「輪姫少女 -Quo Peregrinatur Grex-」制作後記 第8話

いつの間にやら9月になりパッチ適用版の本体も提出したので
こっちも再始動しようかな…的な反省会第8回。
ゆっくりまったりやっていきます。

第8話は怒涛の説明回。
それまでその場のノリで適当に増やしていた伏線っぽいものに
強引な力業でそれっぽい理由を捻り出す話である。

特に第1話の幽霊話やベスが喋る理由などは
ちゃんと考えているようで全く考えていなかったところなので
ああでもないこうでもない、となんとか繋がるように苦心した記憶がある。
別に全部理屈付ける必要はなかったような気もするが
変なところで律儀なので今回はきちんと説明することにした。
その結果ここらへんからは一つ一つのイベントが妙に長くなっている感じがする。

また第8話でようやくパーティメンバーが全員揃ったので
いろんな条件分岐やらを考える必要がなくなって作業的にかなり楽になった記憶がある。
ちょっと気を抜くと今いないはずのキャラが喋ったりするから困る。

つづく。

---------------------------------------------–
ここからはまあ個人的なことというかなんというか。

本編の内容とは関係のない話になりますが
今回の提出にあたって一番気をつかったのは「セーブデータの引き継ぎ」でした。

連載形式、分割形式のゲームはツクールやフリー/シェア問わず結構ありますが
新作部分が発表されるたびに大幅な仕様の変更やバランス調整が行われ、
その結果前のセーブデータが使えなくなってしまうというパターンが多々あり
そのたびに1プレイヤーとして複雑な気分になっていました。

実際それで「ごめん同じとこもう一回プレイするのってきつい…」と
途中で挫折してしまった苦い思い出もかなりあったりするわけで
とにかく自分のはきちんと引き継ぎ出来るようにしよう、と
かなり初期の段階から決意していたのです。

1stガンダムの小説(アムロが死ぬやつ)が再版された際に富野監督が
【今回の再版で書き直すことも考えたが、もしアムロが死なない改定版となったならば
 それは過去の読者を無視する行為であろう。それは卑怯である~】
ということを書いていましたがそんな感じです。

一度モノを出してしまったからには
軽々しく後付けで変えたり次回に引き継ぎ出来なかったりするのは
既にプレイして下さっている方々に失礼なことだと思うんです、うん。

……とまあ非常に偉そうなことを長々と書いてみたけれど
自分の場合は単に時間がなかっただけです。つまり言い訳です。
そんなわけで1~7話部分は紅白版からの違いはほとんどありません。
てへぺろ。

コメント (0) | トラックバック (0)