変化を遂げるゲッターを駆る竜馬の戦い、
そしてそれを見つめる二つの世界の早乙女たちが描かれる
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第25話。

というわけで前回に続いて無数の不進化体を相手に
この世界での最後の戦いに挑む竜馬クンがメインの今回の『DEVOLUTION』。
「適者進化態」という新たな用語も出てきて
ストーリーがどんどん進んでいる感じですね。
アクション的な見せ場も多くなっているので嬉しいです。

そして今回のラストではついにエンペラーが出現。
敵(?)の目的がこの仮想世界を利用してのエンペラーの進化なので
この世界を終わらせること自体がエンペラーの進化を抑制することになる……
みたいな図式なのかなあ、と。
何はともあれ敵(?)の目的が進化ということで
タイトルの「DEVOLUTION≒退化」の意味も
そろそろ分かってくるんじゃないかと思います。

あ、それと本編とは全く関係ありませんが
今回の『別冊少年チャンピオン』の目次の
「世界崩壊センターカラー!」ってすごいアオリ文ですね。
いやそうなんだけど! 確かにそうなんだけど!

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボDEVOLUTION

世界が崩壊してゆく中、無数の不進化体に対し
たった一人で抵抗する竜馬の戦いが描かれる
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第24話。

というわけで「謎解きは前回で全て終わった!」
「あとはこの世界での最後の戦いだけだ!」とばかりに
大暴れする竜馬クン+ゲッターの戦いっぷりが今回の見所。
文字通りに喰われながらも抵抗を続け
ラストでは悪魔的な翼を生やすゲッター1が出現、と
話の流れはどこかで見たことがあるというか
ぶっちゃけてしまうと「あ、これエヴァ劇場版だ!」となってしまうんですが
今回の描写はもう確信犯(誤用)的な感じもしますね。
この流れで思い出すなっていうほうが無理な話です。
本作は連載の初期からエヴァっぽいエヴァっぽいと
結構いろんなレビューサイトで言われ続けていましたが
そうした評価に対する開き直りというか一種の意趣返しなんじゃないでしょうか。

ただ少し引っかかってしまったのが
「仲間や居場所が出来た」と爽やかな笑みを見せる竜馬クンの一コマ。
正直本作の根暗な竜馬クンにここまで言わせるような
交流、友情があったかというと説得力に欠ける感じがするなあ、と。
世界への愛着、友人たちを守りたいという想いをここまで強調するのなら
そのあたりの1話完結的な積み重ねのエピソードがもう少しほしかったところです。
特に武蔵や敷島博士は常識人で親しみやすいキャラだったので
彼らを絡めた日常回がもっと見たかったですね。

そんなこんなでここ数話で一気に急展開を迎えている『DEVOLUTION』。
ちょっと謎解き重視でサクサク進みすぎてる感じはしますが
今回の竜馬クンの決意と戦いっぷりは「主人公」に相応しいものですし
その「世界の主人公」にゲッターがどう応えていくのかが楽しみなところです。
さあ行くぞ! エンペラーの進化はこれからだ!

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボDEVOLUTION

敵の再来による世界の破滅、
そしてもう一つの世界の早乙女たちの目的が明らかとなる
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第23話。

というわけで久々の掲載となった『DEVOLUTION』は
世界の崩壊に巻き込まれていく竜馬クンたちと
それを淡々と見守る別世界の早乙女博士たち……という両者を描く展開。
アクション的な見せ場はないものの独特の虚無感があり
世界が崩壊する中でも自分の本名にこだわる武蔵の描写などは
単なる対比としても面白いし伏線としても使えそうで興味深いところ。

そして「別世界をゲッターの進化のために利用、礎にする」という
別の世界の早乙女たちの目的がついに明らかに。
これまでも「向こうの世界」の竜馬がランドウを殺したりと
彼らはまるで世界を自分たちに都合良くするようにあちこちに干渉していたけれど
そのあたりの理由がようやく整理されたなあ、と。
ケンイシカワ的な表現をすれば「収穫の時が来た」みたいな感じでしょうか。

ただ本作の主人公が『流竜馬』である以上このまま大人しく終わるわけはないし
今後は本作の竜馬クンが自分の意志で「主人公」となって
世界に反逆していくような話になっていくんだろうなあ。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボDEVOLUTION

「世界の主人公」であることを改めて突きつけられる竜馬、
そして変質しつつある世界の様相が描かれる
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第22回。

というわけでこれまで散りばめられてきた世界の謎が
目に見える形で動き出してきた感のある今回の『DEVOLUTION』。
中でも特徴的なのは竜馬たち三人の目の色が緑に変わる……という
「同化」のような演出。
OVA『新ゲッターロボ』でも同様の演出があったけれど
『新』では竜馬のみに異変が起こることで
「竜馬の特殊性」を強調していたのに対し
『DEVOLUTION』ではチーム3人共に変質が起こることで
「世界そのものの特殊性」を描いているんじゃないかなあ、と思ったり。
前回まで「本物では無い」ことを強調されていたムサシにも
しっかりと異変が起こっているところも気になりますね。

そんなこんなで二人の敷島博士の別れなどを描きつつ
再びのドラゴン襲来、というところで次回に続く。
いやー今回は一気に話が動き出して盛り上がってきた感じですね。

そして清水×下口コンビが単行本3巻発売時にTwitterで
「次巻からは後半戦」という発言をしているのも気になるところ。

えーと文面通りに捉えると全6巻予定ってことでいいんですかねこれ。
確かに今回のストーリーを考えるとこのまま一気に平行世界を飛び越えて
決戦になだれ込んでいってももおかしくないような気もしますが。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボDEVOLUTION

進化を遂げた敵ドラゴンによる敗北、そして武蔵の本当の名前が語られる
『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3秒間~』の第21回。

というわけで敗北を喫したチームの面々を淡々と描く……という
静かな展開となった今回の『DEVOLUTION』。
「武蔵の本当の名前」などの興味深い設定は出てきたものの
現状では本筋には絡まないファンサービス的な演出で終わっているし
今回は次回以降への「溜め」的な感じですね。

それにしても武蔵は毎回変わったアレンジが入ってますね。
もしかしたら「武蔵の在り方」によって平行宇宙が分岐している……
みたいな設定があったりするのかなあ、と。

そして地味に印象的だったのが
崩壊した街に佇みながらかつての仲間たちを思う隼人の描写。
性格がかなり異なっている竜馬や
毎度毎度面白いアレンジが入っている武蔵と比べると
クールだけど実は情に厚い熱血漢……という隼人のキャラは
もしかしたら一番原作に近いのかも、と思ったり。

それにしても話は少しずつ進んでいるはずなんだけど
『DEVOLUTION』は良くも悪くも謎! 謎! 謎! で引っ張っており
敵の目的はもちろんのこと味方側(早乙女+もう一人の竜馬)の目的も
いまだに明かされていないので
いまいちストーリーに乗り切れない、というのが正直なところ。
謎もいいけど問答無用のロボットアクションも楽しみたいので
そろそろガッツリと謎解きをしてほしいところです。

そんなこんなで収束しつつある平行宇宙と共に次回に続く。
予告のアオリ文が「ここから全てが動き出す!」ということで
次回の展開には期待してしまいますが
清水×下口コンビの他の作品を振り返ってみると
本当にここで話が動くのか……? と疑心暗鬼になってしまう部分もあったり。
単行本の3巻も来月発売になりますし
そろそろ中盤戦に向けて盛り上がっていってほしいです。はい。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボDEVOLUTION