永井豪 「デビルマンサーガ 第22話」 感想

ヴァルバとの戦いもついに決着となる『デビルマンサーガ』の第22話。

というわけで長かったヴァルバとの戦いも今回で終了。
いろいろあったけど結局ジェフとケリーを助けられなかった……というのは
まあ予想通りの流れなんだけど
細胞レベルでの融合、拒絶反応が起きるというのは
原作「デビルマン」の無差別合体や
「レディー」終盤のデーモンたちの復活を思い起こさせる
興味深い描写だなあ、と。

そしてジェニーが二人のテレパシーを強く感じていたのも気になるところ。
単なる「超能力者だから」では済まされない気もするし
彼女も何らかの形で過去のデーモンとの繋がりがあるんじゃないかな。

 

そして先日発売した単行本の2巻では
販促のプロモーション映像が作られてYoutubeなどで公開中。
以前の「グレンダイザーギガ」に続いての販促映像ということで
最近のダイナミックプロ作品は宣伝に力が入っているなあ。

『ギガ』では新作アニメーションによって
「海外で大人気となったTVアニメ、グレンダイザー」の新作
というのを強調していたけれど
今回は漫画本編のコマを用いたモーション・コミック的な映像で
永井豪氏の漫画『デビルマン』の最新作であることを
アピールしている感じだね。
しかし単行本1冊半のストーリーを1分半で完璧に説明出来るんだなあ。
やっぱりペース遅いわ。

  

コメント (0) | トラックバック (0)