というわけで先日注文していた
「艦これ」×「三越」コラボのカレー缶セットが届きました。
三越コラボの商品は老舗百貨店らしく高価で実用的な品が多くて
(そこが嬉しい人も居るかと思いますが)
ファンアイテムとして押さえておきたいものはあまりなかったんですが
カレーだけは別腹というか大好きなので思わず注文してしまった次第なのです。

 IMG_20171004_151936s-.jpg

こちらが届いたカレー缶セットです。
いやーすごい豪華なパッケージですね。さすがに三越は違います。
まるで高級ケーキみたいな包装だぁ……(貧困なボキャブラリー)。

3缶セットで3240円(送料別)とお値段もかなり高めのカレーですが
よく考えたら有象無象のご当地レトルトカレーの相場が600円前後、
前に食べた「18禁カレー」(超イロモノ)が1080円だったことを考えると
三越ブランドのカレーが1缶1080円というのはそう高くもない気がします。
うん安い! 安いぞこれ!(感覚麻痺)

磯山商事の「18禁カレー」を食べてみた。
https://tktkgetter.com/blog-entry-968.html

ちなみに賞味期限は2019年10月~2020年1月とまちまち。
3缶とも種類が異なるので賞味期限も違うところに気をつけたほうがいいですね。
まあまだ2年以上先の話になりますが。

そんなこんなでさすが三越、と言わんばかりの豪華さで
艦これ好きとしてもカレー好きとしても大満足のカレー缶セットですが
一つだけ残念だったのが付属の描き下ろしカードが
紙製で予想よりも心許なかったところ。
あくまでもオマケなので画竜点睛を欠く……とまでの話ではありませんが
他の部分がしっかりしているので変に悪目立ちしちゃっている感じですね。
ちょっともったいないです。

 IMG_20171004_152218s-.jpg

というわけで二重スリーブでしっかりと保管です。
ずいぶん縦長のカードだなあ、と思ったらまさかの名刺サイズでした。
自分はカードコレクターでもあるので
5~6種類のサイズのスリーブを持っていて使い分けているんですが
この手のキャラグッズ的なカードで名刺サイズなのはちょっと珍しいですね。
贈答品ギフト等を多く手がける百貨店ならではのサイズ感覚かもしれません。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ, カレー, ゲーム

くぅ~疲れましたこれにて完結です!

 20170904-1.jpg

というわけでちまちまと進めていたブラウザゲーム
『艦隊これくしょん -艦これ-』の2017年夏イベント
「西方再打通! 欧州救援作戦」をようやくクリアしました。
自分が本格的に艦これを始めたのは2015年末と比較的遅く
とにかく艦娘コンプを第一目標にしているので難易度はもちろんです。
っていうか丙以外を選んだことがありません。

ちなみに最後のE7ラストはこんな感じの編成でした。

 20170904-2.jpg

 20170904-3.jpg

一航戦+装甲空母3人が全員Lv99になっており
無駄な経験値をあげたくなかったのでAquilaや雲龍型を投入、と
何だか舐めプレイっぽくなってしまいましたがとにかくクリアです。
よく考えたら支援も出してませんでした。
遠征できなくなるからアレ嫌いなんですよ。

さすがに2年近く続けているので
丙ならそれなりに余裕を持って攻略出来るようになった気がしますね。
今の戦力なら頑張れば途中までは甲、最後も乙で行けるかもしれませんが
そこまでやり込む気力がないので今後もイベントは丙でやる予定です。
このくらいの難易度が一番自分に合っています。

そんなこんなで新艦も全員ゲット、
更にこれまでのイベントで手に入れられなかったグラーフやローマも
来てくれたので大満足。自分の中では完全勝利です。
一番キツかったのがE1の狭霧さんでした。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ, ゲーム

ここ最近は値段の安さや手軽さ、
販売サイトのポイント、クーポンなどの特典もあり
ダウンロード版のゲームを購入することが多かったんですが
久しぶりにパッケージ版のPCゲームを購入しました。

 IMG_20170829_231343s-.jpg

先日8/25に発売となった『ことのはアムリラート』です。
もちろん限定版+予約特典付きです。

いやーもう本当楽しみにしてたんですよこれ。
あらすじを読んだだけで自分の中で超どストライク。大好きなんですこういうの。
主人公の女の子が都市伝説的な異世界で女の子とひゃっほい!

そして本作『ことのはアムリラート』の大きな特徴が
作中で登場する異世界語が実在する人工言語、エスペラントであり
学習ソフト、教養ソフト的な要素を組み込んでいるところ。
異世界モノでは「言葉が通じない!」というのはあくまでも導入部で
ご都合主義的な設定で解決してしまうことが多いですが
そこを作品のメインに持ってきたのはある意味英断、といった感じですね。
エスペラントは確か学生時代に
比較文化学だか文化人類学だかの講義で出てきたような気がしますが
まあ全く覚えていないので知識ゼロでがんばります。

ちなみに「異世界で言葉が通じず右往左往するゲーム」と言われて
自分の中で最初に浮かんでくるのは『永遠のアセリア』です。
シリーズの続編はもう出ないんですかね……?

そんなこんなで話が逸れましたが
『ことのはアムリラート』はとにかく発売前から
すごい楽しみにしていたゲームなので
思いっきり楽しんでいきたいと思います。

通常版で4000円、限定版でも6000円と
パッケージソフトとしてはやや低価格帯なので
ボリュームがちょっと不安なところはありますが
そこのところはどうなのかなあ、と。

あ、それと箱の厚さにちょっと余裕があり
予約特典CDやポストカードがそのまま収納出来るのが地味に嬉しいですね。
やっぱり全部ひとまとめにして保管しておきたいので。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム

何だか無性に昔ながらの正当派のRPGをプレイしたくなったので
「イースI&IIクロニクルズ」のダウンロード版を購入しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イースI&IIクロニクルズ / 販売元:日本ファルコム株式会社
価格:2700円(税込、送料無料) (2017/7/27時点)

PSP版のベタ移植ということで解像度の低さが叩かれている作品ですが
そのあたりに目を瞑れば今でもしっかり遊べる名作ARPGです。
Steamで購入出来る他言語版は高解像度だという話も聞きますが
やっぱり日本語でやりたいのです。
「II」のオープニングムービーの圧倒的なクオリティは色あせないです。

そんなわけでさっそく「I」からプレイ中。
十数年ほど前に「エターナル」をプレイした記憶はあるんですが
内容は完全に忘れてしまっているので
新鮮な気分で半キャラずらしに勤しみます。

そして「クロニクルズ」の売りの一つが
エターナル版と選択可能な完全新規グラフィック。

 20170727.jpg

うん……うん?
えーともちろん悪くないです。かわいいです。
特にレアさんは旧版より好みです。

ただこの手のリメイク作のキャラデザの宿命というか
アニメ寄りの塗りで「美人系」から「可愛い系」になってしまっているのが
少しばかり引っかかるなあ、と。

このあたりの違和感はPCゲーム『痕』や『雫』の
リニューアル版をプレイした時と同じ気分ですね。
極端なアレンジや外見の改変が入っているわけではないですし
現代的になりながらも旧キャラの特徴をよく掴んでいるはずなんだけど
何となくどこか物足りないというか何というか。

いやーそれにしても「イースI」のゲームバランスは
やっぱりいろいろとアレですね。
ダームの塔突入時点でシルバー装備+レベルMAXが
ほぼ強制させられているようなバランス調整なので
その後はRPG的な成長要素がほぼゼロ、というね。
もうちょっと余裕というか遊びの要素が欲しかったなあ、と。
まあ謎解きメインのACTと考えてしまえばいいんですが。

あ、ちなみに「III(フェルガナ)」以降のシリーズは
今のところプレイ予定はありません。
奥行きのあるジャンプアクションが苦手なんですよ……。
どうにも距離感が掴めなくて。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム

定期的に行われている艦これとローソンのコラボキャンペーン。
本日7/18よりその第3回目(アニメも含むと5回目かな)となる
「艦これ 鎮守府夏祭り 二〇一七(フタマルヒトナナ)キャンペーン」が
開始ということでさっそく近場のローソンを回ってきました。

 20170718-1.jpg

やったぜ。
今回は古鷹さんがいるのが非常に嬉しいです。
黙って古鷹さんかわいいって言ってりゃいいんだよ。

今日は通勤・通学の時間帯がちょうど雨模様だったせいか
昼頃でも余裕をもって買えた感じですね。
お菓子も含めてかさばらないアクリルチャームが
ちらほらと無くなっていた感じかなあ、と。

カップ麺は相変わらずカバンに優しくないんですよ……。
今回は袋麺があるぶんかなり親切になった気はしますが。

 20170718-2.jpg

というわけで今回も自宅の菓子とカップ麺のストックが一気に増えました。
まあちょこちょこと食べてるといつの間にか無くなっているもんです。
チョコだけに(激うまギャグ)。

あ、それと長波サマおにぎりはかなりボリュームがありますね。
コショウが強めで本当に炒飯をそのままおにぎりにした、って感じです。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ, ゲーム