3月よりロングラン上映中の映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」に
一部カットの差し替えや修正を行った「3.0+1.01」版が
本日6/12より上映開始ということでさっそく観てきました。

シンエヴァは初日に通常版を1回、その後にIMAX版で1回観ているので
今回が3回目の鑑賞になります。
まあ3回だけでは「差し替えここかな?」という部分はいくつかあっても自信がないので
ちゃんとした比較は何十回も劇場に足を運んでいるようなガチ勢に任せることにします。
とりあえず中盤に入るアイキャッチはちゃんと「1.01」になっていた……と思います。

いやーしかしアレですね。
3回目ともなると全体のストーリーは完全に頭に入ってることもあって
終盤の旧作映像が出てくるあたりからラストにかけて
「さぁーアニメの時間は終わり終わり、切り上げて行こー!」
って庵野カントクが腕をグルグル回しながら入ってきたような気分になるんですよね。
まあ実際そういう作品ではあるんでしょうが。

そして同じく今日から始まった入場者プレゼントの冊子
『EVA-EXTRA-EXTRA』(通称:シンエヴァの薄い本)も無事にGET。
貞本義行氏が漫画はおろかイラストの寄稿もしていないところには
何だか大人の事情を感じてしまいますが
(貞本氏はシン・エヴァの制作には直接関わっていないようですし)
収録されている漫画「EVANGELION:3.0(-120min.)」は
背景や影の描き方、効果線などをかなり貞本エヴァに寄せているというか
非常にリスペクトを感じる作品になっていますね。
ただ漫画の内容としては文字通りの「(-120min.)」でしかないので
サイトの紹介文にあるような「これまで語られることのなかった前日譚」
あるいは「破とQの空白を埋める物語」などを期待していた場合は
ちょっと肩すかし感もあるような気がしますね。

そして漫画以外の描き下ろし寄稿も
本編のストーリービジュアルやイメージボード的なものから
上映から3ヶ月が経ってネタバレ上等だからこそ出来る
「あったかもしれない世界、これからあり得るかもしれない世界」
を描いた日常系のものまでバラエティに富んだイラストが盛りだくさん。
特に日常系イラストは今後のエヴァの可能性も感じられて何だかほっこりします。
そうそうこういうのでいいんだよ。釣りエンドでもいいんだよ。的な。

A4の大判サイズで下手な映画のパンフレットよりもボリュームがありますし
700円くらいでファンブックとして売られていても納得出来るようなものなので
「え? これ本当に全員サービスでいいの?」って気分になりますね。
まあここまでエヴァを追ってきたファンへのサービスなんだと思って
有り難く戴いておきます。やったぜ。

そんなわけで上映3ヶ月目にして装いを新たに始まった「EVANGELION:3.0+1.01」。
数字だけを見ればバージョンアップ版ということになるんでしょうが
今後発売するであろうBlu-rayなどの収録状況によっては
初期上映版「3.0+1.0」のほうがレアになってくる可能性もあるんじゃないですかね。

エヴァは本放送時から制作スケジュールの混乱などが多かったせいか
とにかくバージョン違いやソフト化での修正や編集がメチャクチャ多くて
「DEATH & REVERSE」のDEATH編(劇場公開版)などは
2015年発売のBlu-rayに収録されるまでは
当時映画館に行った人しか観たことがない幻の作品みたいな扱いをされていましたし。

それにしても今日は土曜日で
恐らく客層がかなり被っているであろう『閃光のハサウェイ』の
公開後最初の週末ということもあってか映画館がやたらと混んでましたね。
平日だった3月の上映初日よりも席が埋まっていたような気もします。
個人的には土日は人が多すぎて嫌なので平日に動き回りたいんだけどなあ、と。

 

 

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ映画, アニメ・漫画, 映画

先週5/21より販売が開始された
『劇場版 GのレコンギスタⅢ 宇宙からの遺産』のムビチケカード。
カードは通常版の他、ムビチケ通販サイト「メイジャー」では
別デザインの3~5部のムビチケ+収納フォルダの限定セットの取り扱いがあるということで
もちろん限定版と通常版の両方を購入しました。


いやーいいですねー。
特に上映館が少なくムビチケが存在しなかった第1部、第2部に関しても
収納できる特製カードを用意してくれているのが嬉しいところ。
全5部の作品なのでやっぱりコレクターとしては5枚セットで眺めたいですからね。

そして第1部と第2部にムビチケカードがなかったのは
3月に刊行されたエッセイ「アニメを作ることを舐めてはいけない」や
各所でのインタビュー等を見るに恐らく商業的な理由
(反響次第では5部まで上映出来ずに打ちきりになる可能性もあった)からだと思うので
今回こうして5部までのムビチケがセット発売されたことで
完走がほぼ約束されたというのが
何よりの朗報と言えるんじゃないでしょうか。ひゃっほい。

そんなわけで前売券も販売され上映まで2ヶ月を切ったGレコ第3部。
昨今の事情もあって第2部から1年半の間ができたこともあって
「アニメを作ることを舐めてはいけない」の内容が
微妙に今後のネタバレっぽくなってしまっていますが
特に気になるのはP238に
映画Ⅳに登場するバララ・ペオールが操るユグドラシル
という記述があったこと。
そのままTV版通りに5~6話ずつ編集したらユグドラシルの登場は第5部になると思うので
それが第4部に入ってくるということは
終盤は新作部分もたっぷり入れて思いっきり膨らませてくれそうで楽しみです。

それと「アニメを作ることを舐めてはいけない」はエッセイとして刊行されていますが
実際はGレコ世界の歴史の教科書みたいな本でしたね。
おハゲ様(敬称)がGレコという一つの世界を構築するのに
3億年前の大量絶滅から10億年後の気温上昇まで地球史レベルで考えていたりと
どれだけ「リアルな考え方の延長線上の物語」に心血を注いでいたのかが良く分かります。
最終的には「それを語って論文になってしまってはいけない」という自戒と共に
アニメ本編ではそのあたりにまで触れることは無かったみたいですが
そこまで考えたからこその「アニメを作ることを舐めてはいけない」発言なんだなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ映画, アニメ・漫画, 映画

前作「Q」から9年、第1部「序」から数えれば14年、
そしてTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』から数えれば26年という時を経て
ついに全てのエヴァンゲリオンに別れを告げる
新劇場版シリーズの完結編『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』が公開。

前作「Q」の感想はこちら。

映画 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 感想
https://tktkgetter.com/blog-entry-512.html

いやーもう感無量というか寂寥感というか半信半疑というか
さっさとケリをつけてくれと思いつつ終わるのが想像できないというか
小学生の時に当時のエヴァブームをリアルタイムで体感し
旧劇場版に行列を作っていた身としては思い入れもひとしおなわけですよ。
20年以上前にエヴァ劇場版に並んでいた小学生が
今ではエヴァ劇場版に並ぶような立派なオタクになりました! 的な。
まるで成長していない……。

そんなわけで今回は完結編ということもあって上映初日に鑑賞してきたわけですが
いやー予想以上に手堅くまとめてきたというか
思っていたよりも旧劇場版の要素が強かったというか
そういやこれリメイク作品だったんだよなー、と今さらながらに感じた作品でしたね。

個人的には全くの別物のストーリーになるのを予想(期待)していたんですが
蓋を開けてみれば黒き月や巨大綾波のビジュアル、
補完計画の発動によって光の十字架が世界を埋め尽くす描写など
ストーリーのみならず演出やデザイン面も含めて
かなりの部分が旧劇場版を彷彿させるものになっていた印象。
恐らく庵野監督の意図としては
「旧エヴァをなぞりつつそれを超えたものにする」
「旧エヴァが90年代後半のアニメの流れを”なんちゃって思弁性”
(あえてこういう表現をさせて頂きます)にしてしまったことに対して落とし前をつける」
というのがあるんじゃないかなあ、と。
「自分がしてしまったことの落とし前をつける」というのは
劇中でシンジが何度も口に出している言葉でもありますし。

で、旧劇場版を超えるために本作で追加された要素は何かと言うと
終盤にゲンドウによって語られていた「メンタルとフィジカル」の関係ですね。

「旧劇場版」では全てがメンタルの中で決着してしまったというか
初号機が出撃したと思ったらすぐエヴァシリーズに捕らわれてしまい

シンジが立ち直ることもなくなし崩し的に発動した補完計画の中で
否応なしに人類の未来を選ばなくてはいけなくなって
他人に傷つけられるのは辛いけれどそれでいい、と
悩んだ末に自分と他人が存在する世界を選んだものの
やっぱりアスカにどう接していいか分からず
彼女の気を引くためにとりあえず首を絞めてみたら「気持ち悪い」と言われて
やっぱりコミュニケーションって難しいやHAHAHAHAHA

というラストを迎えていたわけですが(暴論)

本作「シン」は前半でシンジが立ち直る部分をしっかり描いて
後半においても要所要所にアクションシーンを挿入することで
メンタル的な部分に終始してしまった「旧劇場版」に対し
フィジカルというかカタルシスをしっかり描いて
旧作よりもエンターテイメント性を高めようとしていたところがあるなあ、と。

そういったこともあってシンジが立ち直るまでの前半部分、
第3村での穏やかな生活に大きなウエイトが置かれていたのも印象的。
「精神的に追い詰められていくシンジが
カヲルの死によってその心にトドメを刺されてしまう」という
TVシリーズ終盤の大まかなエッセンスを残したまま
作中時間の経過や新キャラクターなどの追加によって
ある意味突き放した感のあった「Q」と比較してみると
「シン」の前半部分は「Q」に対する「再生」あるいは「癒し」みたいなものを感じますね。

「Q」はヤリでヤリ直そうとして失敗するまでの物語、
「シン」の前半はシンジをシンジる人たちによって再び立ち上がる物語ってことですね。
はい。

「Q」と「シン」にあたる新劇場版の第3部と第4部は
初期の構想では同時公開を予定していたことですし
「両作品が対になるようにしよう」という認識があったのは
間違いないんじゃないかと思います。

その点で言えば「Q」から「シン」まで9年もかかってしまったのが
一番の誤算だったんじゃないでしょうか。
対比すべき本作「シン」が間を置かずに上映されていれば
賛否両論だった「Q」の印象もかなり変わっていたと思いますし。

そんなこんなでシンジの心の機微などをしっかりと描くことで
後半のシンジとゲンドウの決着、
そして全てのエヴァンゲリオンを終わらせるラストへと繋がっていくわけですが
いやもう終盤は本当感動モノですよ。
このあたりは自意識過剰気味になってしまうところもあるんですが
正直「シン」の後半を完全に受け止められるのは
「旧劇のエヴァブームをリアルタイムで体験してその後も面倒くさいオタクであり続けた」
自分のような人間だけじゃないかと思うんですよ。
いやもう終盤で「NEON GENESIS」の語が出てきたところで泣きましたよ。
あれだけ「旧劇場版から居座っている面倒臭いオタク」を忌避していた庵野監督が
こんな分かりやすい形でファンサービスをしてくれたんですよ。
もう本当におめでとうおめでとうありがとうですよ。
あとロング綾波がたいへん可愛いです。

まあ歩み寄ってきたと思ったら「お前ら現実見ろよ」とばかりに
リアリティでぶん殴ってくるあたりが監督の監督たる所以なんでしょうが。

終盤になるにつれて補完計画による新世界の創造が
「虚構と現実」という言葉で表現されるようになり
最後のエヴァが「イマジナリー」と呼ばれていたことを考えても
本作「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」は
「エヴァンゲリオンというイマジナリィの産物」に決着をつけて
リアリティの世界へと帰ってくるための物語だったんじゃないかと思うんですよ。

何はともあれ旧劇場版リアルタイム世代としては
思いのままにいろいろと書き殴りたくなるわけですが
「何だかすごいものを見てしまった……」と思いつつも
「面白かった」とはっきりと言えるのはエヴァならではの感覚だと思います。

いやーでもやっぱり4本の映画に足掛け14年は長すぎましたね。
2000年代あたりからのエンタメ界隈の問題点の一つとして
ユーザーの年齢層が上がったせいか
「あまりにも長いスパンの物語が許されるようになってしまった」
ことがあると思うんですよ。

まあ終わり良ければ全て良しというか
漫画やライトノベルの新人賞などでよく言われていた
「物語は完成させるのが難しい」「未完成のものは話にならない」
なんてのが古い考えになりつつあり
ある意味「終わらないでいつまでも続けられる作品」が
求められるようになった閉塞感もある中で
エヴァ新劇場版が「これで完結!」としっかりとケリをつけてくれたのは
非常に嬉しいことでもあるのです。

そんなこんなでいろいろ話が飛んで
結局わけの分からない文章になってしまいましたが
ありがとう本当にありがとう。
さようなら全てのエヴァンゲリオン。

 

コメント (2) | トラックバック (0)

アニメ映画, アニメ・漫画, 映画

我慢比べでループをかちぬくぞ!
というわけで観てきました映画『不思議博士』もとい『ドクター・ストレンジ』。
一連の「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズは
基本的にレンタル待ちで追っているんですが
今回は魔法でCGがグニャグニャ、3Dで観たほうがいい、という評判なので
思い切って劇場に足を運んできました。
洋画はソフト化が早いのでいつもは二の足を踏んじゃうんですよね。

そしてせっかくなので選んだのはIMAX3D。
上映開始からそろそろ1ヶ月で旬も過ぎたので
400人近く入るシアターなのに観客は5~6人ほどで超ガラガラ。
劇場のド真ん中で思う存分不思議博士で不思議体験でした。

そんなこんなで映画『ドクター・ストレンジ』ですが
いやー前評判通りに面白かったです。
魔法で空間が曲がったりする魔術的な要素がメインと思いきや
「時間」「永遠」をテーマとしたSFアクション映画として
非常に手堅くまとめられたエンターテイメント作品だと思いました。
挫折からの復活、ととにかく王道のヒーロー誕生物語ですね。

「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズは
続編に次ぐ続編や他作品とのリンク・客演が多くなって
一見さんお断り状態になってしまっている部分もあると思うんですが
今回の『ドクター・ストレンジ』は
「アベンジャーズは物質世界、我々魔術師は裏の世界」と
劇中で語られているように
スタッフロール後のアレを除けば基本的に予備知識は不要。
シリーズの中でもかなり取っつきやすい作品になっていたんじゃないでしょうか。
続編を臭わせてはいますがストーリー的にはしっかりと終わっていますし
1作できちんと満足出来るっていうのはそれだけで嬉しいです。
クライマックスが「取引を持ちかけて相手を諦めさせる」という決着の付け方なのも
非常に「らしい」ところですね。

そして噂のIMAX3Dはまさに不思議体験。
カメラワークと真逆に背景がグリグリ動く不安定さ、没入感は
まるで座席が回っているような錯覚すらありました。
これ車に酔いやすい人とかマジで気持ち悪くなるんじゃないでしょうか。
いやー映画館ならではの体験でした。

そんなわけで次回以降は他作品のキャラとガッツリ絡んで
正式参戦になりそうなドクターストレンジですが
地球のために「永遠に殺されること」すらを覚悟して
全能者をも超える自己犠牲的な精神力の持ち主となったストレンジは
シリーズの中でもトップクラスに強力なキャラクターだと思うんですよ。
公開前は傲慢な性格などから
アイアンマン=トニー・スタークとの共通点がピックアップされていましたが
実際映画を観てみるとかなり印象は異なりますね。
あっちは虚栄というか精神的には脆いというか
豆腐メンタルな部分がありますし。
何はともあれ不思議博士の今後の活躍が楽しみです。

あ、それと今回のMVPは間違いなく浮遊マントくんですね。
動きがかわいくて他人に心を開かないけど主人公だけは大好き、とか
どこの萌えキャラですかって感じです。はい。
敵の頭を包み込んでビッタンビッタンやるところなんか最高です。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

映画

というわけで現在上映中の映画「劇場版 艦これ」の
入場特典フィルムをもらってきました。

 20161217-1.jpg

TV版は八方美人的にいろんな要素を入れた結果全てが中途半端になってしまい
ちょっと何をしたいのか分からない感じ
(バカアニメとしては正直嫌いじゃないです)でしたが
劇場版はいろいろと開き直ったのか
思いっきりファンタジー方面に舵を切った感じでしたね。

うんうんこういうのでいいんだよ。
睦月ちゃんと如月ちゃんの怯え顔と泣き顔だけでも観る価値はあります。
睦月型改二のパーカー大好き。

 20161217-2.jpg

……えーと思いっきり話が脱線しましたが
こちらが自分が貰ってきたフィルムになります。

白と青のコントラストがきれいですね(現実逃避)。
っていうかどこのシーンですかねこれは……。
恐らく赤城さんの水上移動を遠目・真上から見た構図だと思うんですが
超俯瞰視点のせいで画面の上下左右すら不明です。まいったなあ。

 20161217-3.jpg

ちなみに前売り特典のクリアファイルを揃えたりしているうちに
前売り券が12回分たまってしまいました。
回数券(5回券)と通常の前売り(1回券)でデザインが違うというのが
これまたカードコレクター泣かせですね。

あと11回観られるドン!

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ映画, 艦これ, アニメ・漫画, 映画, ゲーム