エースコックの「EDGE 鬼辛焼そば」を食べてみる。

新商品の激辛カップ焼きそば
「EDGE 鬼辛焼そば カップ焼そばに激辛スパイス入れすぎた件」なるものを
コンビニで見つけて思わず購入。
どうやら鬼盛りをウリにした「EDGE」というシリーズの一つで
マヨネーズをたっぷりかける「鬼マヨ」が前作としてあったらしいけど
残念ながらそちらは食べたことないなあ。
別に大盛マヨネーズにはそんなに魅力感じないしまあいいか、と。

 20140521.jpg

というわけでこの「EDGE 鬼辛焼そば」をさっそく作って一口。
……あ、魚粉だわこれ。
後入れスパイスの見た目が「いかにも一味唐辛子」って感じに真っ赤で
以前食べた「極辛RED」なんかを思い出したけど
こちらは魚介パウダー(魚粉)の匂いがかなり強く
良くも悪くも唐辛子のクセを打ち消している印象。
両方ともエースコック発なので焼きそばの味自体は「極辛RED」に良く似ているし
魚粉の匂いが苦手なら「極辛RED」、唐辛子の匂いが苦手なら「EDGE」
みたいな感じで上手く棲み分けられているんじゃないだろうか。

また「鬼辛」ということでもちろんかなりの辛さなんだけど
「激辛ペヤング」を始めとした最近の激辛商品の中では
やや抑え目の辛さといった感じ。
まあそれでも「辛いの苦手な人はムリ!」な辛さではあるんだけど。

っていうか「激辛ペヤング」の登場によって
一般的な「激辛」の基準が分からなくなった感じ。
一種のターニングポイントだよねアレって。

そんなこんなで完食。ごちそうさまでした。

どうでもいいけどこういういかにも「ネットで話題にして下さい」的な
わざとらしいネーミングはあんまり好きじゃない件。
っていうか完全に滑ってるねこれ。

あといま気付いたけど「焼きそば」じゃなくて「焼そば」なのねこれ。
ちょっと違和感。

  

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

辛い食べ物