2020年初売り~北野エース レトルトカレー福袋(2160円)~

毎年楽しみにしている初売りでの北野エースさんのレトルトカレー福袋。
もちろん今年も購入してきました。

ただ昨年から仙台エスパル店の福袋が5種類1080円のものだけになってしまい
正直物足りなさを感じていたので
今年は仙台三越店まで足を運んできました。
仙台駅前から三越までは地下鉄で2駅分ほどの距離がありますが
自転車なら10~15分程度でらくらく到着です。無料の駐輪場もあるので無問題。
駅前のイービーンズやイオンが軒並み7時開店なのに対して
三越は8時開店なので時間的にもぴったりです。

そんなわけで今年購入したのは
北野エース仙台三越店の「レトルトカレー福袋」2160円10個入り。
中身はこんな感じです。

 IMG_20200102_181905s-.jpg

・新宿中村屋 技あり仕込みビーフカリー 中辛
・京都雲月 山椒が薫るカレー
・銀座ろくさん亭 料亭のまかないカレー
・よこすか海軍カレー
・大人のためのビーフカレー
・大人のためのチキンカレー
・北本トマトカレー
・佐賀黒毛和牛カレー
・熊本赤牛カレー
・松阪牛ビーフカレー

安心と安定の北野エースさんといった感じですね。
箱入りではなくパウチが裸状態のやや安価な商品が入っていたりと
数年前に比べるとちょっと落ちる気もしますが
お得感はありますししっかりと楽しめるラインナップです。

ちなみに1080円のものは小さなトートバッグ入りでしたがこちらはただの紙袋。
更に「じっくり煮込んだ黒毛和牛ビーフカレー」のような
700~800円の目玉商品が入っていたことを考えても
価格的には1080円のほうがお得な気もしますがやっぱり5個は物足りないです。

個人的には「じっくり煮込んだ黒毛和牛ビーフカレー」や「飛騨牛ビーフカレー」は
肉ばっかりアピールしてて肝心のカレールウの味は普通で
正直値段に見合ってないと思っているので
そのあたりも加味して今回みたいなラインナップのほうが好みだったり。
やっぱり福袋と言うからにはたくさん種類がほしいですし。

ちなみに昨年からニュース等で話題になっていた
レトルトカレー366日分セット(1名限定・162000円)は
開店から1時間が過ぎた9時過ぎの時点でまだ残っていました。
冷静に考えると1個あたり400円超なのであまりお得感もありませんし
どちらかと言えば宣伝用に準備していたのかもしれません。
福袋売り場に「カレーの棚」が鎮座しているのはかなりインパクトがありましたし。

あ、それと今年はその他に北野エースの菓子福袋(1080円)や
ヤマダ電機のちびっこ菓子袋(300円)を衝動的に購入してきました。
食べ物系は中身が分かってるから安心感とお得感がありますね。
生モノや果物などを除けば賞味期限も長いものが多いので
毎年なんだかんだで買ってます。お菓子は1~2ヶ月はのんびり楽しめます。

  

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

福袋, カレー, 辛い食べ物