「悪魔の壁画」に導かれるように地下へと向かうアスカたち、
そしてシレーヌを追って富士の樹海へと辿り着く勇希の姿が描かれた
『デビルマンサーガ』の第87話。

というわけで今回も前回に引き続き
勇希側の展開とアスカ側の展開を交互に描く展開。
『デビルマン』でも『レディー』でもサイコジェニーは終盤に出てきて
アスカの記憶を呼び起こす、という重要な役割を果たしていただけに
かなり序盤から思わせぶりに登場している『サーガ』では
どういう立場の存在なのかが気になります。

そしてアモンとシレーヌとの戦いが始まろうとする中で
中熊重工の面々が亀井と合流するためにロシアへと向かうところで次回に続く。
……いやーそれにしてもシレーヌを洗脳させたデーモン・ヴロウが
死んだことをこんなにあっさり流してしまっていいんですかね。
作中でも「あっけなく死んじゃった」と言われていますが
読者としては置いてけぼり感が強いですね。
「彼女には娘がいた」「娘を2代目にしよう」など
別な形での再登場を予期させてはいますがどうなるんだろうなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

美紀ちゃんを傷つけたシレーヌとデビルマンたちとの戦いが描かれる
『デビルマンサーガ』の第86話。

というわけで今回は「憎悪」のタイトル通りに
勇希=アモンと心を通わす美紀ちゃんに対するシレーヌの敵意が示されたり
以前の中熊重工のビルでの戦いでは出番がなかったデビルマン・ナールが
見せ場を作ったりする展開。
ナールの相手はあのシレーヌ、ということで
あっという間にやられて引き立て役で終わってしまうのかと思ったら
意外にも善戦しそうな感じですね。
名前の「ナール」は九尾=ナインテールってことでしょうか。

そして今回もアスカたちの様子をちらっと見せて次回に続く。
ここ数話は勇希たちとアスカたちの話が同時進行的に続いていますが
ページ数の関係でどうしてもぶつ切り感がでてしまってますね。
月刊掲載でもいいので一度に50~60Pくらいずつ読みたい、と
思ってしまうのは贅沢でしょうか。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

ジャーナリストという立場を捨てて
勇希に寄り添うことを決意した美紀ちゃん、
そしてシレーヌが再び来襲する『デビルマンサーガ』の第85話。

というわけで今回は美紀ちゃんが覚悟の変身をした勇希の説得を受け入れる展開。
二人の絆の強さを思わせる描写や思わずもらい泣きをするドス六など
要所要所の演出はいい感じなんですが
彼女が簡単に「ジャーナリスト失格」と言ってしまったのはちょっと残念だったり。
個人的には彼女にはマスコミ側の協力者になってもらって
メディアを味方につけてデビルマンたちが心置きなく戦えるようになる……
という流れにしてほしかったなあ、とも思ったり。

それとここで初めて気がついたんですが
ここ最近の流れって無印『デビルマン』のシレーヌ編に相当する
エピソードとして描かれてるんですかね。
美紀ちゃんを狙うシレーヌ、というメインの部分はもちろんのこと
壁や床をすり抜けている描写などは
アグウェルやゲルマーを意識してる感じに思えますし。

そして南極のアスカ側の話ではクロード・ギラン博士が再びの登場。
彼の大仰な物言いは非常に印象に残っていたので
再登場は嬉しいところです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

美紀ちゃんを守るため悲痛な覚悟で勇希が彼女に正体を明かす
『デビルマンサーガ』の第84話。

というわけで今回のメインは「不動の涙」のタイトル通りに
涙と共に美紀ちゃんの前でデビルマンへと変身する勇希の姿。
無印「デビルマン」では明の正体がバレることが
ある意味死亡フラグというか牧村家の破滅に繋がってしまっていたのに対し
本作「サーガ」では美紀ちゃんを説得する=
死なせないために正体をバラす展開になっており
このあたりはちょっと逆になっている感じもしますね。

ただ主人公の勇希たちよりも
南極へ向かうアスカたちの動向のほうが気になってしまうのは前回と変わらず。
次々と現世に生まれ出る悪魔の壁画やそれに描かれているアスカたちの姿など
一気に設定の深いところへ踏み込んでいっている感じがします。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

ジャーナリストとして真実を明らかにしようとする美紀ちゃんに対し
強行策に出る国軍省の面々が描かれる『デビルマンサーガ』の第83話。

というわけで今回はシレーヌに襲撃された美紀ちゃんの去就が中心となる展開。
また本筋のストーリーには直接関係がないものの
ホーカーの失った四肢を勇希が自分の会社の技術で補おうとするシーンは
ロボット工学者、という勇希の設定がきちんと活かされていて興味深いところ。
以前に出てきた生物兵士たちもそうでしたが
デビルマンとデーモンの他にロボット工学や遺伝子操作といった
人間ならではの技術が入ってくると物語に深みが出てきますね。
軍人であるホーカーが明るく振る舞うことで
民間人である勇希の責任が少し軽くなる、という流れになっているのも
何だかホッとするところです。

そして何よりも気になるのが「悪魔の壁画に招かれた」という
アスカたちの状況。
いやー正直美紀ちゃんやシレーヌ周りの話よりも
こっちのほうが数倍ワクワクしますね。
あちらもあちらで
「美紀ちゃんがジャーナリストであることを優先するのなら死んでもらわなければならない」
と過激な展開にはなっているんですが
アスカたちのほうで起こっている壮大な話と比べると
どうしても見劣りしてしまいます。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系