Amazonでアルターのオオカミさんフィギュアの予約が始まってるけどいいなこれ。
見本画像でどの角度から見ても崩れてないし
腰に引っかけてあるねこねこナックルもいい感じ。
アニメの時も思ったけど元々細身でスタイルがいい上に制服が黒いから
全体が引き締まって見えるデザインなんだよなあ。
こりゃあ亮士くんも惚れるわ。うん。

個人的には中途半端に頬を染めた照れ顔より
もっと細目+釣り目での睨み顔のほうが格好いいと思うんだけど
美少女フィギュアに「格好いい」という形容詞を使う時点で
だめですかそうですか。

あと漫画版1巻表紙の「亮士くんと対等な部活の仲間」的な笑い顔がすごい好み。
やっぱり照れ顔よりこういうののほうがいいわ。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

スケールフィギュア, アニメ・漫画, オオカミさんと七人の仲間たち, 玩具

第12話「オオカミさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」

羊飼士狼率いる鬼ヶ島高校との一大決戦を終え、
久しぶりに穏やかな日々を過ごす亮士くんたち御伽銀行のメンバー。
そんな日常を再び掻き回したのは、
亮士くんのクラスメイトである火村真知子さんだった。
家が貧しく、日々バイトに励んでいる彼女は、
大きな家に住み、二匹の犬を飼っている亮士くんのことを大金持ちだと思い
玉の輿を狙うべく衆人環視の中で結婚を宣言したのである。
突然の告白と彼女の強引なアプローチに亮士くんたちは困惑するが、
やがて彼女の複雑な事情を知り、
大神さんは自分の本当の気持ちに向き合うことになる……。

亮士くんに思いを寄せる女性が登場し、大神さんが戸惑うという
本来ならストーリー中盤辺りに消化してしまいしそうなエピソードでの最終話。
第2話のようにOP曲と共に大神さんと亮士くんが抜群のコンビネーションを見せたり
二人の関係がちょっとだけ進んだような演出があったりと
最終話っぽい展開があるにはあるんだけどやっぱり消化不良っぽさが目立つ感じ。
いきなり火村さんがいきなり登場していきなり亮士くんを好きになるから
7~8話のような他の単品エピソードと同じようにしか見えないんだよなあ。
っていうか御伽銀行が動けば借金まで無くなるのかよ!
マジでどうなってんだあの世界は。

そして予想通りというか何と言うか
本筋の羊飼関連は完全にスルーのままで終了。
たった12話という短さだったんだし
羊飼関連のみで完全シリアス展開にするか、そもそも登場させずに
100%ギャグ展開にするかどっちかのほうがよかったんじゃないだろうか。
結局尺が足りずに両方とも中途半端になってしまったような。
特に10~11話の強引なギャグなんかは
製作側が「シリアス展開の照れ隠し」みたいに入れてるんじゃないかと
ついつい変なふうに邪推してしまったし。
1クールだったらもっと一貫したテーマが欲しかった気がするんだよなあ。
魔女先輩みたいにメイン回すら与えて貰えなかったキャラもいるし
魅力的なキャラは多いのに生かし切れなかった感じ。
もっと「ストーリーよりキャラの魅力で押していくアニメなんだよ!」みたいな
割り切り方をしても良かったと思うよ、うん。

というわけで大神さんが毎回毎回悪い奴をちぎっては投げちぎっては投げる
スケバン刑事的ヒロインアクションを期待するという
非常に偏った見方をしていた「オオカミさんと七人の仲間たち」も無事最終回。
結局全然そんなアニメじゃなかったけどね! ちくしょう!

   

コメント (1) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, オオカミさんと七人の仲間たち

第11話「おおかみさんと羊の毛皮を着た狼」

羊飼の奸計により御伽銀行の面々は分断され、大神さんは囚われの身となった。
だが、多くの危機を乗り越えてきた仲間たちがこれで終わるはずはなかった。
辛くも難を逃れて集結した御伽銀行メンバーは反撃の狼煙を上げ、
更にこれまでの依頼で稼いだ「貸し」をフルに使い
桃ちゃん先輩や豚田三兄弟と共に一大決戦へと向かう。
一方、いち早く鬼ヶ島高校に辿り着いた亮士くんは、
大神さんを助けるべく羊飼士狼に一騎打ちを挑んでいた…。

これまでのゲストキャラの多くが再登場し、
皆で鬼ヶ島高校に突撃するという総力戦の様相を見せた第11話。
何と言っても今回目に付いたのは作画レベルの高さ。
実質クライマックスということでかなり気合いが入っていたのかいやあ動く動く。
鬼ヶ島高校前での大バトルでは敵味方10人以上が入り混じってるのにもかかわらず
みんな個別にしっかりと動きまくってたし
亮士くんと羊飼の一騎打ちも緩急+ダイナミックな視点でぐりぐりと魅せてくれたし
まさに格闘バトルアクションアニメ(を、自分は期待してた)の面目躍如。

前回の悪い予感が当たって大神さんが単なる「守られヒロイン」になっちゃってたり
結局亮士くんも格闘キャラかよとか羊飼お前何したいんだよとか
御伽銀行側も羊飼側もこいつらパフォーマンスでもしてるのかよ本気でやれよとか
ストーリー面ではいろいろと残念だった展開や「?」と思ってしまうところもあったけど
これだけ動いてくれればもうどうでもいいや。
やっぱりアニメは動いてナンボだね!

と半ば投げやりなまとめ方をしたところで次回はいよいよ最終回。
これ以上話を掻き回されても困るし羊飼は放っておいて
「いつもの御伽銀行」を見せて堂々完結、ってことになるんだろうなあ。
というかそうじゃないと困る。

   

コメント (1) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, オオカミさんと七人の仲間たち

第10話「おおかみさんと御伽銀行のすごく長い一日」

ここ最近、急速に広まっているという御伽銀行の悪い噂。
学内だけに留まらず、街中でまで話題になっているというそれが
鬼ヶ島高校の生徒会長、羊飼士狼の差し金であることに勘付いた大神さんたちは、
来るべき戦いに備え、生徒たちからの借りを増やそうと多くの依頼をこなしてゆく。
そんなある日、大神さんの前に現れた鬼ヶ島高校の女子生徒、三国麗狐。
羊飼に捨てられ、鬼ヶ島高校から必死に逃げてきたという彼女に
大神さんはかつての自分の姿を被らせ、甲斐甲斐しく世話をするようになるのだが…。

クライマックスに向けて遂に話が動き出したオオカミさん第10話…なんだけど
この不良たちの前時代的な描写は本当に何とかならないんだろうか。
ネタにするには寒すぎるし真面目にやってるんだったら完全に滑ってるし
「とりあえずスタンガンで拉致しよう」な展開は正直お腹いっぱい。
1クールでこんなにスタンガンが活躍するアニメもそうそう無いんじゃないだろうか。
その他、大神さんが簡単に隙を見せたり捕まったりという展開もあって
どうにも2話や5話の焼き直しに見えてしまうんだよなあ。
次回も恐らく全員で鬼ヶ島高校に乗り込んで
亮士くんが大神さんを助ける展開になるんだろうしもうちょっと捻ってほしいところ。
今回の事件の発端になっている「御伽銀行の悪い噂」も
それによる実質的な被害の描写がほとんどないからどうにも説得力が弱い感じ。
信頼が失われて依頼が目に見えて減ったとかというのならまだ分かるんだけど
実際は三割引で満員御礼の大繁盛だし。

あともう一つ気になったのが亮士くんの肉弾戦の特訓。
前にも書いた気がするけど
大神さん=前衛/亮士くん=後衛のタッグで戦うのが好きだったから
亮士くんが接近戦までこなせる万能型になってしまうのには抵抗があるんだよなあ。
このままだと大神さんが本当にただのヒロインに成り下がってしまって
魅力がほとんど無くなってしまいそうな気がするんだけど。

というわけで正直展開としては余りにも普通で面白いかと言われると黙ってしまう第10話。
前後編の前編ということで今回だけで結論を出すのは早すぎると思うし
とりあえずは次回を観てからということにしておこう。

   

コメント (1) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, オオカミさんと七人の仲間たち

第09話「おおかみさんと毒りんごが効かない白雪姫」

今回の依頼人は貧乏ながらも七人の弟妹たちと賑やかに暮らしている三年生の白雪先輩。
そんな白雪先輩から子守りの依頼を受けた大神さんと亮士くんは、
やんちゃ盛りの七人兄弟に悪戦苦闘しながらも楽しんでいた。
だが、白雪先輩が本当に指名したりんごちゃん本人は全く姿を見せず、
更に学校でも白雪先輩自身を避けるような行動を繰り返しす毎日であった。
「どうして、りんごちゃんは白雪先輩を避けるのか?」
このままではいけない、と亮士くんはりんごちゃんに詰問し、
そこで白雪先輩との複雑な関係、
そしてりんごちゃんが負い目を感じ続けていることを知る。
御伽銀行のメンバーはそんな二人の仲を取り持つため、
白雪先輩と七人の兄弟たちをプールへと誘うのだった…。

前回とはうって変わってりんごちゃんの過去を中心としたシリアス回。
大神さんや乙姫さんの時も思ったけど
各キャラの過去が余りにもテンプレ通りというか古典的なんだよなあ。
(それこそ少し間違えればギャグになってしまうくらいに)
「おとぎ話」をモチーフにしてるから意図的なものなんだろうけど
もうちょっと捻りというかアレンジが欲しいというのも事実。

七人兄弟に馬鹿にされる亮士くんとか
プールでの各御伽銀行メンバーとか全体の雰囲気が良かっただけに
いきなり溺れていきなり助けていきなり和解、という
「取って付けたようなハプニングとハッピーエンド」も気になるところ。
8話の嫁探しもそうだったけど
心理描写がほとんど無いままに事件が起こってあっという間に解決しちゃうから
どうにもクライマックスに蛇足感や置いてけぼり感があるんだよなあ。
6話の回想話くらいの心理描写があれば個人的には満足なんだけど。

とは言え「白雪先輩をゲストキャラに据えたりんごちゃん中心のエピソード」
として一つにまとまってた分、7話や8話よりは非常に観やすい話だった印象。
基本的に一話完結で進んでいくアニメだから
変にいろいろ混ぜてぐちゃぐちゃにするより
しっかりと一つの流れとして完成してたほうが好感が持てるんだけど
ここらへんの好みは人によっても違うから何とも何とも。

   

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, オオカミさんと七人の仲間たち