永井豪 「デビルマンサーガ 第11話 感想」

ここに来てようやく主人公、勇希がアモンへと変身した
『デビルマンサーガ』の第11話。

今回は変身した勇希=アモンによって
白縫女史=シレーヌが落ち着く……という
アクション的に盛り上がりそうで盛り上がらなかったなんとも微妙な展開。
ここでアモン対シレーヌの一悶着があると期待していただけに
シレーヌがあまりにもあっさりと懐柔(?)されてしまったのは
どうにも拍子抜けだなあ。うーん。

『デビルマン』から『レディー』『新ジャック』まで
シレーヌのアモンに対する「愛」には
どこか歪んだ愛憎と呼ぶべきものがあったけど
『サーガ』のシレーヌはアモンに対してすごい素直というか
これ完全に恋するヒロインですわー、みたいな感じ。
しかし鎧と兜のアレを「アモン!」と言われるとやっぱり違和感が。

あと前回の感想でも書いたけどやっぱりアモンの鎧は不完全っぽいね。
勇希の意識は人間のままであっという間に変身が解けた感じだし。

というわけで最終ページの「白縫を抱きながら佇む勇希」の構図などから
ストーリー的には今回で一区切り、のような雰囲気もあるけれど
やっぱり盛り上がりに欠けるというか
話運びがちょっと大人しすぎるなあ、というのがここまでの印象。
勇希の変身も覚悟や生命の危機がないままの偶然の融合って感じだったし
もうちょっと鬼気迫るような派手な展開を見せてほしいね。

   

コメント (0) | トラックバック (0)