前編の感想はこちら

「機動戦士ガンダムAGE」のストーリーを補完するOVA「MEMORY OF EDEN」の後編。
約75分でラストまで消化しなければいけないということもあり
いきなりノートラム決戦だったり説明なしにミューセルが出てきたり
キオ編に至っては「戦闘記録を見るゼハート」でほぼ済ませてしまっているという
超ぶつ切り展開。さすがにもうちょっと尺欲しいわ……。

……というわけで最初の45分は正直微妙だったんだけど
ラストの30分、イゼルカントの意思をゼハートが受け継ぐところからの流れは
そこまでの退屈さを吹き飛ばすほどの展開。やべえ超面白いわこれ。

特に視点がアセムからゼハートに移ったことで
TV版で「イゼルカントの狂気に呑み込まれた」ようにしか見えなかった彼の本心が
「死んでいった者たちが信じたものを無駄には出来ないから」と
はっきりと明示されたのが大きな違い。
ああなるほど、こういう考えしてたのかゼハート……。
「死者のために躍起になり更に死者が増えていく」という負のスパイラル。絶対的矛盾。
「前に進むしかない」と連呼しながら死者=過去のことしか見えていないという皮肉。
そりゃあ泥沼になって狂っていくわ。
っていうかこういうのをちゃんとTV版でやってくれれば良かったのに。

そしてガンダムAGE-2ダークハウンドとガンダムレギルスの最終決戦はまさに圧巻。
TV版も終盤は質の高い作画を見せてくれた「ガンダムAGE」だけど
本作ではそれが更にパワーアップしており
超スピードの戦闘シーンには大満足。やっぱりロボアニメはこうじゃなきゃ。

またTV版からカラー変更となったレギルスは
単なる「ガンダムのライバルキャラ=赤」というお約束以上に
「死んでいった者たちの血に染まったゼハート」を体現しているのが上手いところ。
最終決戦では各部のパーツが翼や尻尾のようになり
どんどん「悪魔的」なフォルムに変容していくし
冷凍冬眠を繰り返して変わらない姿のまま時を経たゼハートと
すっかり壮年に姿が変わってしまったアセムも
そのまま「過去に囚われている」ことと「次の時代を見据えていること」の違いを
表しているんだよなあ、としみじみ。

というわけで本編以上に迫力のある戦闘シーンや細かい演出など
思っていた以上に楽しめた本作「MEMORY OF EDEN」。
何よりアセム学園編とラ・グラミス最終決戦がほぼ新作っていうのが良かったわ。
もっと早く観ておけばよかった。

しかしこれ総集編じゃないよなあ……。
「MEMORY OF EDEN」単体で「ガンダムAGE」の全体のストーリーを理解するのは難しいし
あくまでもTV版の補完というか副読本的な位置付けなんだよね。
そういう意味じゃTVシリーズ全49話を観ないとちゃんと楽しめないわけでうーん勿体無い。
「MEMORY OF EDEN」とは別に気軽にストーリーを把握できる
総集編OVAがあってもいいんじゃないかなあ、と思ったり。
そのあたりはやっぱり商業的な問題になるんだろうけど。

   

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, 機動戦士ガンダムAGE

「機動戦士ガンダムAGE」のアセム編以降のストーリーを
アセムとゼハートに焦点を当て再構成したOVA「MEMORY OF EDEN」。
へーこんなの出るんだ、新作部分は気になるなあ……と思いつつスルーしてたんだけど
最近見る機会があったのでようやく視聴。久しぶりだねガンダムAGE!
っていうか2時間半の本編をわざわざ2枚組にしてるのが一番の驚きだったり。
映像特典も特にないみたいだし意味あったんだろうかこれ。

というわけでフリット編は吹っ飛ばしてアセム編からいきなり始まる本作、
最初の45分はほぼ完全新作になっており
アセムとゼハートの出会いやMSクラブへの加入の過程などもTV版から大幅に変更。
結果としてアセム、ゼハート、ロマリーを中心とした「青春部活学園モノ」として
かなり分かりやすい構成になっているなあ、というのが正直な感想。
合宿中のケンカとか浜辺でぶん殴るシーンとかニヤニヤしっぱなしだったわ。
いやあこういうベタベタな古臭い演出大好き。どこのテイルズオブリバースだよ。
学芸会でアセムが海賊役をやってるような細かい伏線もいい感じ。

また新ウェアのAGE-1ソーディアは騎士っぽい出で立ちだと思っていたら
初出がゲームだったのねこれ。確かにそんな感じだわ。
接近戦でMSの腰に一瞬「捻り」が入るのは「ガンダムAGE」独特の演出だよなあ、と
TV版を思い出して妙に懐かしい気分になったり。

そんなこんなでアセム卒業+ゼハートの正体バレまでは
ほぼ全編作り直しで大満足だったんだけど
それ以降は基本的にTV版のぶつ切りで目新しいところもなく
思いっきり駆け足になってしまっているのが残念なところ。
やっぱりAGE-2はいつの間にか完成してるしキャラ同士の交流もほとんどないし。
フリット編を経てない「MEMORY OF EDEN」単体じゃ
ミレース艦長やウルフ隊長もぽっと出のキャラになっちゃってるし
アリーサ以下のクルーとか完全にモブじゃないかこれ。
あくまでもキャラ主体のファンディスクで本筋ストーリーに関しては二の次ってことか……。

そんなこんなでアセム、ロマリー、ゼハートの再会を経て前編は終了。
新作部分がすごい上手くまとまってたから後半は正直微妙に感じてしまったんだけど
尺の問題もあるし仕方ないかなあ、と。

後編の感想はこちら

   

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, 機動戦士ガンダムAGE

勝手に自滅したヴェイガンを助けたらなぜか和解出来たでござる の巻

長きに亘る百年戦争を描いた「機動戦士ガンダムAGE」も
今回の第49話でいよいよ最終回。
今、3つの運命が歴史になる───!!!

そんなわけで全ての人々にとって脅威となる
ヴェイガンギア=シドとの最終決戦が描かれた「ガンダムAGE」の最終話。
ゼラ・ギンスという共通の敵を作ることによって
連邦とヴェイガンの和解が成るという流れはまあ予想出来ていたんだけど
そこまでの流れが悪いというか
・暴走するゼラ
・都合良く襲来するシド
・ピンポイントにピンチになるヴェイガン側の要塞
などの展開が強引すぎて
カタルシスやワクワク感以上にご都合主義と感じてしまうのは何とも。
いや個人的にはご都合主義とかお約束とか大好きなんだけど
それが視聴者側に丸分かりになってるのは嫌だなあ、と。

特にキオの説得によりあっさり心変わりしたフリットには思わず閉口。
ここにきてこれか! 結局最後まで茶番かよ!
「もう誰も死なせない」とゼラもしっかり助けたキオには納得出来るんだけど
ここまで出てしまったたくさんの犠牲についてはもう少し考えてほしいなあ。
キオの考えが手放しで肯定されてしまうのはちょっと違う気がする。

そしてラストのフリット銅像+100年戦争の終結モノローグには爆笑。もとい失笑。
いやギャグでしょこれ! ツッコミ待ちでしょ! だって100年も戦争してないじゃん!
……これ多分「百年戦争」「フリットが英雄となり銅像が建てられる」っていう
語句とシチュエーションだけが先に出来てたんだろうなあ。
この結論ありきで作ってて過程をあんまり考えてなかったから
収拾つかなくなってムリヤリ100年にした感じがぷんぷんと。
そうでもなければこんな矛盾ばっかりのEDは有り得ないわ。

というわけでいろいろ言いたかったり
勿体ないなあ、と思うところはあったりしたけれど
1年間のロボットアニメをちゃんとやってくれたのはやっぱり嬉しかったり。
特に終盤は週1アニメとは思えないほどの作画クオリティで
それを維持したまま最終話まで完走してくれたのには大満足。

ありがとうガンダムAGE! さようならガンダムAGE!
でもどうせやるならやっぱりもっとはっちゃけて欲しかったよガンダムAGE!

   

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, 機動戦士ガンダムAGE

各キャラが最初で最後の見せ場を作りつつ戦死していくという
前回に引き続き戦闘シーンが満載だった「機動戦士ガンダムAGE」の第48話。

優しかったかつてのぜハートを想いつつ戦死するフラムや
アビス隊のオブライトやジョナサンの最期の戦いは格好いいし
ディグマゼノン砲の囮となるディーヴァ、
そしてAGEビルダーにも別れを告げるクルーたちにもしんみり……
ってあれ? AGEシステムもここで廃棄?
普通に考えればビルダー本体はガンダム以上に重要なはずなんだけど
こんなにあっさりと廃棄しちゃっていいものなんだろうか。

しかしオブライトさんも宇宙に出てからほとんど出番がなかったし
第2部からの続投キャラなのにおざなりな扱いだったなあ。
Xラウンダーと互角に戦えるのは長年の経験の賜物だろうし
歴戦のパイロットっぽさ(+レミを想い死に場所を探しているような危うさ)を
もっと表に出してくれれば良かったのに。

そしてアセムとゼハートの戦いにも決着が付きストーリーもいよいよ大詰め。
今回もキオの戦い方のせいで戦死者が増えてるような気がしたけど
結局このあたりの心境が変化することはないんだろうか。
第4部ではてっきり理想と現実の狭間で苦しむキオが描かれると思ったのになあ。

   

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, 機動戦士ガンダムAGE

ヴェイガンとの最終決戦の中で
各々のキャラたちが命を燃やし尽くしていく「機動戦士ガンダムAGE」の第47話。

ラストに向けてどんどんストーリーが加速していることもあり
アビス隊長やゴドム、ディーンの最期を始めとして
見せ場がてんこ盛りだった今回の話。
特に「突起物以外は全部飾りです」と言わんばかりの
未完成MSグルドリンのイカした衝撃的なデザインや
圧倒的な強さを見せたFXバーストモードなどは大迫力。
グルドリンの欠陥を瞬時に見抜いたアビス隊長の格好いい戦闘シーンには
「どうしてこういう見せ場をもっと見せてくれなかったんだよ」と
文句を言いたくなる感じ。
群像劇を観たいのに死ぬ間際にしかキャラが活躍しないのがなあ。

しかしここまで来てもキオは「犠牲を出さずに戦うこと」に拘り続けるのか……。
キオが本気を出さないせいで味方側の被害が大きくなっている
(=戦死者が出ている)部分は間違いなくあるんだろうし
ここまで外道な言動を繰り返していたザナルドすら殺せないというのは
視聴者にとってはカタルシスが足りないどころか
逆にイラッとしてしまうところですらあるんだけど。

   

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, 機動戦士ガンダムAGE