星和弥 「ダイノゲッター 第6話」 感想

三人のパイロットがついに揃いストーリーも一大決戦に向けて加速する
『ダイノゲッター』の漫画版第6話が更新。

OVA『新ゲッターロボ』なんかもそうだったけど
「三人のパイロットが揃った後どういった展開にもっていくか」が
ゲッター作品の一つの課題というか
作品全体の評価が決まってくるところだと思うんだよね。

で、本作『ダイノゲッター』はどうかというとこれがまた面白い。
今まで虐げられてきた人間たちがゲッターを中心に奮起して決戦、という流れは
以前にも触れたけどゲッターサーガの影響を色濃く受けた
『天元突破グレンラガン』の逆輸入といった感じだね。
影の薄くなりがちな3人目=トモエに
「涙もろい一面がある」という性格を付けたのもいい感じ。

そして「復讐」をテーマに敵味方の因縁をはっきりと描いてきた本作だけど
今回はついにサオトメと関係があるらしい謎の影が登場。
ゲッターのことをよく知っているような物言いだし
次回はダイノゲッターの正体も含めて多くの謎が明らかになる予感。

「ハチュウ類はゲッターロボに勝てない」という台詞は何を意味しているのか?
もしかして他作品とリンクしたりするのか? などなど
とにかく続きが気になる引きとなった今回。
いやあ来月が待ち遠しい。
月1更新でこんな気になる終わり方をされちゃあたまらんわ。

   

コメント (0) | トラックバック (0)