイペースでしっかりやってくれるのは嬉しいなあ。

今回は帯に「激闘、Dr.ミナミ戦!」とあるように
アニメの10話~16話に当たるエピソードが展開。
話数に換算するとこれまでよりかなりテンポが速い感じだけど
ホリー姉ちゃんとヒーローマンの出会いにリナの誘拐事件を絡めたり
ジョーイをデートに誘おうとするリナをホリーの歌が後押ししたりという
漫画版なりのアレンジがすごく上手くいっている印象。
各キャラの絡みを増やしつつ話を分かりやすく凝縮してくれてるから
コミカライズとしても一つの漫画としても読みやすくて面白いわ。
個人的には「ジョーイのジャケット=ホリーのお下がり」という設定が
かなり気に入ったので今後も活かして欲しかったり。

ただ後半は完全にアニメをなぞるだけになってしまい
特にジョーイが逃亡する過程が回想であっさり終わってしまったところは残念。
漫画版はトニー少年やチア部の仲間たちなど
ヒーローマンとジョーイの関係を知っている人たちがアニメより多いから
「ヒーローマン=スクラッグ」という報道がされた時の
彼ら、彼女らの反応は是非とも見たかったなあ、
というか絶対に必要だったんじゃないだろうか。
3巻のレビューでも楽しみにしていただけにここだけは不満だったり。

とまあがっかりした所も無かったわけじゃないけど
それも全部ラストに放った新必殺技、超電磁スピンヒーローマン・トルネードで帳消し。
アニメOP2で放ってた突撃技だよこれ!
毎週毎週「いつ本編で使ってくれるんだろう」と心待ちにしていただけに
ついに来た! やっと来た! という感じ。
これをずっと待ってたんだよ!
ちゃんと拾ってくれてありがとう漫画版!

というわけで今回もしっかり楽しませてもらった漫画版ヒーローマン。
次巻はいよいよウィルの再登場で後半戦突入な雰囲気。
発売はまた半年後くらいになっちゃうんだろうけど楽しみに待つことしよう。

 

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, HEROMAN