先日4/28より開催中の「VRデビルマン展~悪魔の心、人間の心~」。
発表時からずっと気にはなっていたものの
使用できるVRヘッドセットが指定されていたり
デスクトップ版はゲーミングPCが推奨されていたりという敷居の高さに
どうしたものかと悩んでいたんですが
動作確認などのために無料スペースが用意されているということで
ダメ元で突撃してみました。

グラフィックボード? そんなもんねえよ!
こちとらオンボードのノートパソコンだよ!

できるマーン!

えーとそんなわけで最初の起動に時間はかかりましたが
意外にもそれなりにスムーズに動きました。
ぶっちゃけ起動しない、もしくは起動してもカクカクだと思っていたので
普通に会場を回れるレベルに動いたのに自分でもびっくりです。

ちなみに自分のノートパソコンのスペックは
・CPU Core i 5 第6世代(推奨環境未満)
・メモリ 16GB(推奨環境と同じ)
・グラボなし(推奨環境未満)
・ストレージ SSD 500GB
です。

2016年に8万円ほどで購入した当時としてはミドルスペックのノートパソコンに
自前でメモリを増設、HDDをSSDに換装したものなんですが
いやーこの増設と換装が効きましたね。

少なくとも「VRデビルマン展」の無料スペースは
そこまで緻密な3Dグラフィックというわけでもなかったので(失礼)
恐らくメモリさえあればかなり頑張れるってことなんじゃないでしょうか。

常時4~5GBくらい使ってるみたいなので8GBだとかなり厳しいと思います。

まあぶっちゃけ自分のように自前で増設・換装をしていなければ
メモリ16GB以上のPCなら普通はグラボ積んでると思うので
公式サイトに書いてある通り「推奨環境はゲーミングPC」でいいと思います。はい。

そして無料スペースをぐるぐる回ってみた感想ですが
いやー予想以上に雰囲気が良かったですね。
ぶっちゃけ最初は仮想空間への参加チケットが2200円~というのは
かなり割高だと思っていたんですが
ここまでしっかりとした「展覧会」っぽさがあると
決して高くはないんじゃないかと考え直しました。

近年は国内外問わずストリートビューなどで館内の一部を見せてくれたりする施設も多く
(海外だと大英博物館、国内だと上野の国立科学博物館など)
自分もそういうのは結構楽しんでいたんですが
「VRデビルマン展」はアバターを操作して会場を回る、というタイプになっており
ストリートビューよりも「参加している」雰囲気を味わえるのがすごくいい感じです。
いやーほんと入口で「デビルマンのうた」が流れてきた時のワクワク感はたまらないですよ。
ここすき。

ただあくまでも「VR」ということで
VRヘッドセットでの操作に最適化されているようで
デスクトップ版でのキーボード+マウスの操作にちょっと難があったのが気になったところ。
見たい看板やディスプレイを正面に持っていくために細かな調整が必要なので
「正面を向く」などの視点リセットがキーボードで出来たらなあ、とは思いました。
あとストリートビューに慣れてるとホイールで拡大縮小できないのが戸惑いますね。

そんなこんなで無料スペースは十分楽しめたんですが
有料チケットを買うかどうかはちょっと考え中です。
値段については納得しているんですが
やっぱりグラフィックボードのないパソコンで最後まで楽しめるかどうか、
というのがネックになってるんですよ。
恐らく有料スペースはもっと派手になっているんでしょうし
途中で強制終了される可能性も高いと思ってます。

そんなわけで現在進行形で悩み中の「VRデビルマン展」。
まあ会期は5月いっぱいあるのでのんびり考えたいと思います。
ダメ元で2200円をぶん投げられる覚悟があればいいんですが。

ところで今の時代のゲーミングPCってどんな立ち位置なんですかね。
ここ数年のeスポーツの台頭や日本でも急激にSteamが普及したことなどから
「ゲームしてる人はみんなゲーミングPC」「自分は完全に時代遅れ」
みたいなイメージもあったんですが
逆に「パソコン持ってなくてスマホだけ」という人も多くなってるみたいですし。
この「VRデビルマン展」ではメイン層をどんなふうに考えているのかなあ、と。

コメント (0) | トラックバック (0)

旅行・展覧会・イベント等, アニメ・漫画, ダイナミック系

アメリカからの頼もしい援軍を加えた勇希たちデビルマン軍団が
日本を守るために出撃する『デビルマンサーガ』の第99話。

というわけで今回はデビルマン軍団がいよいよ出撃、ということで
2代目クウモや日本に帰ってきたカイムなどの顔見せ的な話。
アモン、シレーヌ、カイムの3人が1つの目的のために並び立つ、
というのは無印『デビルマン』を思うと胸が熱くなりますね。

そんなこんなストーリーはほとんど進まずに次回に続く。
「敵は30体で我々より数で上回っている」という台詞なんかを見ると
まだまだ小規模な戦いだなあ、と思ってしまいますね。
デーモン・ソルジャーが一騎当千なのは分かるんですが。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

日本各地でデーモンの仕業とおぼしき事故が連続発生し
勇希たちデビルマン軍団が再び立ち上がる『デビルマンサーガ』の第98話。

というわけで今回はゴーダー=魔将軍ザンたちが暴れまわり
一般の人々にもデーモンの存在が明らかになる回。
これまで民間人には秘匿にされていた勇希たちも出撃する、ということで
いよいよデビルマンたちの戦いが国家レベルに発展していく感じですね。

ただ逆に言えば「まだ国家レベルの話なのか」と
思ってしまうのが正直なところ。
何度かこのブログでも書いてますが
無印『デビルマン』で悪魔による侵略だったものが
今回は国と国との争いに用いられる兵器がデーモン(の鎧)である、という設定になっており
過去作よりもスケールが小さくなってしまっているのがどうしても気になってしまいますね。
近年のインタビューなどを読むと『デビルマン』を現実の戦争と絡めて語る、というのを
永井豪先生はやりたいんだろうなあ、と思いますが
個人的にはそこらへんのリアル感は置いておいてもっと派手な物語にしてほしいのです。

そんなこんなで次回に続く。
これまでの描写を見る限りザンの実力はシレーヌと同等かそれ以上ですし
それにゴーダー本人の残虐さが加わることで
勇希たちにとってはかなりの強敵になりそうです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

テロを目論み東京へと潜入したジェイソン・ゴーダーたちと
白縫さんたちが望まぬ再会を果たす『デビルマンサーガ』の第97話。

というわけで今回は主人公、勇希が一切登場せず
ゴーダーと白縫さんとの因縁を強調するような展開。
「俺を無視した白縫の国だからだ」と日本を敵視するゴーダーの描写は
彼の執着心と同時に「根の部分は小者」な部分を感じさせていて巧いところです。

ところで今回は最初のページで「2029年」のテロップが出てますね。
物語の開始時は2025年だったので
いつの間にか4年が経ってることになります。
連載期間もここまでで2015年~2019年で4年になりますし
近未来だけど時間の進みはリアルタイムってことなんでしょうね。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

デーモン・ソルジャーの戦争による悪魔の時代の到来が示唆され
異次元世界ではアスカがついに決起する『デビルマンサーガ』の第96話。

というわけで今回も現実世界パートは細かいエピソードが中心で
話はあまり動かない展開。
前回の2代目クウモ=メリケン・ジョーに引き続き
今回はアメリカのタロー・サンダースが鎧を着ることを決意したりと
勇希の知り合いが次々とデビルマンになっていますね。
アメリカの面々が勇希たちと再会するのはいつになるのかなあ、と。

そしてアスカたちの異次元パートは
アスカが鎧をまとっていよいよ戦いが始まりそうな予感。
超文明の都市が神を名乗る宇宙からの侵略者に蹂躙され、
それに対して異形の姿となった者たちが立ち上がる……というのは
『魔王ダンテ』と同じシチュエーションですね。
まだ敵の姿は出てきていませんが
神々に相応しいド派手なビジュアルを期待しています。

そんなこんなでアスカ側の話が一気に盛り上がってきたのに比べると
勇希たちの世界での国家間の争いはやや矮小に感じてしまうなあ、と。
とにかく壮大な話が好きなのでアスカたちの神々との戦いも
しっかりがっつり見せてくれると嬉しいです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系