昨年の劇場公開から始まり動画配信サービス「Netflix」での独占配信に
Blu-rayの発売も決定、などの動きが続いているサイボーグ009の最新アニメ
「CYBORG 009 CALL OF JUSTICE」の公式ノベライズが発売。
コミカライズも月1で連載中ですし
アニメ、漫画、小説がそれぞれ発表されて
「009 RE:CYBORG」同様のメディアミックスをしている感じですね。

この手のノベライズは脚本家がそのまま筆を執ることが多いけど
今回はホラー小説やSF小説を多く手がけている作家、牧野修氏が執筆ということで
ちょっと違った雰囲気になるのかなあ、と。

 20170306-1.jpg

いやー何だかんだで関連書籍も全部買っちゃってます。
ぶっちゃけ最初は「地元で上映するんだしせっかくだから」
くらいの気分で観に行ったんですが
今ではすっかりお気に入りの作品です。
そうそうこういう娯楽作品でいいんだよ。バトルアニメでいいんだよ。

そんなわけで「CALL OF JUSTICE」の小説版ですが
あくまでもノベライズと言うことでストーリーはアニメそのまま、
細かい比較はしていませんがセリフ回しもほとんど同じ、という印象です。

ただプロローグとエピローグが人間キャラ、五十嵐の回想で描かれており
更に彼が「機械化手術で腎不全を治癒した」という
設定になっているのが特徴的なところ。

アニメは監督インタビュー等で語られているように
「加速装置とは何ぞや?」ってところがテーマになっているんですが
小説では最初と最後を人間・五十嵐の視点で描くことで
・肉体を少しずつ機械化していったらどうなるのか?
・人間とサイボーグの違いはどこから始まるのか?
・人工物による病気や怪我の治癒が進むとどうなるのか?
などなどの疑問を提示して
もうちょっとテーマを普遍的なものにしている感じなんですね。
小説版のオリジナル要素は正直この部分だけなんですが
非常に興味深いところです。

また読んでいて引っかかったというか気になったのが
007=ブリテンが徹頭徹尾「GB」という表記をされていたこと。
映画本編でも007は「GB(ジービー)」と呼ばれていましたが
あんまりこの呼び方には馴染みがないんですよね。

で、ちょっと調べてみたところ「GB」というのは
平成版アニメを英語吹き替えした時の呼び名みたいなんですよ。
今回は海外資本の「Netflix」で配信がされているし
「GB」表記にはそのあたりの事情が絡んでいるというか
最初っから海外向けを意識しての呼び方だったのかなあ、と。
確かにステレオタイプなネーミングというか思いっきり国名なので
英語圏の人にとっては違和感があるのかもしれません。

そんなわけでプロローグとエピローグを除けば
コミカライズ同様に原作アニメに忠実だった
今回の小説版「CALL OF JUSTICE」。
個人的には少々肩すかしというか
良くも悪くも脚本っぽい「いかにもなノベライズ」になってしまっていたので
もっと普通の小説寄りの文体で書いてほしかったなあ、と。
せっかく本業の人を呼んでいるんだし。
アニメをそのまま文章にしたって面白くないんですよ。ええ。

 20170306-2.jpg

あ、それと背表紙に妙なインパクトがありますねこの本。
なんだこの009推し……。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ映画, アニメ・漫画, サイボーグ009

『サイボーグ009』の映像化50周年の節目に公開された
最新アニメ『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』の最終章となる第3章が公開。

全3章の作品も今回でついに完結、ということで
「人類強制進化計画」による人類に迫る危機、超スピードの宙間戦闘、
チート的な能力を誇る黒幕・エンペラーとの最終決戦まで
まさに90分ノンストップの総力戦。

そしてエンペラーとの死闘、加速の果てに迎える
唐突にして圧巻、喪失感の漂うクライマックスにはただ圧倒されるばかり。
うわーそう来たかー。すごかった。(小並感)

面白かったとか楽しかったとかいうのは良くありますが
「とんでもないものものを観てしまった」と感じたのは本当に久しぶりです。
ありがとう本当にありがとう。そしてさようなら。

事象の地平を超えた先にある真っ白な世界、というのは
どこかで観たことあるなあ、と思っていたら
『トップをねらえ2!』のクライマックスですねあれ。
『サイボーグ009』の加速装置を現代SF的ガジェットでインフレさせると
そういうスケールになってしまうんだなあ、と。

というわけで全体を通してみてみると
加速装置を軸としたストーリー展開としたことで
これまでの作品群と比べると009の主人公性が強調されていた、という印象。
『サイボーグ009』は9人+αの全員が主人公、という
群像劇的的な性格が強い作品だと思うんですが
本作『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』に関して言えば完全に009が主人公です。

ただジョーの主人公性が強調されたあまり
最終決戦では物語的にも戦力的にも「009とその他大勢」になってしまっており
そのあたりは痛し痒しかなあ、と。
ドラゴンボールの「悟空早く来てくれー!」みたいな感じで
「ジョー早く加速してくれー!」みたいなセリフが出てくるんですよ。マジで。

そしてもう一つ本作の009の主人公性を強調させていたのがその覚悟の強さ。
「加速装置による孤独」を描いた作品には
傑作と名高い短編エピソード『結晶時間』がありますが
『結晶時間』での009は止まった時間での孤独に耐えられず
「人もサイボーグも一人では生きられない」という結論を出していたのに対して
本作の009は加速の果てにある何もない世界、永劫の孤独を
「これが僕の使命だから」と完全に受け入れてしまっているんですね。

あそこで本作の009は真の意味で人間を超えてしまったというか
「ブレスド」とは別の形での神様になってしまったと思うんですよ。
機械の体を持ち、その心までも人間を超越してしまった。
本当に行き着くところまで来てしまった、という喪失感です。
対比する形でエンペラーが一気に情けなくなっちゃったのは仕方ないですね。

ちなみに第2章までを観た時点ではエンペラーの正体は
加速の果てに3000年を逆行した別の時間軸の009」だと思っていたんですが
別にそんなことは全くない他人の空似でした。
まあ最後に「仮面が外れるけど顔は見せない」という
思わせぶりなシーンがあったので
作中で語られていないだけで制作スタッフ的には
何らかの形で009との関係性を持たせているのかもしれません。

というわけで娯楽作品としてヒーロー性を強調しつつ
絶妙なバランスで現代SF的な要素を加えて見事に完結した
本作『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』。
面白かったー、と素直に言える作品です。映画館で観てよかったです。

スタッフロール後のアレをどう捉えるかは別として
ストーリー的にはもうこれで完全に終了。
「これもう続き作れないじゃん」的な感じですが
またいつか『サイボーグ009』の新作アニメが作られる時には
「前にはこんな事件もあったよね」程度に本作のストーリーに触れつつ
何事も無かったかのように全員揃っているような気もします。
『009 RE:CYBORG』と『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』の関係もそうでしたし
世界が求めるのならサイボーグ戦士たちは何度でも蘇るのが世の常なのです。


あ、それとWEBコミックサイト「コミッククリア」でのコミカライズも
第3章の公開に合わせて12/9より本格連載開始ですね。

CYBORG009 CALL OF JUSTICE
https://www.comic-clear.jp/comic.aspx?c=62

『009 RE:CYBORG』のコミカライズは数年をかけて映画を忠実にマンガ化、
『サイボーグ009vsデビルマン』のコミカライズは
両者が戦うというエッセンスのみを残した完全オリジナル作品でしたが
本作『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』は今のところ映画そのままだなあ、と。
月刊掲載みたいですしこのペースだと年単位の作品になりそうです。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ映画, アニメ・漫画, サイボーグ009

全3章を2週間ごとに公開、という形式で上映中の映画
『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』の第2章が公開。

ストーリー的にはちょうど中盤、ということで
敵「ブレスド」たちの後手後手に回る状況がずっと続いていたり
細かい謎解きや状況説明に尺が割かれていたりと
第1章に比べるとちょっと外連味やカタルシスが薄れて
落ち着いた展開だったなあ、というのが正直な印象。
特に戦う相手が人間(ガーディアンズの機体)中心だったため
第1章の異能バトルっぽさが感じられなかったのは残念なところ。

とは言えそのぶん作品のテーマにがっつりと踏み込んだストーリーになっており
009と003が一度力を失うことで
・「戦えない」ことと「戦わない」ことの違い
・力を失ったら戦わなくても良くなるのか?
という部分を分かりやすく描いているのは特筆すべき点。

そして「力が欲しい」と願った009により
加速装置で時間が逆行していくシーンは第2章の最大の見所。
第1章の感想では加速装置が光速を超える可能性について書いたんですが
あのシーンはまさにその瞬間だったんじゃないかなあ、と。

そしてブレスドたちの「人類強制進化計画」について明らかになり
黒幕である「エンペラー」もついに登場。
彼が「もう一人の009」のようなキャラデザインで描かれ
演じるのがTVシリーズ2期で009を演じた井上和彦氏なのは
単なるファンサービスなのか作中で何らかの意味があることなのか、
というのは気になるところ。

自分は世代的には平成版「サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER」になるので
井上和彦氏が009を演じたTVシリーズ2期には思い入れはあまり無いんですが
(そもそも2期放送の79年~80年にはまだ生まれてないです)
OPテーマ「誰がために」の知名度もあって
やっぱり009アニメと言えばTVシリーズ2期になるんですかね。

ともあれ今週末に公開の第3章で
『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』もいよいよ完結。
9日は休みを取ったので初日に観に行くつもりです。
いやー楽しみ楽しみ。

あ、それとCGですが第1章に比べるとスタッフが慣れてきたのか
かなりこなれてきた(粗い部分の誤魔化しかたが巧くなった)感じですね。
特に後半は夜間の侵入作戦ということで光の使い方がすごい巧みでした。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ映画, アニメ・漫画, サイボーグ009

現在上映中の「サイボーグ009」の劇場アニメ最新作
『CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章』を観てきました。

神山健治監督&Production I.Gによる3Dアニメ作品ということで
2012年に発表された同監督による『009 RE:CYBORG』のように
アクションよりも心象重視の小難しい作品になるのかなあ、と
ちょっと身構えていたんですが
すごくいい意味で予想を大きく裏切られてしまった感じです。

いやーびっくりするほど分かりやすい娯楽作品ですね今回。
本当理屈抜きで面白かったです。もう大満足。

かつての『009 RE:CYBORG』のキャッチコピーは
「終わらせなければ、始まらない」でしたが
内面的・無意識的な部分に吹っ飛ばして
「サイボーグ009」という作品を一度終わらせたことで
逆にエンターテイメントの原点に立ち返ることが出来たのが
本作『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』なのかなあ、とも思ったり。

また90分×3章と尺に余裕があることもあって
サイボーグ戦士たちの紹介から誕生編~ヨミ編の流れ、
『009 RE:CYBORG』で起こった事件にまで簡単に触れられており
ちょっとわざとらしい部分はあったものの
導入部が非常に分かりやすくなっていたのも印象的。
白黒+2D+3Dの融合で過去エピソードを見せる手法は王道でいいですね。

そして謎の敵「ブレスド」が攻めてきてからの展開は
熱量操作に空間支配、といった神のごとき能力を持つ敵を
サイボーグ戦士たちが知恵とチームワークで迎え撃つ、という
「まさにこんなアクションが観たかったんだよ!」なシーンが目白押し。
『009 RE:CYBORG』は009と002の確執が長引いていたりと
全員が集合して戦うシーンがほぼ皆無だっただけに非常に嬉しいです。
「農場のおっさんがプカプカ浮かびながら雷を落としてくる」
というのは見方によっては非常にシュールな画なんですが
しっかりと迫力のある画面になってるのはさすがだなあ、と。

というわけで問答無用の面白さとワクワク感を味わうことが出来た
『CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章』。
いやーここまで純粋な娯楽作品に徹してくれるとは思ってませんでした。
ぶっちゃけ予算はかなり少なかったのか
CGはかなりしょぼかった(正直PS~PS2レベルのシーンもあります)んですが
そんなことが気にならないくらいのスピード感で
ダイナミックな戦闘シーンをしっかりと魅せてくれた感じです。
あと003がかわいいので全部許せます。

そんなこんなでこれから第2章、第3章と続いていくんですが
第1章で自分の中のハードルが思いっきり上がってしまったので
ちゃんと期待に応えてくれるのか? というのが不安だったりも。
尻すぼみにならないでくださいよー本当に。

そして第1章で気になったのは
「加速装置では雷を超えられない」という描写があったところ。
各所の監督インタビューなどを読むと
本作は加速装置がストーリーの鍵を握っているようだし
完結編「Conclusion God’s War」の意識加速のように
最終的に加速装置が進化を遂げて
光速を超えていくようになるんじゃないかなあ、と。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ映画, アニメ・漫画, サイボーグ009

融合した新たなる世界で遂にサイボーグ戦士たちとデビルマンが手を組んだ
『サイボーグ009 VS デビルマン -BREAKDOWN-』の第10回となる
「ACT-5 融合 (後編)」が更新。

 

というわけで全1巻の単行本の発売も正式にアナウンスされ
堂々の最終回を迎えた『BREAKDOWN』。
原作では戦って戦って戦い抜いて死んでいったデビルマンと009たちが
「戦わないことを選択する」ことで予測不可能な新たな歴史が刻まれていく……
というのは何だかしんみりするものがあるね。

そして何と言っても盛り上がるのは
無差別合体の混乱を防ぐために現れたサイボーグ戦士たちの頼もしさ。
原作では多勢に無勢で敗れたデビルマンだけに
もしあの時に仲間たちがいれば……というifストーリーは嬉しいなあ。
欲を言えば001とサイコジェニーの超能力対決など
両作キャラのそれぞれの能力を活かした戦闘シーンが見たかったところ。

あ、ただ「半分機械だから悪魔と合体しない」というのは
ちょっと引っかかった部分です。
アニメ本編では了が009のことを「機械と合体したデーモン」と誤解していたし
石川賢氏が『ネオデビルマン』で描いたアギラ
(悪魔特捜隊の兵装なども吸収した巨大な龍のデビルマン)のような先例もあるので
唐突に出てきたあのセリフだけではちょっと説得力に欠ける感じ。

そんなこんなで黒幕である雷沼教授&マユミの正体もしっかりと明かされ
「俺たちの戦いはこれからだ!」というある意味お約束のラストながら
しっかりとストーリーは綺麗にまとまった感のある『BREAKDOWN』。

ただやっぱり全1巻という尺の短さがネックになっているというか
後半はストーリーを進めることだけが中心になりすぎて
ジョーたちがいつの間にか全てを理解し協力者となっているところなど
細かい部分の展開が唐突で不自然な部分も多かったのだけは残念だなあ、と。

ところで「THE END」のはずなのに3/9に次回更新ってなってるんですよねこれ。
ちょっとしたエピローグ的な話がまだあるってことでいいのかな。

※2016/3/13追記
結局3/9には更新されませんでした。
単なるミスだったのかな……。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

サイボーグ009vsデビルマン, アニメ・漫画, サイボーグ009