永井豪 「デビルマンサーガ 第37話」 感想

休載を挟んで一ヶ月ぶりの掲載となった
『デビルマンサーガ』の第37話。

単行本の発売を月末に控え
そろそろ盛り上がってくるのかな? と思いきや
今回も主人公、勇希の出番は一切無しで
亀井教授の動向や白縫さんたちの会話が中心……といった地味な展開。
日本でも事件が起こるぞ起こるぞ……と煽るのはいいんだけど
ちょっと引っ張りすぎじゃないかなあ、と。

それと『サーガ』はオフィスでの会議や
バーでの会話のシーンがやたらと多いですね。
せっかく東京オリンピック後、という近未来を舞台にしているんだから
もうちょっと未来っぽい部分を見せてほしいです。はい。

そして自らをリーダーと自負する魔将軍ザンと
プライドの高いシレーヌとの確執が今後の展開では気になるところ。
まさか魔将軍ザンがストーリーを牽引する役割になるなんて。

  

コメント (0) | トラックバック (0)