自己満足で書いてきた振り返り反省会もいよいよラスト。
今回はエンディングとその後のおまけシナリオに触れてみようと思います。
例によって超ネタバレとなります。

◎エンディング
本作のエンディングは「日常へ還る話」というのを目指していました。
つまり第7話以降すごい勢いでねじ曲がっていったストーリーを
1話や2話のようなノリへ強引に戻していったのがエンディングです。
ただショコラとティアを中心とする話は第6話である程度のケリがついているので
やけにあっさりしたEDになってしまったような気も。
まあこれ以上引き伸ばすのも何なのでいいかな、と。

◎Episode01:星の真実
本作最大のギャグが待ち構えているおまけシナリオその1。
このネタは以前からずっとやりたくて
実は本編ラストをこれにしてやろうとずっと思っていたんですが
テストプレイ中に爆笑してしまい思いとどまりました。さすがに許されざる展開。
完全にただのパロディだったはずなのに妙にしっくりきてしまったから困る。
結果として暦や地名を共有している「弾丸少女」とも無理なく繋が…まあいいや。

◎Episode02:星を継ぐもの
はっきりと「To Be Continued」と言い切ったおまけシナリオその2。
もう隠すことでもないので言ってしまいますが
別作品「機神少女」に直接繋がるエピソードとなります。
このあたりはいろいろと前後していますが
本作は「機神少女」よりも前の2009年冬から制作が始まっており
本作ラストの形も2010年春の時点でおぼろげには浮かんでいました。
そんなわけで何度も言っているように3年越しの宿題がようやく提出出来た気分です。

またここまで密接に他作と関わっている「機神少女」が
ツクールDSのコンテストで単体作品としてそれなりの評価を戴けたということで
「単体で完結しているものにしたい」「他作品のプレイを前提にはしたくない」
という何度も言っている自分の課題はそれなりに達成出来たのかなあ…と。

◎Episode03:断章-救星挿話
剛速球をあさっての方向へとぶん投げたおまけシナリオその3。
なんか見慣れないキャラがいつの間にか増えてたりしていますが
「輝石少女」「おまけ1」「おまけ2」「機神少女」を踏まえたエピソードとなっています。
いかにも次回予告風ですが続きはありません。
タイトル通りの「救星少女(仮)」なんかをぼんやりと考えていた時期もありましたが
これ以上続けるのは無理があると思いやめました。本作はこれでおしまいです。

はっきり言ってしまうとここでやりたかったのはPCゲーム『痕』の初音ENDです。
共存か戦争かは知らん! 俺たちの戦いはこれからだ! 的な。


おわり。

コメント (0) | トラックバック (0)

輪姫少女(ツクール2000), RPGツクール

いろいろあったけど最終話まで辿り着いた反省会10回目。
ここらへんのノリはもう自分でもよく分かんなくなってた気がするけど
とにかく振り返ってみることにしよう。

〆切り2週間前にこんな記事を書いているように
最終話に関しては時間的にはほとんどかかっていない。
残るはラスダン+エンディングのみで内容がほとんど決まっていたこともあり
ラストに向かってただ突っ走るだけであった。
ここまで迷走しまくっていた反動もあり
明確なゴールが見えているのはとにかく気が楽だった。

予定外のことと言えば神化イベントの描写が妙に腹パン状態に濃くなったくらいである。
あれは完全にその場の流れでそうなったとしか言えない。
とにかくベタベタなパワーアップイベントにしようと思ったら何故かあんなことに。
おかげでラスボスの消化試合っぽさが更に際立ってしまった。

そんなこんなでパーティ分割など今まで出来なかったことを詰め込みながら
ほとんど暴走にも近いテンションで一気に仕上げた記憶がある。
最終話タイトルからラスボスから隠しボスから最後の台詞に至るまで
全部パクリ元ネタがあったりするのもそのせいである。

------------------------------------------------------------—
そしてラスボス直前から行けるようになる隠しボス2体。
ここから本作の最後の暴走が始まるのである。

感想掲示板にも書いた通りこのあたりは
「別作品やってないと分からないネタは駄目だろう」と
「最後だから好き勝手にやってやるぜ」と「マジごめん」のせめぎ合いであった。
そのテンションのままおまけシナリオになだれ込んだのである。

もうちょっとだけ続くんじゃよ。

コメント (0) | トラックバック (0)

輪姫少女(ツクール2000), RPGツクール

このあたりまで来るとあんまり書くネタもないんだけど
とりあえず最後までやってみよう、な感じの反省回第9回。

第9話のコンセプトは「脇キャラ大活躍」。
第1話で加入しながらもほとんど出番の無かったアロイスなど
今までスポットが当たっていなかったキャラのイベントを盛り込んだ話である。
他にもNPCを操作出来る防衛戦が入ったりと
ここまでの流れとは一風違った雰囲気になったような気もする。

また第9話の目標としては「敵側のキャラもちゃんと描こう」というのがあった。
実は今までの自分のゲームには「普通に喋る敵」があまり出てきておらず
序盤~中盤にかけては「ガオオオオン」な敵ボスを
淡々と倒すだけになってしまっているという反省点があった。
だから今回はそこらへんをしっかりやってみよう、と。
ほらスパロボでも次元獣ばっかり相手にしてると飽きるし。

…と、いかにもそれっぽいことを並べ立ててみたが
実はこの第9話に関しては本当に何も考えていなかった
紅白版のピクチャフォルダを見てもらえば分かるのだが
各話タイトルの画像が第8話→最終話の順番になっているように
本作は本来全9話の予定でありこのあたりの話はもともと存在すらしていなかった。
つまりそれくらい行き当たりばったりなのである。

つづく。

コメント (0) | トラックバック (0)

輪姫少女(ツクール2000), RPGツクール

いつの間にやら9月になりパッチ適用版の本体も提出したので
こっちも再始動しようかな…的な反省会第8回。
ゆっくりまったりやっていきます。

第8話は怒涛の説明回。
それまでその場のノリで適当に増やしていた伏線っぽいものに
強引な力業でそれっぽい理由を捻り出す話である。

特に第1話の幽霊話やベスが喋る理由などは
ちゃんと考えているようで全く考えていなかったところなので
ああでもないこうでもない、となんとか繋がるように苦心した記憶がある。
別に全部理屈付ける必要はなかったような気もするが
変なところで律儀なので今回はきちんと説明することにした。
その結果ここらへんからは一つ一つのイベントが妙に長くなっている感じがする。

また第8話でようやくパーティメンバーが全員揃ったので
いろんな条件分岐やらを考える必要がなくなって作業的にかなり楽になった記憶がある。
ちょっと気を抜くと今いないはずのキャラが喋ったりするから困る。

つづく。

---------------------------------------------–
ここからはまあ個人的なことというかなんというか。

本編の内容とは関係のない話になりますが
今回の提出にあたって一番気をつかったのは「セーブデータの引き継ぎ」でした。

連載形式、分割形式のゲームはツクールやフリー/シェア問わず結構ありますが
新作部分が発表されるたびに大幅な仕様の変更やバランス調整が行われ、
その結果前のセーブデータが使えなくなってしまうというパターンが多々あり
そのたびに1プレイヤーとして複雑な気分になっていました。

実際それで「ごめん同じとこもう一回プレイするのってきつい…」と
途中で挫折してしまった苦い思い出もかなりあったりするわけで
とにかく自分のはきちんと引き継ぎ出来るようにしよう、と
かなり初期の段階から決意していたのです。

1stガンダムの小説(アムロが死ぬやつ)が再版された際に富野監督が
【今回の再版で書き直すことも考えたが、もしアムロが死なない改定版となったならば
 それは過去の読者を無視する行為であろう。それは卑怯である~】
ということを書いていましたがそんな感じです。

一度モノを出してしまったからには
軽々しく後付けで変えたり次回に引き継ぎ出来なかったりするのは
既にプレイして下さっている方々に失礼なことだと思うんです、うん。

……とまあ非常に偉そうなことを長々と書いてみたけれど
自分の場合は単に時間がなかっただけです。つまり言い訳です。
そんなわけで1~7話部分は紅白版からの違いはほとんどありません。
てへぺろ。

コメント (0) | トラックバック (0)

輪姫少女(ツクール2000), RPGツクール

落ち着いて再プレイしたらラスト近辺のノリがいろんな意味ですごかった。
特におまけシナリオ1は許されざるレベル。
あくまでオマケにしたのが最後の良心な気がする。

 20120824.jpg

そして余裕が出来たので超こっそりと新技を追加。
終盤で即死技が増えてもほとんど意味がないので完全に趣味の領域。

コメント (0) | トラックバック (0)

輪姫少女(ツクール2000), RPGツクール