永井豪/高遠るい 「デビルマンG 4巻」 感想

チャンピオンREDでの連載も佳境に入った感じがする
「デビルマンG」の単行本第4巻が発売。

今回はデーモン軍団の宣戦布告までを収録。
キーキャラクターとして「魔王ダンテ」の宇津木(空宜)や
「闘神デビルマン」の神代(守城)なども登場し一気に賑やかになった感じ。
前回の美樹ちゃんのデビルマン化あたりから
どんどんオリジナル要素が強くなっている感じだねこれ。
特に明(アモン)がデビルマンではなくデーモンだという原作との相違点によって
デーモン側の動向がかなり複雑+詳細に描かれているところが面白いわ。
ツバサ(シレーヌ)と東大寺の今後の関係なんかも気になるところ。

そして本巻ラストの宣戦布告からいよいよ
「とうとうここまで私の話を聞いてしまいましたねえ」的な最終章に突入といった雰囲気。
しかしこれ作中でいつの間にか1年も経ってたのか……。
連載開始から1年になるし現実世界に合わせただけかもしれないけど
火星接近の周期などがキーポイントになってるから
1年じゃなきゃいけない理由なんかもあるのかな。

しかし前にも書いた気がするけど本作のアモンは弱いというか
「普通よりちょっと強いデーモン」って感じだなあ。
「AMON」や「デビルマン対闇の帝王」などのデビルマン関連作品だと
どんどんアモンの設定が拡大解釈されて神々に比肩する存在になっちゃってるから
苦戦や敗北の多い本作のアモンはなんか新鮮だわ。

   

コメント (0) | トラックバック (0)