牛木義隆 「夢喰いメリー 10巻」 感想

ついにエルクレスとの決戦が始まった「夢喰いメリー」の第10巻。

それぞれが死力を尽くしての戦いや絶望からの大逆転、
そして主人公である夢路の能力をフルに使った駆け引きなど今回も見所は満載。
前回に引き続きリーダー的な役割になっているジョンがエルクレスの目的を聞き出したり
メリーが夢路との絆を振り返るシーンで「幼少時の夢路」を出していたりと
いよいよ最終回に向けていろいろな謎や設定をまとめに入っている感じがするね。
まさかクリオネちゃんが一番最初に退場するなんて……。

ただまだまだ引っ張っている謎も多いし
最後の鍵を握っているであろう白儀くんも未登場、
エルクレスもどんどん小者臭がしてくるしで
10巻だけを読むと話があまり進んでないように感じられてしまったり。
結局今回は最初から最後までずっとバトル展開だったなあ、と。

とは言えこのペースだと最終回は近いだろうし
最後まで楽しみにすることにしよう。

どうでもいいけどエルクレスが死んだ夢魔の形をした炎を喚び出すところで
「烈火の炎」なんかを思い出した。

 

コメント (0) | トラックバック (0)