WEB漫画 「009 VS デビルマン BREAKDOWN 第9話」 感想

WEBコミック誌「水曜日のシリウス」にて連載中の
『サイボーグ009 VS デビルマン -BREAKDOWN-』の第9回目となる
「ACT-5 融合 (前編)」が更新。

今回は前回に続いて一気にストーリーが加速し
ついに009とデビルマンの世界が混じり合った改変世界が誕生。
明とジョーが同学年だったり木刀政がジョーのことを知っていたり、というのは
純粋にワクワクする設定だし
こういう学園が舞台の単純なコラボレーションもいつか見てみたいなあ。

そんなこんなでアオリ文などの予告によれば
次回でいよいよ最終回っぽい「BREAKDOWN」。

旬の短いメディアミックス漫画ということで
約半年の連載で単行本1冊ぶんのボリューム、というのは
最初から決まっていたような感じもするけれど
タイムワープを繰り返す複雑なストーリーを展開するには
やっぱり尺が短すぎたんじゃないかな、というのが正直なところ。

吉富昭仁氏らしく綺麗にまとまりそうな感じはするけれど
逆に言えば綺麗にまとまりすぎて「遊び」の部分が少なかった印象もちらほら。
個人的にはもうちょっとドタバタというか
もっとハチャメチャで荒唐無稽な部分があっても良かったなあ、と。

  

コメント (0) | トラックバック (0)