各国にデーモン・アーマーの兵士が売り渡され
世界大戦が現実味を帯びてゆく『デビルマンサーガ』の第95話。

二代目クウモの誕生やホーカーの治療、義兄との協力など
細かいところをフォローする描写があったり
勇希と美紀ちゃんが会話の中で宗教の話やクロード博士に言及したりと
今回は完全に状況を整理する説明回ですね。
勇希が久々にアスカのことを思い出したりと
二つの物語がそろそろ交差を始める予感もあります。

そして異次元世界を旅するアスカたちが
自らの都、アスラーンに到達したところで次回に続く。
なんかゼノン首長いな! と思ってしまったのは自分だけでしょうか。
何だかアスカの乗り物っぽくなってますし
今回のゼノンは三つ首竜、キングギドラ的なイメージで
描かれてるってことでいいのかなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

以前と変わらずに距離を詰めてくる白縫さんに対する勇希の困惑、
そして魔将軍ザンやレイの部隊が世界各国に売り渡されたことに言及された
『デビルマンサーガ』の第94話。

というわけで今回も前回に引き続いてちょっと地味な展開。
あれだけ盛り上がったシレーヌ戦のあとなので仕方ないですが
こういう話が動かない展開が続くのはちょっと辛いですね。
アスカ側のパートは今回もなかったですし。

それと今回は白縫さんが
「美紀ちゃんを襲ったのは自分ではなくシレーヌ」と弁明しつつ
「アモンの中の勇希を感じていた」と言い放ったり
それに対して勇希が「あれはアモンで自分ではない」と返したりと
今回は「アーマーの影響、鎧の人格と自分との同一性」を中心に
会話が展開していた感じですね。
まだまだ勇希はそのあたりに悩んでいるみたいですし
貝阪氏みたいにスッキリ出来る日は来るんでしょうか。

そしてデーモン・アーマーを各国が所有することによる世界大戦、
それによる悪魔の世界の到来を予期させる貝阪氏の台詞と共に次回に続く。
うーん何て言うかこのあたりはちょっとアンバランスに感じますね。
異次元に行ったアスカたちが既に神々の領域に踏み込んでいるのに
こっちは今さら国同士の戦いかあ、的な。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

戦いを終え国軍省へと帰還する勇希の葛藤、
そして女性として、勇希の妻として白縫さんの気持ちを看破する
美紀ちゃんの姿が描かれた『デビルマンサーガ』の第93話。

というわけで前回までの激しい戦いが終わり小休止、的な展開。
毎回数ページほど挿入されていたアスカ側の描写もなかったので
今回は物語的にも全く進まずに状況の整理、といった感じですね。

また美紀ちゃんが「勇希の気持ちが白縫さんに盗られるのではないか」と
危惧する場面がありましたがこれって読者の不安そのままですよね。
これまでのストーリーを思い返すと間違いなく
美紀ちゃんよりも白縫さんのほうがウエイトが大きく描かれてますし。

そして勇希の前に白縫さんが再び現れたところで次回に続く。
うーんあれだけ混乱を巻き起こしたというのに何だか悪びれない態度ですね。
個人的にはもうちょっと軍人らしく責任を感じるというか
殊勝な態度を見せてほしいんですが
「人間の常識に捕われなくなる」というアーマーの影響が
出ちゃってる感じです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

昨年の秋にガンダムベースで先行販売され
一般販売後も長らく品薄状態が続いていたEGガンダム。
最近になってようやく通販サイト等でもコンスタントに手に入るようになったので
さっそく購入して作ってみました。
税抜500円という値段に最新技術が詰め込まれているということで
前からずっと気になっていたんですよねこれ。

まずパッケージはこんな感じ。
ライトパッケージという名前の通り箱ではなく袋入りの簡易包装なのがすごい新鮮です。

そしてランナー。いやーすごいですね。完全に普通のプラモデルです。
正直もっと子供向けというか他のEGシリーズの印象が強かったので
こんなに細かくて本格的なプラモとは思っていませんでした。
これ本当に500円で売っちゃっていいんですかね。
パーツ数は武器なしで67個とのことですが
これってHGUCの初期のシリーズとそんなに変わりがないですからね。
旧キットやファーストグレードが300円~ということを考えても
完全に色分けされたこのクオリティのガンプラが500円というのはほんと衝撃です。

そんなわけでさっそく組み立ててみました。



いつものようにパチ組みをした後に
ちょこちょこと墨入れをしてアンテナのフラッグを切り取り、
スカート部分の分割を行った簡単作成です。
安いので失敗したら買い換えればいいや、な感じで
いろいろ挑戦しようかとも思いましたが結局いつもの感じになりました。
のんびり作ってここまでで大体45分です。
慣れてる人ならもっと早く、プラモが初めてでも1時間あれば作れるんじゃないでしょうか。

そして可動ももちろん完璧。ラストシューティングを意識してなのか
腕や肩が上方向にも動くようになっているので
怒り肩なども交えた格好いい決めポーズがバッチリと決まります。

そして組み立てていて個人的にすごいと思ったのが
「パーツを挟み込む部分」がほぼ皆無なんですよこのEGガンダム。

例えばこの写真の足の部分も普通のプラモだったら
間接パーツを挟んで作るところですが
このEGガンダムでは上から間接を被せて嵌めるようになっているんです。

これどういうことかというと
「組み立てを間違えてパーツを外さなくちゃいけない」状況がほぼ起こらないんですよ。
「間接パーツを挟むの忘れて組み立ててしまい直そうとしたらピンの部分が折れてしまった」
というのは誰もが一度は経験したことがある失敗だと思いますが
EGガンダムはそもそも挟む工程がないのでそういうことは起こりません。
この親切さはすごいですよ本当に。

そんなこんなでこちらのEGガンダム、作りやすさもさることながら
個人的にはプロポーションも最近のRX-78-2の中では一番好きですね。
恐らく比較対象はHGUCやロボット魂A.N.I.M.E.になるんでしょうが
それらよりも顔の彫りが深いというか
全体的にメリハリがついた感じになっているのがすごい好みです。

そしてライフルとシールドが付属した通常版も5月に発売予定ですが
自分としては今回のライトパッケージで満足してしまったので
そっちは手を出さなくてもいいかなあ、と。
正直ライフルやシールドはどのガンダムにも付いてくるので
プレイバリューを高めるためにも他の武器が欲しいですね。
特にジャベリンとかハンマーとかナパームとか立体化に恵まれてないやつ。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

プラモデル, アニメ・漫画, 玩具

戦いの中で互いの感情をぶつけ合うアモンとシレーヌ、
そして異次元世界ではついにアスカが真の姿となる『デビルマンサーガ』の第92話。

というわけで今回は前回ラストから続く形で
アモン&シレーヌの空中アクロバティックセックスシーンから始まる過激な展開。
あ、これ『激マン!』で見たところだ!
というわけで青年誌ならではのこの描写には
豪先生の以前描けなかったもののリベンジ、的な意気込みを感じますね。

ただ『激マン!』では「デーモンの本能による蹂躙」という描き方だったのに対し
今回の『サーガ』では「二人の愛」という形になっているのが印象的。
そのせいで次ページの貝阪氏の登場シーンが
思いっきり寝取られ感あふれる演出になってるのが涙を誘います。
ただ「諦めがついたというかスッキリした」という台詞があるように
カイムと貝阪氏はまだまだ別個の存在として描かれていますし
ある意味貝阪氏はここでカイムの呪縛から解放されたというか
シレーヌに固執するという死亡フラグをついに回避したと言えるんじゃないでしょうか。
クレアとの新しい関係も生まれそうですし彼には普通に幸せになってほしいです。

そしてサイコジェニーやゼノンに続き
アスカも自らの真の姿を取り戻したところで次回に続く。
「アスカ=ルシファー、サタン」というのは
ぶっちゃけファンにとってはお約束の話なんですが
そこに今回は仏教の阿修羅やインド宗教のアスラ
(どちらも立ち位置的にはキリスト教のルシファーに近い)
の要素まで含んだ存在となっていたのは意外だったところ。

「レディー」でかなりのページ数を割かれて説明された
ダンテ神曲やグノーシス主義なんかの話もあって
完全にデビルマン=キリスト教世界のイメージで固まっていたので
ここで仏教やインド宗教の要素が入ってきたのは正直驚きでした。
恐らく永井豪先生も「読者の予想を裏切ってやろう」と
このあたりの設定を考えたんでしょうし
そこに思いっきり引っ掛かってしまった感じですね。

そんなこんなで次回に続く。
アスカの正体が明らかになるのは物語の終盤だったのが常でしたが
「サーガ」では世界の混乱はまだまだこれからなので
これからどう話が動いていくのかが楽しみなところです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系