2019年初売り ~北野エース レトルトカレー福袋(1080円)~

1個200円で普段はあまり食べないカレーを味わえる
北野エースさんのレトルトカレー福袋を今年も購入してきました。

ですが今年はいつも行っている仙台駅エスパル店での販売が
カレー福袋2160円(10個入り)ではなく1080円(5個入り)に変更。
どうやら昨年までの2160円袋は仙台三越店での取り扱いになったようですが
駅周辺から移動したくなかったので1080円のものをそのまま買っちゃいました。
もちろん値段的には変わらないんですが
種類が少なくなったことで福袋らしいワクワク感は減っちゃったかなあ、と。

 IMG_20190102_102931s-.jpg

とは言え安価ならではのコンパクトさもそれはそれで魅力があり
特に昨年不満だった紙袋が布製のバッグに戻っていたのが嬉しいところ。
店の人も「オリジナルの袋」がついてくることをアピールして呼び込みしていましたし
やっぱり昨年の紙袋は自分以外にも不評だったんじゃないでしょうか。
ノーカレーノーライフ!(声に出して読みたい日本語)

そして肝心の中身はこんな感じ。

 IMG_20190102_102807s-.jpg

・人形町今半 じっくり煮込んだ黒毛和牛 本格ビーフカレー
・三菱食品 からだシフト 糖質コントロール ビーフハヤシ
・新宿中村屋 技あり仕込みビーフカリー 濃厚リッチ
・MCC 神戸テイスト+ 6種野菜のさらっとしたカレー
・大塚食品 大塚のボンカレー50 中辛

福袋自体が去年と変わったこともあってか
ラインナップも昨年までとはごっそり入れ替わりましたね。
本来の価格では約2000円相当という話だったので
恐らくメインの「じっくり煮込んだ黒毛和牛ビーフカレー」が700円前後、
その他の4つが300円前後ってところでしょうか。
濃厚系のものが少なく野菜カレーや糖質オフのものが入っているあたり
北野エースの客層を意識してちょっと健康志向になっている気もします。

……ん? ちょっと待って!

 hayashi.jpg

君カレーじゃないやん!
どうしてくれんのこれ!
カレーが食べたかったから購入したの!

というわけでオチもついたところで来年へ続く。
やっぱり食品系の福袋はしっかりお得感がありますね。

ちなみに過去の福袋の中身はこんな感じでした。
何だかんだで毎年買ってます。おせちもいいけどカレーもね。

2018年初売り ~北野エース レトルトカレー福袋(2160円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-1260.html

2017年初売り~北野エース レトルトカレー福袋(2160円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-1174.html

2016年初売り~北野エース レトルトカレー福袋(2160円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-1031.html

 

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

福袋, カレー, 辛い食べ物