牛木義隆 「夢喰いメリー 13巻」 感想

ついに「黒幕」白儀くんがその目的を語り出しクライマックスの雰囲気が漂う
『夢喰いメリー』の単行本第13巻が発売。

今回まず目を引くのは表紙のイラスト。
1~12巻まではずっと「縦書きロゴ+メリーさんの全身ポーズ」だったのに対し
13巻は「横書きのタイトルロゴにメリーさんのバストアップ」というデザイン。
今までずっと統一されていたのが変わると「おっ?」という気分になるね。
扉カラーページの白儀くんと表紙のメリーさんが
対になっている感じなのも気になるところ。

そしてストーリーは現実と幻界が入り混じる中
とうとう白儀くんとの戦いが開幕。
夢魔を自在に召喚したりとラスボスに相応しい風格がある彼だけど
「分かりやすい倒すべき敵」であったエルクレスとは違い
彼とは友情を育んできたしその目的や正体も含めて
ただ単純にやっつけて終わり、ということにはならないのは間違いないし
どういう形で決着を付けてくれるのかが楽しみなところ。
次回への引きもあって14巻が待ち遠しいね。

ただ一つ気になったのが作劇上の都合か
レン君の夢魔、カルチェが全く表に出てくることがなく退場してしまったところ。
ジョンやエンギ、その他の面々と比べると違和感があるし
台詞らしい台詞すら無かったというのは
逆に伏線なんじゃないのこれ、と思っちゃうくらいの存在感の薄さだったなあ。

 

コメント (0) | トラックバック (0)