他者を犠牲にする「悪魔の戦争」を主張するザンの卑劣な戦法に苦戦する
アモンが描かれた『デビルマンサーガ』の第105話。

というわけで今回も前回に引き続いてアモンvsザンが中心の展開。
ここ数話はバトル回ということもあってダイナミックな構図が多くていいですね。
アモンとザンが互いの超能力をぶつけ合うシーンなんかが
スピード感があってお気に入りです。

またザンが主張する「無関係の者を容赦なく巻き込んでいく悪魔の戦争」は
『デビルマン』や『レディー』の終盤で描かれた状況そのままですね。
『デビルマン』では疑心暗鬼に囚われた人類が
周りの人々をデーモンと見なして次々と巻き込んで自ら滅びの道を歩んでしまいましたし
『レディー』では自死を選んだ不動長官に代表されるように
神々の戦いに対し「人間の出る幕では無かった」と
無力感に苛まされながら滅びてしまった流れですし。

そしてシレーヌとカイムがアモンに加勢したところで次回に続く。
この3人が協力して共通の敵を倒す、というのは熱い展開ですが
逆に言えばそれだけザンが強いってことですね。
非情になれないアモンの戦い方も一つの要因ではあるでしょうが。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

シレーヌを倒されたことで怒りに燃えるアモンが
ついにザンとの決戦に挑む『デビルマンサーガ』の第104話。

というわけで今回は国軍省内部での戦いに決着がつき
あとはアモンとザンの大将同士の頂上決戦を残すのみ、といった展開。
今回の見所は敗北したシレーヌの勇希=アモンへの愛の描写と
アモンとザンの空中戦の二つになりますが
翼のないザンがアモンと同等に空を飛んでいるあたり
ザンの超能力の強さを感じますね。
落ちた車を巧く下ろした際の「オレにも出来た」というアモンの台詞からも
ザンのほうが超能力には一日の長があることが窺えます。

そして民間人を助けている間に仲間のデビルマン・ラーゴが倒されたところで次回に続く。
ここ数話はとにかくザンの強さが強調された展開だったので
最終的にどうやって倒すことになるのかが気になりますね。
やっぱり奥の手のデビール変身でしょうか。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

国軍省がデーモン・アーマーによる世界大戦の勃発を覚悟する中で
ザンとシレーヌの戦いが繰り広げられた『デビルマンサーガ』の第103話。

というわけで今回は前半がヤマタノオロチの説明、
後半が国軍省での戦いといった流れのエピソード。
中でも格好いいと思ったのが前回変身を遂げたタロー=デビルマン・ライガーの姿。
かつて勇希と共にアーマーの研究に携わっていた彼が
落とし前をつけるようにデーモン軍団に立ち向かう、というのはかなり熱い展開です。

そして戦いの中でシレーヌが危機に陥ったところで次回に続く。
シレーヌの強さを認めて固執するゴーダーの描写などから
ザンの強さはシレーヌと同等なのかと勝手に思っていましたが
今回の流れを見るとザンのほうが圧倒的に強い感じですね。
無印『デビルマン』では結局強さが分かりにくかったザンですが
本作では「魔将軍」の面目躍如といった感じでしょうか。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

国軍省で暴れまわる魔将軍ザンに対し
デビルマン軍団が戦いを挑む『デビルマンサーガ』の第102話。

というわけで今回も前回に引き続き魔将軍ザンの強さを描く展開。
頑丈さが取り柄だったガンゴの首を力任せにねじ切ってしまったりと
今回は物理面での強さが強調されていますね。
前回は超能力、今回は腕力と「あらゆる面で隙のない強敵」なことを
この2話でしっかりと印象付けた感じです。

また貝阪氏と共に帰国したタロー・サンダースが
デビルマン・ライガーへと変身したのも今回の見所。
デビルマン・ライガーは同名のキャラが
「レディー」ではかなり重要な役割を担っていましたが
『サーガ』ではそこまで重要なポジションではなく
ファンサービス的に登場したデビルマン軍団の一人、といった感じですね。
獣に近いデザインだった「レディー」のものに対し
『サーガ』のは元ネタの『獣神ライガー』っぽいヒーロー然としたデザインな感じです。

そして日本の最終兵器、ヤマタノオロチが登場したところで次回に続く。
前回の「すさ」に続いて今回の「ヤマタノオロチ」と
『凄ノ王』からの登場が増えてきたなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

圧倒的な強さで国軍省に攻撃を仕掛ける魔将軍ザンの姿が描かれた
『デビルマンサーガ』の第101話。

というわけで今回はついに動き出した敵の大将、魔将軍ザンの強さを
これでもかと見せつける展開。
ゴーダーの性格などもあって強引な力押しの物理キャラかと思いきや
今回は超能力での広範囲攻撃が中心の戦闘描写でしたね。
パワーもあって超能力も強い、となるとかなりの強敵な感じです。
見開きページも迫力満点でよかったです。

そして海上で日本と中国との艦隊が接近しつつあるところで次回に続く。
日本海軍の要であるという空母「すさ」は『凄ノ王』からの引用かなあ、と。
「凄ノ王」は『Zマジンガー』でも戦艦として登場していましたし
永井豪先生のお気に入りの設定なのかもしれませんね。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系