ネタバレありの各トラック感想。
全体的な印象はこちら

01.水林ヲ行ク三人
主人公のメルリィ、そして彼女とパーティを組んでいるギルドメンバーの紹介。
メルリィの性格は「1」ドラマCDのミルとそっくりだなあ。
やっぱり「話を掻き回す+やる時はやる」キャラで動かしやすいんだろうか。
ちなみに迷宮を探索するのはこのトラック1のみだったり。

02.黒衣ノ依頼者
酒場での依頼を交えつつメンバー紹介。
苦労人ポジションのアルシャいいなあ。

03.船上ノ姫君
現在コミックREXで連載中の漫画版キャラ、セリアとフウカの登場。
「他のメンバーは待機」というセリフで
時系列的にどこにでも入るようにしてるのは地味に上手いと思ったり。
でもどうせ登場させるなら二人だけじゃなくて男パイレーツとかも出して欲しかったなあ。
パーティの人数制限? だってこのドラマCD最終的に8人でボスをフルボッコするんだよ!

04.夜ノ二人
05.彼方ノ島
06.囚ワレノ者タチ
07.怪鳥ノ脅威

いろいろとあからさまな伏線を張ったり消化したりしながらストーリーが展開。
ドラマCDのシナリオとして考えると安心して聞けるしこれでいいのかもしれない。
よかった…誘拐された子供はいなかったんだ…。

08.冒険者ノ心得
あれ、この曲禍神戦? こんなところで使っちゃっていいの?
そして分身便利すぎるだろ…もしかしてこれが原作再現か。
汚いなさすがシノビきたない。

09.姫君ノ声
10.決着ノ刻

戦闘。8人パーティ+分身でスーパーフルボッコタイム。
スキル名を連呼する戦闘は確かに「3」の漫画版っぽい雰囲気だなあ。
でもやっぱりクイックオーダーの理屈は分からない。

11.走リ出ス者タチ
エンディング。
そうか! このドラマCDはサエーナ鳥を乱獲しまくったプレイヤーへの警鐘だったんだよ!

というわけで「1」のドラマCD同様にゲーム本編のネタや曲が使われており
(曲に関しては少しアレンジ入ってたような気がするけど…どうなんだろう。)
ファンアイテムとしては申し分のない出来。
シナリオもありきたりと言えばそうだけど
「1」みたいな「こいつらの正体はゲームで!」的な投げっぱなしよりはよっぽどいいし。

そして漫画版とのリンクが今後どうなるのかも気になるところ。
これっきりなのか向こうの方でも何か動きがあるのか。
単行本はまだ1巻も出てないけどそのあたりも楽しみに待つことにしよう。

「1」のドラマCD感想はこちら

   

コメント (0) | トラックバック (0)

世界樹の迷宮, ドラマCD, ゲーム

発売日が延期したり未定になったりといろいろあったけど
先日とうとう無事に発売となった世界樹3のドラマCD。
というわけで購入+ネタバレ感想を書いていこうと思ったけど
以前感想を書いた「1」のドラマCDと比べるとずいぶん雰囲気が違うなあ、
というのが正直な感想。

例えば前作がトラック数4で短編連作っぽい内容だったのに対して
今回は1つのエピソードを細かく11のトラックに分けているという構成だし、
大航海を舞台としたシナリオなので迷宮に潜っているのは最初の登場人物紹介だけ、
と「世界樹の迷宮」なのにそれでいいのかと思う部分もちらほら。
何よりトラック名がSFネタじゃないのがかっかりだよ!

そして未聴の方に気を付けてもらいたいのがジャケット等でのネタバレの多さ。
「絶海の優姫」というサブタイトルもさることながら、
ブックレットの登場人物紹介で本編に出てこない設定まで羅列されているのには驚き。
自分はネタバレ全然気にしない人だからまあいいんだけどね。

ところで漫画版とのリンクを意識してるせいかジャケット日向さんじゃないんだなあ。
嫌いじゃないけど細い線の絵柄で結構方向性が違うから戸惑ったり。

ちょっと長くなったのでここで記事分割。
各トラックごとの感想(当然ネタバレあり)はこちら

   

コメント (0) | トラックバック (0)

世界樹の迷宮, ドラマCD, ゲーム

第1弾のほうは前に酷評したようにあんまり肌に合わなかったんだけど
やはり原作ファンとしては押さえておかなくてはということで2巻も購入。
ケース開くと漫画のコマがびっしり並んでたりとかジャケット裏の文章とか
1巻もそうだったけどデザインはいいだけに本編が自分に合わないのがつらい。

で、感想なんだけど1巻よりも悪ノリ部分がひどくなってる気がするなあ。
どんどんゴローちゃんのキャラが明るく派手な反応するように変わっちゃってるし、
常に浮かれてるような不安定感があるというか何と言うか。
個人的にはもうちょっと落ち着いた雰囲気だと思ってるんだけど。

あ、でも回転寿司の話の「ノータコ」さんはぴったり。
前回の呉さんに引き続き外国人キャラは大ヒットだわ。

ボーナストラックは今回は2本。
1本は前回もあった「孤独のグルメ」ジャックバウアー版で
もう1本は原作者特別出演による「優柔不断男・知らない街編」なるもの。
優柔不断な男がどの店に入るかグダグダと悩む完全新作なんだけど
これだったら文庫版巻末の「釜石の石割り桜」をやってほしかったというのが正直なところ。

ところで原作ストック的にはvol.3も出せると思うんだけどどうなんだろう。
一番好きなエピソード「ジェットシュウマイ」がまだ収録されてないから
次が出るとしたら入ってくると思うんだけど
また変に大袈裟な方向にアレンジされてしまいそうで不安だ。

   

コメント (0) | トラックバック (0)

グルメ漫画, アニメ・漫画, ドラマCD

発売直後に買ってたもののずっと聴いてなかった一品。
で、感想なんだけど……評判いいから期待しすぎてたというか、正直微妙な感じ。
力ちゃんボイスが個人的にダメだったのがキツい。
以下は各トラックの簡単な感想。

第1話 ぶた肉いためライス
しょっぱなのボーカル曲に戸惑っているうちに終わってしまった印象。
しかしこの曲がいかにも「孤独のグルメ」っぽいから侮れん。
強いて言えば渚ゆう子のようなトホホ感……なのかもしれない。渚ゆう子よく知らないけど。

第2話 鰻丼
原作に忠実。余りにも忠実すぎて書くことがない……。

第3話 焼きまんじゅう
これも原作に忠実。しかし力ちゃんボイスが格好良すぎて
原作の余韻……というか無常観が薄れてしまったような感じも。

第4話 さぬきうどん
屋上の情景やフランクフルト購入といった「画」で見せられない所に
ちゃんとフォローが入ってるのが好印象。
やや説明的すぎる気もするけど仕方ないんだろうなあ。

第5話 豆かん
原作でも好きな話なんだけど一つだけ気になったのが
ボヤの話を聞いた時の「ぷっ」というゴローちゃんの吹き方。
自分の中ではこんな笑い方じゃないんだよ!

第6話 ハンバーグランチ
原作では今回収録の中で一番好きな話。ということで普通に楽しめた。
「モノを食べる時はね~」以降の喋り方が渋すぎる。
あんなに格好いい喋り方なのに食事について熱く語ってるだけなわけで、
確かにあの店長じゃなくても「何をわけの分からねえこと言ってやがる」って言いたくなるわ。
しかし呉さんの片言過ぎる日本語が笑いを誘うなあ。
あそこの表現だけやけに漫画的だ。

ボーナストラック ぶた肉いためライス ハードボイルドバージョン
「24」に興味のない身としては、
終始悪ノリしてる印象しかなくてあまり好きになれなかったオマケ。
これだったら単に1話増やしてほしかったなあというのが正直な感想。

というわけで内容としては原作に忠実なんだけど声が終始気になってしまった感じ。
やっぱりドラマCDって音だけのものだから
声のイメージが合ってるかそうでないかってすごく大きいんだよね。
ただいろんなレビューを読むとこの声が「ピッタリだ」って言ってる人もいるわけだし、
この辺りは個人の感覚なんだなあとしか言えないわけで。

ちなみにドラマCD好きで結構買ってるけど、
個人的に一番「キャスト違うだろ」と思ったのは「ねこきっさ」のクゥ/CV釘宮理恵。
いやさすがに釘ボイスは声質高すぎだろ! って話。

   

コメント (0) | トラックバック (0)

グルメ漫画, アニメ・漫画, ドラマCD

世界樹3がいまだに届かず思わず衝動買いしてしまった一品。
ドラマCDって人によって好き嫌い激しいけど自分は大好きなんだよなあ。
というわけで以下は長文で感想。

第1話『樹海に旅立つ時』
主人公のミルがギルドに入るまでの話。
最初は断られる→樹海で紆余曲折あってパーティ加入
というのは「Ⅱ」の漫画などでも見られる安定した流れだなあ。
しかしまさか音楽までゲームそのままとは思わなかった。戦闘勝利音楽まであるし。
これはファンサービスと見るか手抜きと見るか…う~ん。
それにしても脚本の人はキュアⅡと戦後手当に何か恨みでもあるのだろうか。
確かに微妙だけどさ!

第2話『死して届く声、眠れぬ夢』
女メディック主人公ということで殴りメディになることはほぼ予想通りなわけで。
余りにも常套すぎてもうちょっと何かが欲しかった気も。
ごく普通に「ポイント使っちゃったからスキル覚えられない」とか言ってるのもちょっと違和感。
個人的な話になるけどゆりしーボイスは耳に響いてあんまり好きじゃないなあ。
上手いんだけどね。

第3話『たったひとつの冴えた才能』
シリカと一緒に素材を調達する話。シリカ/CV斎藤千和上手いなあ。
愛がアップ!

第4話『意思を継ぐもの』
第3話までとは一転してシリアスな展開。俺たちの冒険はこれからだ!
レン/ツスクル関連は完全に尻切れで終わるのでゲームやってないとさっぱりなはず。
かく言う自分もかなり忘れててwiki見直したくらいだし。
まあ未プレイでドラマCDだけ買う人なんてほとんどいないからいいんだろうけど。

-----------
というわけでゲームそのままな音楽とか
各話タイトルがSFのパロディだったりとか雰囲気は間違いなく「世界樹」。
ドラマCDとかラジオドラマには登場人物がドタバタやってるだけの酷いものも多いけど
そういうのに比べれば安定して楽しめることは間違いなし。
自分設定とか脳内妄想をいじくられることに極端な嫌悪感が無ければ
押さえておくのもいいかも。

「Ⅱ」は出てないけど「Ⅲ」はドラマCD発売予定なんだなあ。
予約してしまおうか。

   

コメント (0) | トラックバック (0)

世界樹の迷宮, ドラマCD, ゲーム