黒煙を上げるビルの中でデビルマン部隊とデーモンたちとの戦いが
繰り広げられる『デビルマンサーガ』の第73話。

というわけでついに戦いが始まり久々のアクション回となった今回は
索敵能力に優れたミラージュ、防御力が自慢のガンゴ、
変形しての一転突破の攻撃力を持つギールなど
デビルマンたちがそれぞれの能力を活かしていて戦う展開。
これまでの作品のデビルマン=アモンは
とにかく強い勇者として描かれていた代わりに
オンリーワンの特殊能力は持っていない感じだったので
こうやって他のデビルマンたちが
それぞれ固有の能力を駆使しているのは何だか新鮮ですね。
純粋に強い万能な主人公の回りを
尖った能力を持つ一芸特化のメンバーが固める……というのは
ゲームというか何となくRPGっぽさもあるなあ、と。

そして相手となる中熊重工側のデーモンたちも
全身ミサイルのゴランをはじめとして個性的。
口は悪いけど元気で可愛いエピロなんかは
きっと仲間内でのアイドル的存在だったんだろうなあ、などと
いろいろ想像する余地があって面白いですね。
とにもかくにも今回のように名前付きキャラがたくさん出てくる集団vs集団の戦闘は
過去のデビルマン作品ではあまり見られなかったので
(あってもダイジェストで流されてしまう感じ)
読んでいてとにかく楽しいというかワクワクしますね。

そんなこんなで次回に続く。
今回はまだ勇希=アモンは指揮だけで戦闘には参加していないので
次回以降は隊長として先陣を切って
他のメンバーとは一線を画した強さを見せてほしいところです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

爆破テロの名目で現場を混乱させる中熊重工に対し
勇希たちがついに変身して突入する『デビルマンサーガ』の第72話。

というわけで見開きページによる中熊重工のデーモンたちも描かれ
次回以降はいよいよ戦いが始まりそうな予感。
中でも資料の処分をしたり「力を合わせるのだ」と
血気にはやる仲間を咎めたりと敵デーモンたちも組織の一員として
人間っぽいところが描かれているのが面白いなあ、と。
決して話が通じない敵、というわけでは無さそうですし
彼ら、彼女らを説得したり協力したりという展開があっても良さそうですね。
気の早い話になりますが過去のデビルマン関連作品を見ると
終盤に真の敵が出てくる可能性も高いですし。

そんなこんなで次回に続く。
次回は久々のバトル回になりそうで楽しみです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

ついに軍人として戦いに赴く勇希たちの部隊に対し
中熊重工側もビルの爆破という強行策に出る
『デビルマンサーガ』の第71話。

というわけで今回は部隊のメンバーの顔見せをしつつ
現場へと向かう勇希たちの描写が中心となる展開。
特に覆面という出で立ちや
自らを銀行を襲うギャングに見立てる台詞など
勇希たちをまるで悪人と思わせるような感じになっているのが印象的。
前回の勇希の「これで軍人としてデビルマンの力を存分に振るうことが出来る」
という独白もそうだったけど
ここ数話の流れは「本当にこれまま突き進んでいいのかな?」というのを
読者に思わせるようになっている気がするなあ。
そこらへんを強調するために次回以降は
戦いの中で勇希たちが民間人に被害を与えてしまう……みたいな
展開になるのかも、と思ったり。

そんなこんなで次回からはいよいよ
中熊重工側のデーモンたちとの戦いが始まりそうな予感。

あ、それと今気づいたけど勇希たちも中熊重工の面々も
同じアーマーを着て変身する者同士なのに
徹頭徹尾「デビルマン」「デーモン」とはっきり使い分けがされてますね。
デーモンもデビルマンも思想が違うだけで同じもの、というのは
「レディー」の終盤で語られていたことだけど
今回もそれを踏襲している感じなのかなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

勇希をリーダーとする10人のデビルマン部隊の結成、
そしてデーモン・アーマーを所有する中熊重工への強制捜査が
始まろうとしている『デビルマンサーガ』の第70話。

というわけで今回は国軍省という後ろ盾を得た勇希が
いよいよ組織の一員として戦いに赴く……という展開。
特に軍人をあれほど嫌っていた彼が今の状況を
これで免罪符・大義名分が出来た、と
どちらかと言えば好ましく思っている、という描写が印象的なところ。
昔の彼だったらメンバーの中に殺人歴がある人物がいることにも
激しい嫌悪感を覚えていただろうし
そこらへんも含めて鎧の影響を受けているのかなあ、と思ったり。

そして今回の敵が中熊重工という一企業であることも印象的。
これまでも『レディー』のダンテ教団のように
組織を相手にして戦うということはあったけど
今回の中熊重工はあくまでも利益を求める企業であり
アーマーも取引の道具となっていることで
過去作よりもより現実世界に即しているというか
リアリティがかなり増しているなあ、と思ったり。

そんなこんなで次回に続く。
今までは立場上「蚊帳の外」と白縫さんに押されっぱなしだった
美紀ちゃんも現場に駆けつけるみたいだし
ここらでしっかり正妻としてヒロインっぽさを出してほしいなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

毎年恒例となっているイービーンズ仙台での福袋の購入。
今年は事前抽選やら整理券配布やら
システムが分かりにくかったり去年のうちに抽選で外れてしまったりと
いつも通りに買えるかどうか不安だったんですが
ゲーマーズの店頭販売分として売られていた3000円のものを
無事にゲットすることが出来ました。

販売開始が8:30と遅めだったこともあり
特に並ぶこともなく買えましたね。
今年は駅前よりも商店街とかのほうが混雑してたっぽいです。

そして中身はこんな感じ。価格は全て税抜になります。

五等分の花嫁 ラバーストラップコレクション 第2弾 1BOX(6000円)
ラブライブ! サンシャイン!! 手帳型スマートフォンケース 松浦果南(3500円)
ラブライブ! サンシャイン!! アクリルスタンドキーホルダー 渡辺曜(1300円)
ラブライブ! サンシャイン!! アクリルスタンドキーホルダー 黒澤ルビィ(1300円)
ラブライブ! サンシャイン!! A2タペストリー 高海千歌(2400円)
ラブライブ! サンシャイン!! A2タペストリー 桜内梨子(2400円)
ラブライブ! サンシャイン!! A2タペストリー 渡辺曜(2400円)
ラブライブ! サンシャイン!! A4クリアファイルセット(1000円)
ラブライブ! サンシャイン!! 下敷き 渡辺曜(350円)
ラブライブ! サンシャイン!! アクリルキーホルダー 津島善子(SPORTS)(600円)
ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 記念タオル(800円)
ラブライブ! アクリルバッジ 高坂穂乃果(500円)
えんどろ~! トレーディング缶バッジ セイラ(400円)
電脳少女シロSIRO トレーディング缶バッジ シロ組(350円)
BanG Dream! ガールズバンドパーティ! トレーディング缶バッジ 弦巻こころ(400円)
BanG Dream! ガールズバンドパーティ! トレーディング缶バッジ 瀬田薫(400円)
BanG Dream! ガールズバンドパーティ! トレーディンメタルバッジ 大和麻弥(600円)
BanG Dream! ガールズバンドパーティ! トレーディングメタルバッジ 宇田川巴(600円)
アイドルマスター ミリオンライブ! トレーディング缶バッジ 周防桃子(500円)
アイドルマスター ミリオンライブ! ユニットロゴ缶バッジ 閃光☆HANABI団(600円)
アイドルマスター ミリオンライブ! トラベルステッカー 高山紗代子(350円)
アイドルマスター シンデレラガールズ ミニッチュ マウスパッド 喜多見柚(500円)
新サクラ大戦 トラベルステッカー 天宮さくら(350円)

計31100円+税

いい福袋じゃねえか!ラブライブ!だろ?
ラブライブです……(諦め)。

というわけで怒濤のラブライブ攻勢に一瞬めまいがしましたが
冷静になって見てみるとなかなかいい福袋なんじゃないでしょうか。
30000円分のものが入っている、ということでしたが
確かに定価で計算するとほぼ30000円。
福袋ならではのワチャワチャ感がありながら統一感もあるラインナップで
開封していて楽しい福袋だったと思います。
何よりラブライブ、アイマス、バンドリと
入っている作品の方向性がはっきりしているのがいいですね。
お前アイドル好きかよぉ!

まあぶっちゃけ「ラブライブ好きかい?」と言われると困るんですが
このボリュームで3000円なら満足です。
前にも何度かブログに書いてますが
福袋はワクワク感でプライスレス、その中で自分の好きなものが2~3個あれば儲けもの。
そういうものだと思っています。
 

コメント (0) | トラックバック (0)

福袋, アニメ・漫画, 玩具, ゲーム