大増ページで21世紀に蘇った「新装版マジンサーガ」の最終第6巻がついに発売。
長年待ち望んだ扶桑社版の続きが今ここに……!

というわけで今回は5巻ラストの悪醜羅男爵の宣戦布告に続く形で
扶桑社版の6巻後半部分からスタート。
導入部として20Pほどの描き下ろし戦闘シーンがあり
各地の戦線でマジンガーが戦っているのが分かりやすくなっているのが嬉しいところ。
旧版は駆け足気味で「火星全土を戦場とした戦争」のイメージが
少し掴みづらいところがあったからなあ。

そしてサイコジェニーが「マジンガーZを討つ!」と宣言する
P126(扶桑社版6巻・最終ページ)以降は完全新作のストーリーが展開。
サイコジェニーとの戦いや奪われたマジンガーマスクの奪還が中心に描かれ
合田曹長の再登場やアニメ「真マジンガー」を彷彿させるガミュラQ3との共闘など
最終巻に相応しい大規模で緊張感のある戦闘シーンが目白押し。
潜入作戦の中で仲間たちが次々と倒れていく流れは
『バイオレンスジャック』の「逆襲ハニー編」なんかを思い出したり。
天真爛漫なガミュラとそれに翻弄される甲児のペアは
戦いが激しさを増していく中で一種の清涼剤的な感じになってる感じだね。
それだけに「悲しい生物兵器」としての最期が際立つわ。

そしてラスト十数ページで描かれる最終章「新たなる始まり」は
ロボット兵轟神≒ボスボロットの顔見せに始まって
ベガ星連合軍を率いるガンダル司令の登場、
暗黒大将軍、ゴーゴン大公、神皇帝・地獄が一堂に会する見開きページ、
そして不動明が変身するデビルマンXの降臨と
清々しいほどの「本当の戦いはこれからだ!」的展開。
後書きによればデビルマンマスクは単なるZのデッドコピーではないみたいだし
これからは物質を超越した「Z」と未知なる「X」の戦いになっていくんだろうなあ。
マジンガーZ対デビルマンX! 字面だけで燃えるわこれ。

というわけで当初の予定通り無事に完結(?)した「新装版マジンサーガ」。
サイコジェニーやガミュラとも決着が付いたし旧版よりは区切りがいいはずなんだけど
「続きが読みたい!」「この後どうなるんだ?」と気になる終わり方なのは変わらず。
特に後書き「新たなる始まり」では
本編では描かれなかったヘルの過去、悪醜羅やブロッケンが復活する今後の展開、
そして甲児が汚染された地球を救うという最終章(?)にまで言及しており
『バイオレンスジャック』以上の集大成ワールドになっていくような気がするし。

とにもかくにも永井豪氏本人によって「永遠に続く物語」と明言されてしまった本作。
7巻以降が出るにしろ出ないにしろ「終わらない」ことを宿命付けられてしまったわけで
かつて『神州纐纈城(マンガ版)』の解説で永井氏が書いていたように
「未完って面白い!」「結末は読者の手に委ねられた!」と
読者一人一人がそれぞれの「サーガ」を紡いでいけってことなんだろうなあ、うん。

ところで今回の新作部分って絵柄がバラバラというか
明らかに90年代当時のタッチで描かれてるコマが所々にあるような気が。
この十数年間少しずつ描き溜めていた部分もあるんじゃないかな、と感慨深くなったり。

あ、あとグレンダイザーの再登場が無かったのだけは残念。
顔見せくらいしてほしかったわ。

   

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, マジンサーガ, ダイナミック系

いよいよ最終巻を残すだけとなった「新装版マジンサーガ」の第5巻。
帯にある「最終第6巻 12月6日(木)発売!」のアオリ文を見ると
ついにここまで来たか、と感慨深くなるね。

そんなわけで今回の第5巻は
ビストリカ村での比丘魔子爵との戦いを中心に
「集英社版3巻」「扶桑社版5巻」ラストの悪醜羅男爵の宣戦布告までを収録。
・デュークの翼の存在が明らかになるシャワーシーン
・宇宙艦隊が太陽系に襲来するシーン
が入っていないのがちょっと中途半端な感じもするけど
この二つは最終巻のアバンタイトルみたいな感じになるんだろうなあ。

そして今回の描き下ろしは全部で60ページほど。
2巻や3巻のように細かい部分での戦闘描写や説明がちまちまと増えており
特に「醜いバケモノ」と罵られた火銅鑼M3の哀しみや
「生む機械」に対する比丘魔子爵の語り、甲児の怒りが強調されているのが印象的。
このあたりは以前の「扶桑社版」のインタビューでも
「後味の悪さと戦いへの疑問」として言及されていたし
新たな勢力が登場する(と思われる)次回への布石になっているんじゃないだろうか。

また
・襲いかかる火銅鑼M3に苦悩するマジンガー(150~151P)
・ダブルフェイザーV1と対峙するマジンガー(214~215P)
など迫力のある見開きページが多かったのも今回の特徴。
ダイナミックな構図や緻密な描き込みがすごい格好いいし
「集英社版」みたいな大判サイズでじっくり見てみたいところ。
イラスト集とか画集とか出ないかな。

ただストーリーには大きな変更点はなく
大幅な追加があった4巻と比べると少し物足りない、というのが正直な感じ。
特にラストの餓羅蛇K7+スパルタンV5との戦いはかなり駆け足になってしまっており
グレンダイザーの登場シーンが旧版とほぼ同じだったのにはがっかり。
最終巻に向けてグレンダイザー(人型)や
不動明(恐らく登場する?)の顔見せをしてくれるんじゃないかと思っていたんだけど
そのあたりはちょっと期待しすぎだったかもしれないなあ、と。

まあとにかく来月の6巻だ! 未知の領域に突入する最終巻だ!

   

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, マジンサーガ, ダイナミック系

後半戦に突入しますます盛り上がる「新装版マジンサーガ」の4巻が発売。

何と言っても今回の見所は合計100Pにもなろうかという量の描き下ろしページ。
旧版ではほとんど描写がなく終わってしまった
青龍基地での特訓やサバイバル訓練の様子が詳細に描かれており、
特にサバイバル訓練では新たな生体機械獣の襲来やマジンガーの戦いが見られるなど
単なる増ページではなくまるまる一つのエピソードが追加されている感じ。
旧版からのファンには「続きだけ読めればいいや」と
最終巻以外は様子見の人もいるみたいだけど
単なる復刊に留まらないくらい追加ページがあるし買って損はないと思う。マジで。

また「集英社版」には収録されていない扶桑社版6巻のエピソード
(毒殺されそうになった甲児が過去と向き合い、人々を守ることを改めて決意する話)
が早々と挿入されているなど構成が大きく変わっていたのも今回の特徴。
今までは多くの追加ページがあったものの大きな流れに変更はなかったし
個人的にも構成はそのままだと思っていたから予想外の展開。
毒殺未遂話はこじんまりとした中編だし
後半にやるより中盤で終わらせたほうがいい、っていう考えからだろうか。

そんなこんなで今まで以上に描き下ろしページが多く
更に構成が大きく変わるなど
新作部分に向けての準備が着々と進んでいる今回の「マジンサーガ」。
このペースで行けばいよいよ次回はグレンダイザーの登場だし待ちきれないわ。

しかしすごいなあこれ。
刊行時は「6巻に約200Pの描き下ろし!」というアオリ文が話題になっていたけど
蓋を開けてみれば1~4巻の新作ページだけで既に200Pになってるわけだし
「改訂版デビルマン」と比べてもすごい気合の入りよう。
まさに期待以上の完全版だね。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, マジンサーガ, ダイナミック系

折り返し地点となる「新装版マジンサーガ」の第3巻。
今回は虻銅鑼U6やブロッケンとの戦い、
そして青龍基地での合田との試合の途中までを収録しており
いよいよ中盤戦に突入というところ。

そして描き下ろしページは全部で40P前後。
ほとんどが前半部分に集中しており、生体機械獣の襲撃を受けるFUJI市や
虻銅鑼とZの戦いの描写が増えているのが印象的。
「新装版マジンサーガ」の加筆ページは毎回かなり力が入った描き込みだし
戦闘シーンのページが増えると話が一気に引き締まる感じ。
満足度としては2巻より3巻のほうが上だね。うん。

特に今後のキーキャラクターであろうデュークの活躍ページが増えていたのは
2巻で不満だっただけに嬉しいところ。
ただ今回のデュークはちょっと性格が変わっているというか
猪突猛進で部下にも気さくに話しかける人物として描かれており
『部下とも一線を引いており私生活は謎めいている』(集英社版3巻、扶桑社版5巻)
という後の説明とはちょっと噛み合わないんじゃないかなあ、と思ってしまったりも。
個人的にはここはもっと淡々と冷静に任務をこなして
神秘的な部分を強調して欲しかったような気が。
今回のデュークはなんか「地獄へのエレベーターじゃあ~~!」とか言いそうで困る。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, マジンサーガ, ダイナミック系

講談社より刊行中の「マジンサーガ」の2巻が発売。
今回も前回に引き続き完全描き下ろしのページがあり
餓羅蛇K7がマジンガーに襲いかかる見開きや地獄門の描写などが追加されているものの
全部で10~20Pほどとやや抑え目になっており
ある程度まとまった新作ページがあった1巻に比べると旧版とさほど変わらない印象。

特に剣を持ったZと餓羅蛇との戦いや
新作部分のキーパーソンになるであろうデュークの登場シーンなんかは
描き下ろしページがあるんだろうなあ…と勝手に期待してただけにちょっと残念だったり。
とは言えこのあたりは集英社版→扶桑社版の時もほとんど変更がなかった部分だし
作品全体を考えても「起承転結の承」的な雰囲気があるから
これからに期待、という感じ。

それと今回の新装版でもう一つ気になっているのが
「第3章 ドクロの蛇」「第4章 さやか」などといった章分けがされているところ。
今回のを完全版にする! という気合の表れなんだろうけど
章ごとのページ数もバラバラだし
「とりあえず章立てしてみた」的な感じがあるのは否めないなあ、と。
章分けするのならせめて目次くらいは付けてくれないと存在意味が無いような気が。
読み返すときにも楽になるし。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, マジンサーガ, ダイナミック系