毎年恒例となっているイービーンズ仙台での福袋の購入。
今年は事前抽選やら整理券配布やら
システムが分かりにくかったり去年のうちに抽選で外れてしまったりと
いつも通りに買えるかどうか不安だったんですが
ゲーマーズの店頭販売分として売られていた3000円のものを
無事にゲットすることが出来ました。

販売開始が8:30と遅めだったこともあり
特に並ぶこともなく買えましたね。
今年は駅前よりも商店街とかのほうが混雑してたっぽいです。

そして中身はこんな感じ。価格は全て税抜になります。

五等分の花嫁 ラバーストラップコレクション 第2弾 1BOX(6000円)
ラブライブ! サンシャイン!! 手帳型スマートフォンケース 松浦果南(3500円)
ラブライブ! サンシャイン!! アクリルスタンドキーホルダー 渡辺曜(1300円)
ラブライブ! サンシャイン!! アクリルスタンドキーホルダー 黒澤ルビィ(1300円)
ラブライブ! サンシャイン!! A2タペストリー 高海千歌(2400円)
ラブライブ! サンシャイン!! A2タペストリー 桜内梨子(2400円)
ラブライブ! サンシャイン!! A2タペストリー 渡辺曜(2400円)
ラブライブ! サンシャイン!! A4クリアファイルセット(1000円)
ラブライブ! サンシャイン!! 下敷き 渡辺曜(350円)
ラブライブ! サンシャイン!! アクリルキーホルダー 津島善子(SPORTS)(600円)
ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 記念タオル(800円)
ラブライブ! アクリルバッジ 高坂穂乃果(500円)
えんどろ~! トレーディング缶バッジ セイラ(400円)
電脳少女シロSIRO トレーディング缶バッジ シロ組(350円)
BanG Dream! ガールズバンドパーティ! トレーディング缶バッジ 弦巻こころ(400円)
BanG Dream! ガールズバンドパーティ! トレーディング缶バッジ 瀬田薫(400円)
BanG Dream! ガールズバンドパーティ! トレーディンメタルバッジ 大和麻弥(600円)
BanG Dream! ガールズバンドパーティ! トレーディングメタルバッジ 宇田川巴(600円)
アイドルマスター ミリオンライブ! トレーディング缶バッジ 周防桃子(500円)
アイドルマスター ミリオンライブ! ユニットロゴ缶バッジ 閃光☆HANABI団(600円)
アイドルマスター ミリオンライブ! トラベルステッカー 高山紗代子(350円)
アイドルマスター シンデレラガールズ ミニッチュ マウスパッド 喜多見柚(500円)
新サクラ大戦 トラベルステッカー 天宮さくら(350円)

計31100円+税

いい福袋じゃねえか!ラブライブ!だろ?
ラブライブです……(諦め)。

というわけで怒濤のラブライブ攻勢に一瞬めまいがしましたが
冷静になって見てみるとなかなかいい福袋なんじゃないでしょうか。
30000円分のものが入っている、ということでしたが
確かに定価で計算するとほぼ30000円。
福袋ならではのワチャワチャ感がありながら統一感もあるラインナップで
開封していて楽しい福袋だったと思います。
何よりラブライブ、アイマス、バンドリと
入っている作品の方向性がはっきりしているのがいいですね。
お前アイドル好きかよぉ!

まあぶっちゃけ「ラブライブ好きかい?」と言われると困るんですが
このボリュームで3000円なら満足です。
前にも何度かブログに書いてますが
福袋はワクワク感でプライスレス、その中で自分の好きなものが2~3個あれば儲けもの。
そういうものだと思っています。
 

コメント (0) | トラックバック (0)

福袋, アニメ・漫画, 玩具, ゲーム

恒例の仙台初売りでの福袋ですが
毎年おなじみになっているボークス仙台に今年も並んでみました。

フィギュア系は人気が高くすぐになくなってしまうこと、
プラモ系は積んでしまうのが目に見えていること、
更に年末に増設用のメモリやらSSDやらを購入してちょっと金欠気味だったので
今年は1000円の「おたのしみ袋」に挑戦です。
チラシにも載ってなかったので「こんなのもあるのか」と店頭でびっくりしました。

 IMG_20200102_103017s-.jpg

1000円というホビー系の福袋としては破格の安さに加えて
中身のジャンルなども全く分からずかなり謎ですが
手書きの「おたのしみ」の文字も合わせて何だか懐かしい気分になりますねこれ。
小学生の頃に「?」とだけ書かれたジュースの缶が通学路の自販機で売ってたんですが
それに近いノスタルジーがあります。

そして中身はこんな感じ。

 IMG_20200102_103737s-.jpg

・聖闘士星矢大全集 サジタリアス星矢 2500円+税
・負け顔コレクション vol.1 ストリートファイターII ダルシム 800円+税
・ジャンプ50周年記念オールスターズ ぽてコロマスコット ルフィ 800円+税
・ジャンプ50周年記念オールスターズ ぽてコロマスコットプチ 第2弾(未開封) 600円+税
・BE@RBRICK ONE PIECE FILM GOLD ver.(未開封*2箱) 1200円+税
・BE@RBRICK SERIES 36(未開封) 450円+税
・コップのソコ子2 ネイビー(未開封) 300円+税
・カラコレ 忍たま乱太郎 D-BOXの段(未開封) 600円+税
・ガシャポンゴーストアイコン16 仮面ライダー45ゴーストアイコン(1号魂ver.) 400円
・ガシャプラ SDガンダムビルドダイバーズ02 ガンダムダブルオースカイ(青) 400円
・カプセルQミュージアム 日本の至宝 仏像立体図録3 広目天(金) 400円
・サイエンステクニカラー 天体観測 月ポーチ 300円
計7950円(一部税別・中古価格などは考慮せず)

いやー思ってたよりいろいろ入ってました。
ほとんどが3~4年前の開封済・もしくは中古のコレクショントイなので
単純に値段での比較は難しいですし在庫処分感もありますが
1000円でこれだけ入ってれば十分なんじゃないでしょうか。
福袋のワクワク感でプライスレス、その上で自分の好きな作品やキャラが
2~3種類でも入っていれば儲けもの、って感じだと思います。

で、自分の好きなのが入っていたかというと……仏像とガシャプラくらいですかね。
個人的にはジャンプ系の代わりに美少女系が少しでもあればよかったなあ、と。
まあ感じ感じ。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

福袋, アニメ・漫画, 玩具, ゲーム

毎年恒例の仙台初売り。今年も夜明け前から駅周辺のダイエーイオンや
EBeanS周辺をぶらぶらしつつ福袋を購入してきました。

昨年は予算と時間の関係でらしんばんに浮気をしましたが
今年は1年ぶりに安定と安心のボークスに突撃。
ボークスの福袋はやや高めで10000円のものが多いんですが
今回は予算と持ち運びのことを考えて5000円のキャラクタープラモ福袋にしました。
他にもいろいろ回ってから自転車を引っ張って帰ることを考えると
10000円のは大きすぎるんですよ。

 IMG_20190102_112851s-.jpg

というわけで帰宅してさっそく開封してみました。
中身はこんな感じです。

 IMG_20190102_114314s-.jpg

・ヘキサギア ブロックバスター 4536円(※Amazon価格 2200円)
・メガミデバイス Chaos & Pretty マジカルガール 5940円(※Amazon価格 4280円)
・メガミデバイス Chaos & Pretty ウイッチ 5940円(※Amazon価格 3514円)
・コレクションステージ クリアブルー 594円(※Amazon価格 296円)
・コレクションステージ スモークブラッククリア 594円(※Amazon価格 436円)

計17604円(※Amazon価格 10726円)
※Amazon価格は2019/01/02時点のものを参考にしています。

お、おお……コメントしずらい……。
いやー何と言うか実にストイックな福袋ですね。
自分がこれまで購入した福袋は
場所埋め的にアニメ系の小物がゴチャゴチャ入ってるものが多かったんですが
今回はプラモデルが3つにスタンドが2つのみというシンプルさ。
いかにも福袋、といったワチャワチャ感はありませんが
ボークスらしいと言えばボークスらしい気がします。

5000円でメガミデバイス×2にヘキサギア×1というのは十分ですし
ラインナップにああマジ子からは逃れられない在庫処理感があるのは否めませんが
ブキヤプラモが好きなら満足出来るんじゃないでしょうか。
定価で3倍、実売価格で2倍強なので価格的にもまあ良心的です。

ただ過去のボークス福袋と比較してみると
やっぱり10000円のもののほうがイイものが入っているような気がしますね。
来年は出費を恐れずに10000円いってみるか……。

ちなみに以前買ったボークスの福袋はこんな感じ。
やっぱり10000円のフィギュア系福袋は振り返ってみてもいいですね。
毎年瞬殺される人気商品だけのことはあります。
2016年にあった艦これ福袋はFGO福袋に取って代わられちゃってました。

2017年初売り~ボークス仙台 PVCフィギュア福袋(10000円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-1175.html

2016年初売り~ボークス仙台 艦これ福袋(5000円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-1032.html

2015年初売り~ボークス仙台 アクションフィギュア福袋(10000円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-847.html

コメント (0) | トラックバック (0)

福袋, アニメ・漫画, 玩具, ゲーム

4月にローソンで行われた『艦隊これくしょん -艦これ-』の
「鎮守府五周年記念二〇一八キャンペーン」の一環で発売された
オリジナルPontaカード全3種(+1種)が届きました。

 IMG_20180731_224751s-.jpg

「エラー娘&エラー猫mode」だけは販売形式が少し異なっており
4月の時点でローソン店頭などで購入出来ていたんですが
確か送料やらの関係で一緒に注文してたんですよね。
通販だとポイントにボーナスがついたりもしますし。

いやーそれにしても時の経つのは早いですね。
注文した時は「7月末かずいぶん先だなあ」と思っていたんですが
いつの間にやら明日から8月です。うわー。

そんなこんなでこちらのグッズ、Pontaカードにクリアファイルが付属、と
クリアファイルやカード系のグッズを積極的に集めている自分としては
これ以上ないくらいに完璧なセットで本当に嬉しいです。
この二つが組んだら最強だぜ!
あえて不満点を挙げるとすれば梱包ですね。
クッション封筒でも曲がる時は曲がってしまうので
厚紙とか挟んでおいてほしかったです。
ちょっとペラペラで心許なく感じました。

しかし話はちょっと変わりますが
キャラ物のPontaやTカード、WAONカードは
通販などで購入出来ることが多いので敷居が低いのがいいですね。

この手のカードで本当に修羅の道なのは「ご当地nanaco」だと思います。
ご当地WAONと違い原則として現地販売しかしない上に
nanacoカードには「一部を除いて未登録での発行が不可」という規約があるので
オークション等で売っているものも登録済な上に高値になっていることが多いんですよ。

実は前から四国の「おへんろ。」のnanacoカードをほしいと思ってるんですが
どうにも手に入れる方法がなくて悔しい思いをしているのです。

おへんろ。がご当地nanacoカードに登場!
https://www.ufotable.com/ohenro/special/nanaco/

これです。いつか4枚揃えたいです。四国は遠いです。

コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ, トレーディングカード, コレクション, ゲーム

じっくりゆっくりプレイしていたVC版のFF5ですが
つい先日クリアしました。

 IMG_20180720_213001s-.jpg
 IMG_20180720_202436s-.jpg

ちなみにラスボス直前でのデータはこんな感じ。
全ジョブマスターに加えてLv67でレベル系魔法への対策もバッチリ、
装備品もバグ技抜きで4人ぶん揃えられるものは全て揃えたので
ほぼ完璧だと言っていいんじゃないでしょうか。
不安だった宝箱回収率も無事100%になっていたので一安心です。

というわけで各キャラ総評みたいなものをしていきたいと思います。

 IMG_20180720_213024s-.jpg

まずは主人公バッツ。
「ちょうごう」と「あおまほう」を駆使する補助のスペシャリストです。
後述のとあるロマンを達成するためにサポート役になってしまいましたが
決して最強ではないが1人で何でもこなせる、というのは
ある意味彼らしいのかもしれません。
メイン攻撃がルーンのベルによる属性強化エアロガなので
アタッカーとしてはちょっと弱いです。

 IMG_20180720_202723s-.jpg

次にレナ。
「くろまほう」「しろまほう」「れんぞくま」のいわゆる賢者キャラ。
ウィザードロッド+賢者の杖で属性強化もほぼ完璧です。
ぶっちゃけ3枠目の「れんぞくま」を捨てて
すっぴん+リボン装備のほうが安定するんですが
連続魔法のロマンは捨てがたいのでこういった形になりました。

 IMG_20180720_202626_1s-.jpg

次にクルル。
「じくう」「しょうかん」「れんぞくま」でレナと同じ方向性の賢者キャラです。
召喚魔法は「シルドラ→ファリス」「フェニックス→レナ」という
関わりの深いキャラがいるのですが
魔法アビリティは重複させたくなかったので間を取ってクルルに任せました。
例によって実用性という意味ではすっぴん+リボン装備のほうが安定します。
本当はルーンのベルで属性強化させたかったんですが
ものまねしがベル装備不可ということにラスボス直前で気づいたので
エアナイフのシルドラ強化だけで妥協しています。
どうせラスボス戦は無属性のメテオかバハムート連打になりますし。

 IMG_20180720_202536s-.jpg

最後にファリス。
FF5の代名詞とも言える魔法剣二刀流みだれうちの最強アタッカーです。
魔法剣を使わずとも30000超のダメージを叩き出せますし
サンダガ剣ならオメガも簡単に粉砕できます。
強さ的にはずっとオメガ>神竜だと思っていたんですが
ここまで育てると魔法剣で弱点属性を突けるオメガのほうが簡単に倒せますね。

そんなこんなで4人とも育ちきった感じですが
実はバッツとファリスの役割は最初は逆にする予定でした。
ただ「とあるロマン」を達成するために
どうしてもバッツに「あおまほう」が必要だったので
急遽変更したという事情があります。

で、何をしたかったかというと
ネオエクスデスに「自爆」でトドメを刺したかったんですね。

FF5は地味にマルチエンディングを採用しており
細かい内容については省きますが
「ネオエクスデス撃破時に戦闘不能になっているキャラは
次元の狭間に取り残され、エンディングの最後で戻ってくる」
という演出になっています。

つまり「自爆」でネオエクスデスにトドメを刺すことによって
・主人公でラスボスにトドメを刺す
・エンディングのラストで行方不明になっていた主人公が帰還する

という二重のロマンを同時に達成出来るんです(自己満足)。

この条件を満たすのは一見難しそうに見えますが
ネオエクスデスの各種パーツはHPが微妙に異なっているため
「バハムート+ものまね」で均等にダメージを与えていけば
ほぼ確実に1体だけ低HPの状態で残すことが可能になっています。
やはりスクウェアはこのロマンを見抜いていた……!


そんなこんなでプレイ時間も60時間超と
ずいぶん多くなってしまいましたが無事にクリア。
このまま順当に行けば次はFF6への挑戦……となるわけですが
こちらはちょっと悩み中です。

FF6もリアルタイム時から何回かクリアしており
一度は魔石ボーナスや闘技場をフルに活用して
最強を目指したプレイに挑戦したいとは思っているんですが
「どこまで拘ってどこまで妥協するか」を
まだ決められないんでいるんですね。

何しろFF6は現在進行形で電子マネーさんがまた壊した記録が更新されており
最強育成に関してもどんどん更新点が見つかっているんですよ。
バグ技を切り捨てて通常プレイをしてしまえば手っ取り早いんですが
それがキャラのパラメータに直結してしまう、というのが
最強を目指すロマン派プレイヤーには悩みの種なのです。
うーん。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

VC版FF5, ゲーム