恒例の仙台初売りでの福袋ですが
毎年おなじみになっているボークス仙台に今年も並んでみました。

フィギュア系は人気が高くすぐになくなってしまうこと、
プラモ系は積んでしまうのが目に見えていること、
更に年末に増設用のメモリやらSSDやらを購入してちょっと金欠気味だったので
今年は1000円の「おたのしみ袋」に挑戦です。
チラシにも載ってなかったので「こんなのもあるのか」と店頭でびっくりしました。

 IMG_20200102_103017s-.jpg

1000円というホビー系の福袋としては破格の安さに加えて
中身のジャンルなども全く分からずかなり謎ですが
手書きの「おたのしみ」の文字も合わせて何だか懐かしい気分になりますねこれ。
小学生の頃に「?」とだけ書かれたジュースの缶が通学路の自販機で売ってたんですが
それに近いノスタルジーがあります。

そして中身はこんな感じ。

 IMG_20200102_103737s-.jpg

・聖闘士星矢大全集 サジタリアス星矢 2500円+税
・負け顔コレクション vol.1 ストリートファイターII ダルシム 800円+税
・ジャンプ50周年記念オールスターズ ぽてコロマスコット ルフィ 800円+税
・ジャンプ50周年記念オールスターズ ぽてコロマスコットプチ 第2弾(未開封) 600円+税
・BE@RBRICK ONE PIECE FILM GOLD ver.(未開封*2箱) 1200円+税
・BE@RBRICK SERIES 36(未開封) 450円+税
・コップのソコ子2 ネイビー(未開封) 300円+税
・カラコレ 忍たま乱太郎 D-BOXの段(未開封) 600円+税
・ガシャポンゴーストアイコン16 仮面ライダー45ゴーストアイコン(1号魂ver.) 400円
・ガシャプラ SDガンダムビルドダイバーズ02 ガンダムダブルオースカイ(青) 400円
・カプセルQミュージアム 日本の至宝 仏像立体図録3 広目天(金) 400円
・サイエンステクニカラー 天体観測 月ポーチ 300円
計7950円(一部税別・中古価格などは考慮せず)

いやー思ってたよりいろいろ入ってました。
ほとんどが3~4年前の開封済・もしくは中古のコレクショントイなので
単純に値段での比較は難しいですし在庫処分感もありますが
1000円でこれだけ入ってれば十分なんじゃないでしょうか。
福袋のワクワク感でプライスレス、その上で自分の好きな作品やキャラが
2~3種類でも入っていれば儲けもの、って感じだと思います。

で、自分の好きなのが入っていたかというと……仏像とガシャプラくらいですかね。
個人的にはジャンプ系の代わりに美少女系が少しでもあればよかったなあ、と。
まあ感じ感じ。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

福袋, アニメ・漫画, 玩具, ゲーム

毎年恒例の仙台初売り。今年も夜明け前から駅周辺のダイエーイオンや
EBeanS周辺をぶらぶらしつつ福袋を購入してきました。

昨年は予算と時間の関係でらしんばんに浮気をしましたが
今年は1年ぶりに安定と安心のボークスに突撃。
ボークスの福袋はやや高めで10000円のものが多いんですが
今回は予算と持ち運びのことを考えて5000円のキャラクタープラモ福袋にしました。
他にもいろいろ回ってから自転車を引っ張って帰ることを考えると
10000円のは大きすぎるんですよ。

 IMG_20190102_112851s-.jpg

というわけで帰宅してさっそく開封してみました。
中身はこんな感じです。

 IMG_20190102_114314s-.jpg

・ヘキサギア ブロックバスター 4536円(※Amazon価格 2200円)
・メガミデバイス Chaos & Pretty マジカルガール 5940円(※Amazon価格 4280円)
・メガミデバイス Chaos & Pretty ウイッチ 5940円(※Amazon価格 3514円)
・コレクションステージ クリアブルー 594円(※Amazon価格 296円)
・コレクションステージ スモークブラッククリア 594円(※Amazon価格 436円)

計17604円(※Amazon価格 10726円)
※Amazon価格は2019/01/02時点のものを参考にしています。

お、おお……コメントしずらい……。
いやー何と言うか実にストイックな福袋ですね。
自分がこれまで購入した福袋は
場所埋め的にアニメ系の小物がゴチャゴチャ入ってるものが多かったんですが
今回はプラモデルが3つにスタンドが2つのみというシンプルさ。
いかにも福袋、といったワチャワチャ感はありませんが
ボークスらしいと言えばボークスらしい気がします。

5000円でメガミデバイス×2にヘキサギア×1というのは十分ですし
ラインナップにああマジ子からは逃れられない在庫処理感があるのは否めませんが
ブキヤプラモが好きなら満足出来るんじゃないでしょうか。
定価で3倍、実売価格で2倍強なので価格的にもまあ良心的です。

ただ過去のボークス福袋と比較してみると
やっぱり10000円のもののほうがイイものが入っているような気がしますね。
来年は出費を恐れずに10000円いってみるか……。

ちなみに以前買ったボークスの福袋はこんな感じ。
やっぱり10000円のフィギュア系福袋は振り返ってみてもいいですね。
毎年瞬殺される人気商品だけのことはあります。
2016年にあった艦これ福袋はFGO福袋に取って代わられちゃってました。

2017年初売り~ボークス仙台 PVCフィギュア福袋(10000円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-1175.html

2016年初売り~ボークス仙台 艦これ福袋(5000円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-1032.html

2015年初売り~ボークス仙台 アクションフィギュア福袋(10000円)~
https://tktkgetter.com/blog-entry-847.html

コメント (0) | トラックバック (0)

福袋, アニメ・漫画, 玩具, ゲーム

1月の劇場公開からずっと待ち望んでいた
「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」のブルーレイが先日8/8についに発売、
ということで予約していた自分のところにも無事に届きました。

 IMG_20180811_133531s-.jpg

購入したのはもちろん定価2万円(実売1万5千円前後)の初回限定版。
映画本編が非常に面白かったので迷わずこちらを購入しました。

ただ「通常版よりも約1万円高い」と考えると
ちょっぴり物足りない部分もあるなあ、というのが正直なところ。
通販サイト等では豪華特典10点と紹介されていますが
ジャケットやケースを1つずつ計算していて水増し感があったり
映像特典がわずか8分というのもまるで時代に逆行しているようなストイックさ。
これ個別のDiscにする必要ありますかね……?
まあぶっちゃけ特典の目玉が「アナログレコード」である時点で
内容よりもファンアイテム的な性格が強いのは分かってました。はい。

とは言え各種ジャケットの描き下ろしイラストはどれも格好いいですし
設定資料や各種インタビュー、描き下ろし小説などが
収録された2冊のブックレットはしっかりと読み応えがあり大満足。
シローを主人公とした小説は雰囲気的に
もともと「インターバルピース」の1エピソードとして
構想していたものなのかなあ、と思ったり。

そんなわけで値段に見合った……かと言われると
ちょっと言葉に窮してしまうBOXでしたが
アニメ本編の面白さは言わずもがなですし
やっぱり「初回限定版」の響きには抗いがたいものがあるのです。

  

それと来月発売予定のCDが
以前に出たサウンドトラックの「増補盤」の位置づけになっており
サントラ未収録の曲がしっかりと入っているのに加えて
サントラの特装版BOXに収納可能な紙ジャケット付、というのが非常に嬉しいですね。
こちらはしっかりと「分かってる」仕様になっているので
ブルーレイの特典ももうちょっと頑張ってほしかったです。はい。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ映画, アニメ・漫画, ダイナミック系

以前に注文していた
『ゲゲゲの鬼太郎』のアニメ化50周年を記念して発行された
記念貨幣セットが届きました。

 IMG_20180626_144219s-.jpg

ゆうパックでの発送ということでコンパクトにまとめられた包装。
品名が「ゲゲゲの鬼太郎セット」なのもオツなものです。

 IMG_20180626_144858s-.jpg IMG_20180626_144832s-.jpg
 IMG_20180626_144656s-.jpg IMG_20180626_144743s-.jpg

そして中身はこんな感じ。
こういう記念硬貨を購入したのは初めてなんですが
いやーすごい豪華ですね。
硬貨は透明ケースにはいっておりケースも厚紙。

 IMG_20180626_145035s-.jpg

背表紙にもちゃんと文字が書かれているので
こんな感じで本棚にしまってもしっかりと存在感があります。
記念の保存版に相応しいですね。ファンアイテムとしても大満足です。

ちなみにこちらは2400円の通常版。
プレミアム版とも言えるプルーフ貨幣セットは
銀メダルや革製ケース付でかなり魅力的だったんですが
さすがに1万円超には手が出せませんでした。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

コレクション, アニメ・漫画

新シリーズ「ぬーぼ」も好評連載中の食べ物マンガ「くーねるまるた」の
単行本第1巻に出てきたオイルサーディン料理を作ってみました。

「賞味期限が過ぎたほうがオイルがしみて美味しくなる」という
盲点というかコロンブスの卵のような理屈がずっと気になっており
一度は試してみたかったものです。

とは言っても今のご時世では
賞味期限が切れた食品を買うことはかなり難しいです。
作中では個人商店で常連のお客さんが取り置きしていましたが
地元の個人酒店はここ10年ほどでほとんどが閉店したり鞍替えしたりで
残っているのはチェーン店のみ。
もちろん賞味期限切れの商品など取り扱っていません。

で、自分はどうしたかというと。

我々は3年間待ったのだ!

 IMG_20180405_111009.jpg

というわけでこちらが3年ほど前に購入したオイルサーディンになります。
大体のことは時間が解決してくれるのです。

そしてせっかくなので今回は買ったばかりのものも用意。
オイルサーディンにはあまり馴染みがないので
この機会にじっくりと比較してみようと思います。

 IMG_20180405_111241.jpg

まずは開封。
写真を思わず無加工のままUPしてしまったのでサイズがやたらと大きいですが
左の賞味期限切れのほうが汁の色が濃く、鰯本体も膨らんでいるのが分かります。
まさか見た目でここまで違いがあるとは思いませんでした。正直びっくりです。

 IMG_20180405_111413s-.jpg

そして作中同様に鷹の爪と一緒にトースターで温めてレモン汁と醤油でいただきます。
味自体はもちろんそんなに極端な違いはないんですが
確かに賞味期限が切れたほうが箸で掴むと崩れるような感じがあって
しみてる気はするなあ、と。
何にせよそのまま食べるには脂分がけっこうキツいので
レモンの酸味が苦手じゃなければレモン汁はたっぷり入れたほうがいいですね。

あ、それと缶が温まる前に鷹の爪が真っ黒に焦げました。
漫画のように上にちょこんと載せたほうがもちろん見栄えはいいんですが
焦がしたくないのなら油の中に沈めちゃった方がいいと思います。

 IMG_20180405_114655s-.jpg

そんなわけで微妙な違いを楽しみつつ食べ進んでいきましたが
さすがにこのまま2缶を完食するのはキツいので
残りはキャベツと合わせてスパゲッティにしてみました。
オサレな言い方をすると春キャベツのパスタです。もう初夏だけど。

あ、それとオイルサーディンの油でニンニク炒めたらすっごいいい匂いしたの。
マジオススメ。超うまい。ごちそうさまでした。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

グルメ漫画, アニメ・漫画