WEB漫画 「009 VS デビルマン BREAKDOWN 第1話」 感想

月刊シリウスによるWEB漫画ページ「水曜日のシリウス」にて
吉富昭仁氏による漫画
「サイボーグ009 VS デビルマン -BREAKDOWN-」が連載開始。
先月発売された小説「トゥレチェリイズ~裏切り者たち~」に続いての
メディアミックス展開ということで
いろいろと関連作品が出てくれるのはやっぱり嬉しいなあ。

そんなわけでこちらの『BREAKDOWN』。
まだまだ導入部ということで
アバンタイトル的に両者の激突を見せた後に
回想シーンの中で状況を説明していく……という正統派の展開。
両作品の主題歌のフレーズを上手く組み合わせたアオリ文などは
コラボ作品の醍醐味、といった感じだね。
吉富昭仁氏の丸みを帯びたキャラデザで描かれるジョーたちはかなり新鮮。

そして気になるのは「また時空を飛んだようだ」などの了の台詞から
時系列やシチュエーションが『新デビルマン』に近いものであるというところ。
ただ『新デビルマン』には
「デーモンによる歴史への干渉を阻止するために過去に飛ぶ」
という「過去」でなければならない理由があったのに対して
今回は「未来」に飛んでいるので
一見似ているようで違う雰囲気もあるね。
吉富昭仁氏は過去に『地球の放課後』で
牧歌的でのんびりとした近未来の崩壊世界を描いていたけれど
『BREAKDOWN』の近未来は正反対だなあ。

そんなこんなで映画公開に先駆けて始まった漫画版。
アニメ本編とは別モノの完全オリジナルストーリーになるみたいだし
こちらも楽しみ楽しみ。

  

コメント (0) | トラックバック (0)