前作「Q」から9年、第1部「序」から数えれば14年、
そしてTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』から数えれば26年という時を経て
ついに全てのエヴァンゲリオンに別れを告げる
新劇場版シリーズの完結編『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』が公開。

前作「Q」の感想はこちら。

映画 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 感想
https://tktkgetter.com/blog-entry-512.html

いやーもう感無量というか寂寥感というか半信半疑というか
さっさとケリをつけてくれと思いつつ終わるのが想像できないというか
小学生の時に当時のエヴァブームをリアルタイムで体感し
旧劇場版に行列を作っていた身としては思い入れもひとしおなわけですよ。
20年以上前にエヴァ劇場版に並んでいた小学生が
今ではエヴァ劇場版に並ぶような立派なオタクになりました! 的な。
まるで成長していない……。

そんなわけで今回は完結編ということもあって上映初日に鑑賞してきたわけですが
いやー予想以上に手堅くまとめてきたというか
思っていたよりも旧劇場版の要素が強かったというか
そういやこれリメイク作品だったんだよなー、と今さらながらに感じた作品でしたね。

個人的には全くの別物のストーリーになるのを予想(期待)していたんですが
蓋を開けてみれば黒き月や巨大綾波のビジュアル、
補完計画の発動によって光の十字架が世界を埋め尽くす描写など
ストーリーのみならず演出やデザイン面も含めて
かなりの部分が旧劇場版を彷彿させるものになっていた印象。
恐らく庵野監督の意図としては
「旧エヴァをなぞりつつそれを超えたものにする」
「旧エヴァが90年代後半のアニメの流れを”なんちゃって思弁性”
(あえてこういう表現をさせて頂きます)にしてしまったことに対して落とし前をつける」
というのがあるんじゃないかなあ、と。
「自分がしてしまったことの落とし前をつける」というのは
劇中でシンジが何度も口に出している言葉でもありますし。

で、旧劇場版を超えるために本作で追加された要素は何かと言うと
終盤にゲンドウによって語られていた「メンタルとフィジカル」の関係ですね。

「旧劇場版」では全てがメンタルの中で決着してしまったというか
初号機が出撃したと思ったらすぐエヴァシリーズに捕らわれてしまい

シンジが立ち直ることもなくなし崩し的に発動した補完計画の中で
否応なしに人類の未来を選ばなくてはいけなくなって
他人に傷つけられるのは辛いけれどそれでいい、と
悩んだ末に自分と他人が存在する世界を選んだものの
やっぱりアスカにどう接していいか分からず
彼女の気を引くためにとりあえず首を絞めてみたら「気持ち悪い」と言われて
やっぱりコミュニケーションって難しいやHAHAHAHAHA

というラストを迎えていたわけですが(暴論)

本作「シン」は前半でシンジが立ち直る部分をしっかり描いて
後半においても要所要所にアクションシーンを挿入することで
メンタル的な部分に終始してしまった「旧劇場版」に対し
フィジカルというかカタルシスをしっかり描いて
旧作よりもエンターテイメント性を高めようとしていたところがあるなあ、と。

そういったこともあってシンジが立ち直るまでの前半部分、
第3村での穏やかな生活に大きなウエイトが置かれていたのも印象的。
「精神的に追い詰められていくシンジが
カヲルの死によってその心にトドメを刺されてしまう」という
TVシリーズ終盤の大まかなエッセンスを残したまま
作中時間の経過や新キャラクターなどの追加によって
ある意味突き放した感のあった「Q」と比較してみると
「シン」の前半部分は「Q」に対する「再生」あるいは「癒し」みたいなものを感じますね。

「Q」はヤリでヤリ直そうとして失敗するまでの物語、
「シン」の前半はシンジをシンジる人たちによって再び立ち上がる物語ってことですね。
はい。

「Q」と「シン」にあたる新劇場版の第3部と第4部は
初期の構想では同時公開を予定していたことですし
「両作品が対になるようにしよう」という認識があったのは
間違いないんじゃないかと思います。

その点で言えば「Q」から「シン」まで9年もかかってしまったのが
一番の誤算だったんじゃないでしょうか。
対比すべき本作「シン」が間を置かずに上映されていれば
賛否両論だった「Q」の印象もかなり変わっていたと思いますし。

そんなこんなでシンジの心の機微などをしっかりと描くことで
後半のシンジとゲンドウの決着、
そして全てのエヴァンゲリオンを終わらせるラストへと繋がっていくわけですが
いやもう終盤は本当感動モノですよ。
このあたりは自意識過剰気味になってしまうところもあるんですが
正直「シン」の後半を完全に受け止められるのは
「旧劇のエヴァブームをリアルタイムで体験してその後も面倒くさいオタクであり続けた」
自分のような人間だけじゃないかと思うんですよ。
いやもう終盤で「NEON GENESIS」の語が出てきたところで泣きましたよ。
あれだけ「旧劇場版から居座っている面倒臭いオタク」を忌避していた庵野監督が
こんな分かりやすい形でファンサービスをしてくれたんですよ。
もう本当におめでとうおめでとうありがとうですよ。
あとロング綾波がたいへん可愛いです。

まあ歩み寄ってきたと思ったら「お前ら現実見ろよ」とばかりに
リアリティでぶん殴ってくるあたりが監督の監督たる所以なんでしょうが。

終盤になるにつれて補完計画による新世界の創造が
「虚構と現実」という言葉で表現されるようになり
最後のエヴァが「イマジナリー」と呼ばれていたことを考えても
本作「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」は
「エヴァンゲリオンというイマジナリィの産物」に決着をつけて
リアリティの世界へと帰ってくるための物語だったんじゃないかと思うんですよ。

何はともあれ旧劇場版リアルタイム世代としては
思いのままにいろいろと書き殴りたくなるわけですが
「何だかすごいものを見てしまった……」と思いつつも
「面白かった」とはっきりと言えるのはエヴァならではの感覚だと思います。

いやーでもやっぱり4本の映画に足掛け14年は長すぎましたね。
2000年代あたりからのエンタメ界隈の問題点の一つとして
ユーザーの年齢層が上がったせいか
「あまりにも長いスパンの物語が許されるようになってしまった」
ことがあると思うんですよ。

まあ終わり良ければ全て良しというか
漫画やライトノベルの新人賞などでよく言われていた
「物語は完成させるのが難しい」「未完成のものは話にならない」
なんてのが古い考えになりつつあり
ある意味「終わらないでいつまでも続けられる作品」が
求められるようになった閉塞感もある中で
エヴァ新劇場版が「これで完結!」としっかりとケリをつけてくれたのは
非常に嬉しいことでもあるのです。

そんなこんなでいろいろ話が飛んで
結局わけの分からない文章になってしまいましたが
ありがとう本当にありがとう。
さようなら全てのエヴァンゲリオン。

 

コメント (2) | トラックバック (0)

アニメ映画, アニメ・漫画, 映画

1月の劇場公開からずっと待ち望んでいた
「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」のブルーレイが先日8/8についに発売、
ということで予約していた自分のところにも無事に届きました。

 IMG_20180811_133531s-.jpg

購入したのはもちろん定価2万円(実売1万5千円前後)の初回限定版。
映画本編が非常に面白かったので迷わずこちらを購入しました。

ただ「通常版よりも約1万円高い」と考えると
ちょっぴり物足りない部分もあるなあ、というのが正直なところ。
通販サイト等では豪華特典10点と紹介されていますが
ジャケットやケースを1つずつ計算していて水増し感があったり
映像特典がわずか8分というのもまるで時代に逆行しているようなストイックさ。
これ個別のDiscにする必要ありますかね……?
まあぶっちゃけ特典の目玉が「アナログレコード」である時点で
内容よりもファンアイテム的な性格が強いのは分かってました。はい。

とは言え各種ジャケットの描き下ろしイラストはどれも格好いいですし
設定資料や各種インタビュー、描き下ろし小説などが
収録された2冊のブックレットはしっかりと読み応えがあり大満足。
シローを主人公とした小説は雰囲気的に
もともと「インターバルピース」の1エピソードとして
構想していたものなのかなあ、と思ったり。

そんなわけで値段に見合った……かと言われると
ちょっと言葉に窮してしまうBOXでしたが
アニメ本編の面白さは言わずもがなですし
やっぱり「初回限定版」の響きには抗いがたいものがあるのです。

  

それと来月発売予定のCDが
以前に出たサウンドトラックの「増補盤」の位置づけになっており
サントラ未収録の曲がしっかりと入っているのに加えて
サントラの特装版BOXに収納可能な紙ジャケット付、というのが非常に嬉しいですね。
こちらはしっかりと「分かってる」仕様になっているので
ブルーレイの特典ももうちょっと頑張ってほしかったです。はい。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ映画, アニメ・漫画, ダイナミック系

セブンネットで以前に予約していた劇場版マジンガーの
「鉄(くろがね)のカード グレートマジンガーver.」が無事に届きました。
これでZとグレートとグレートでトリプルマジンガーです(違)。

 IMG_20180329_134530s-.jpg

デザイン的には以前に販売された
「鉄のムビチケ(グレートマジンガーver.)」と同じですが
こちらはムビチケ機能がついていないただのカード。
いわゆる鉄板です。

「鉄のムビチケ」にかなりの反響があったので
上映開始後でも購入できるグッズとしてニーズに応えた感じですね。
自分も「鉄のムビチケ」の通常版とグレート版を1枚ずつ持っていますが
今回の鉄のカードも思わずファンアイテムとして購入してしまった次第です。
3枚揃うと300g超なのでちょっとしたリストウェイトくらいの重さです。

ちなみに画像の真ん中が「ムビチケ」版で右側が今回の「カード」版。
口のスリットのあたりが分かりやすいですが
個体差なのか今回の鉄のカードのほうが白の印刷がはっきりしている感じです。
シリアルナンバーの字間なんかも違いますね。

「鉄のムビチケ」購入時の記事はこちら。

「劇場版マジンガーZ」の鉄のムビチケを手に入れたよー。
https://tktkgetter.com/blog-entry-1253.html

セブンネット限定の鉄のムビチケ
(グレートマジンガーver.)が届いたよー。
https://tktkgetter.com/blog-entry-1262.html

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ映画, アニメ・漫画, ダイナミック系

というわけでかれこれ1ヶ月近く前の話になってしまいましたが
先月2/7に地元のMOVIX仙台で行われた『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の
応援上映、「大“Z”叫応援上映会」に行ってきました。
こちらが応援上映限定の入場者プレゼントのA4ポートレイトです。

 DVbtkAYVoAA9DyGs-.jpg

自分はこういう応援上映に参加するのは初めてで
公式サイトの指南書を見ながら戦々恐々としつつも楽しみにしていたんですが
いやー蓋を開けてみれば本当に予想外の雰囲気というか
応援上映というイベントの弱点がモロに出ちゃってたなー、という感じでした。

ぶっちゃけて言うと「人が少なすぎた」んですね。
会場の収容人数が278人なのに対し観客は自分を含めて10~15人程度。
しかもほとんどの人がバラバラの座席に散らばっていたので
もう声を出すとかそういう雰囲気じゃ無かったんですよ。
なので普通に観て普通に楽しんで来ちゃいました(鑑賞4回目)。
入場の際も特に説明などはありませんでしたし
特典のポートレイトが無ければ応援上映だと分からないくらいでした。

応援上映は映画鑑賞というよりも一種のイベント、お祭り的な性格が強いので
まず人が集まらなければどうにもならないんだなあ、としみじみ感じましたね。
首都圏ならキャストや制作スタッフが参加するなどのアピールポイントも有り
多くの人を簡単に集められると思うんですがやっぱり地方はそのあたりが弱いですね。
全国開催自体に無理があった……と言ってしまうのはちょっと寂しいですが
人が集まる土壌がないとやっぱり盛り上がるのは難しいと思います。

というわけで思っていたのとは全く違う雰囲気を味わってしまったんですが
観客が少なかったぶん非常にリラックスして観ることが出来ました(本末転倒)。
地元での上映はもう終わってしまったので早くブルーレイを出してほしいですね。

あ、それと平日の17時台という時間もまずかったと思います。
マジンガーの客層は社会人がほとんどだと思いますし
1/30にいきなり「1週間後の平日夕方に応援上映やるよ」と言われて
簡単にOKを出せた人はかなり少なかったんじゃないかと思います。
自分も青森旅行に合わせてタイミング良く休みを取ってなければ無理でしたし
偶然が上手い具合に重なって行けたようなものです。
せめて半月前、欲を言えば1ヶ月前にはアナウンスがほしかった……!
という人はかなりいたんじゃないでしょうか。うーん。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ映画, アニメ・漫画, ダイナミック系

45年ぶりに劇場作品として復活した
「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」が先日1/13よりついに上映開始。
全世界待望の超期待作ということで
さっそく初日の通常版初回上映、4DX版初回上映を連続で観てきました。

 IMG_20180113_142807s-.jpg IMG_20180114_133235s-.jpg

ちなみに売店では各種グッズの他「劇場版マジンガーZ新聞」や
「改訂版マジンガーZ」の単行本が売っていました。
先日発売したばかりの徳間書店版じゃなかったのがちょっと意外です。

そして映画本編ですが控え目に言って最高でした。最高でした。
大事なことなので2回言いました。
そこには観たかったものが全てありました。

いやー本当凄いです。2回連続で観たのに既にもう一度観たくなってます。
予告編ムービーが格好良く試写会等での評価も高かったため
自分の中でのハードルはかなり高くなっていたんですが
そのハードルを軽々と越えていっちゃいました。
生きてて良かったレベルでとんでもないものを観てしまった、と感じます。

可能性によって生まれる多次元世界、AIによる自動運転や3Dプリンタなど
現代的ガジェットを数多く組み込んだ世界観、
そして宇宙の存亡を賭けた観念的な超インフレバトルに昇華しつつも
物語はあくまでもTVアニメ版の延長線上。
で、そのマクロな設定と「家族」を中心としたミクロなテーマを
仲立ちしているのが新キャラのリサ。
アンドロイドらしい合理性と「子供」らしい純粋さで大人の事情に反発する彼女は
敵も味方もいつものメンバーが大集合する中で明らかに「異分子的」に描かれており
前情報からは反発する声もそれなりにありましたが
彼女のような新キャラが必要だった理由は映画を最後まで観ると分かってきます。
TVシリーズの10年後、そして更なる未来を描いた『INFINITY』において
彼女は「未来」の象徴として存在しないといけなかったんですね。

とまあそんな細かい部分はとりあえず置いておいて
本作のメインは何と言ってもマジンガーの戦闘シーン。
ドッタンバッタン大騒ぎのお祭りムードあふれる
ボスボロットのコメディアクションももちろん魅力ですが
機械獣軍団~あしゅら&ブロッケン~地獄大元帥まで
ノンストップで送られるZの戦いっぷりはまさに圧巻。
パンフレットに載っている機械獣リストを見るだけで圧倒されます。
ここまでの長い尺でロボットアクションを見せてくれたアニメは
少なくとも自分の知る限り過去10年~20年レベルでありませんよ。

いやーほんと本作のバトルシーンはアニメ史に残るレベルだと思います。
異形の機械獣軍団をマジンガーが全身のギミックを余すところなく使って突破する
アクロバティックな戦闘シーンには
ロボットアクションの要素が全部入っていると言っても過言ではないと思います。
問答無用のスーパーロボットです。
自分はCGで描かれたロボはあんまり好きじゃないというか
3DCGのロボットアクションはスピード感やカメラワークに優れていても
なかなか重量感を出すのが難しい、というのが不満なところだったんですが
そんな鑑賞前の不安は重厚なSEと劇場クオリティの作画の前に吹っ飛びました。
最新3DCGの凄さを見せつけられました。クルクル掌返しです。

そしてマジンガーのキャッチコピーとして有名な
「神にも悪魔にもなれる」という部分を更に突き詰めていたのも印象的。
このあたりは過去作品では
「神にも悪魔にもならず、1人の人間として正義のために使う」的な感じで
兜甲児をあくまでも等身大のヒーローとして描いていたんですが
本作では更に一歩踏み込んで
「人間が正しいと考えることなんてそれぞれだぞ」という多様化を突きつけられた上で
「神にならざるを得なくなった時、この世界をどうするか?」が描かれているんですね。

これは2回目の上映で気づいたんですが
映画のクライマックス、巨大マジンガーがインフィニティに最後の一撃を放つ際の
光子力エネルギーの最高出力が「56億7000万」って言われてるんですよ。
56億7000万ですよ。弥勒菩薩ですよ。偶然の一致の数字とは思えませんし
古代神であるインフィニティに代わる存在として
マジンガーZが新たに人々を救済する存在となった、的な意味合いが
込められているんじゃないかなあ、と。

また劇場作品ならではの画面の情報量、細かい小ネタの多さも本作の魅力。
OPで愉快に登場する冷奴先生+K君ロボに始まって
車のナンバープレートが「永井50」だったり
上に挙げた「56億7000万」の数字だったりと
背景キャラの演技とか看板の文字とか作中で登場した数字とか
恐らくかなりの部分に何らかの意図が込められているんじゃないかと思います。
上映時間の短さやあまりにも王道すぎるストーリーとは裏腹に
何度映画館に足を運んでも新しい発見があるような気がします。
スポンサーの宣伝のようにわざとらしく挿入される
VAIOやNISSANももはや微笑ましいレベルです。

そして通常版に続いて4DX版も鑑賞しましたがこっちも大満足。
4DXを体験するのは『ガールズ&パンツァー』『艦これ』に続いて3回目ですが
ぶっちゃけ今までで一番動いていたと思います。
後半はほとんど戦闘シーンなのでガッシャンガッシャン大興奮です。
あしゅら&ブロッケン戦でのパイルダー分離~再合体のシークエンスとか
もう気分は「おれはふたたびマジンガーZになったのだ!」てなもんですよ。
ボロットのお尻ペンペンに合わせてフラッシュ焚くような遊び心もバッチリです。

 IMG_20180113_091805s-.jpg

それとなぜか4DXのほうが上映時間が短く表記されていました。謎です。

というわけであまりの興奮に
ネタバレなんて知るか! とばかりにかなりの長文を書き殴ってしまいましたが
もう本当に2回観ただけじゃ語りきれません。
マジンガーの壊れかたが「対暗黒大将軍」のものと似ていたり
インフィニティのシチュエーションがマジンガーZERO(地獄モード)っぽかったり
人類を見限ったら宇宙を破壊してしまうのは
完全にゴッドマジンガー(漫画版)の設定だよなあ、とか
ダイナミック作品好きとして触れていきたい部分はあるんですが
映画館で劇場クオリティのスーパーロボットアニメが観られるという
興奮の前には全てが吹き飛びます。
こまけぇことはいいんだよ!

いやーほんと新年早々こんな凄いものを見せられてしまったら
今後のロボットアニメはどうなってしまうんですかね。
マジンガーZは「原点」にして「頂点」と評されることが多いですが
2018年に復活した本作によって「最先端」にまでなってしまったんですよ。
ああもう全てがマジンガーだよ!(喜)

というわけで最高でした(大事なことなので3回ry)。
ありがとう本当にありがとう。

あ、それと改めて見直すと予告編の作り方が非常に巧みですね。
融解するマジンガーZの描写などが顕著ですが
「あのシーンここかよ!」的なフェイクやミスリードを
多重に練り込んでいるので本編でも常に驚きがありました。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ映画, アニメ・漫画, ダイナミック系