安部真弘 「侵略!イカ娘 15巻」 感想

雑誌連載も300回を迎えた長期連載となっている
「侵略!イカ娘」の単行本15巻が発売。
早苗のイカ娘グッズまみれの部屋がついに清美ちゃんにバレてしまったり
シンディー+3バカの上司っぽい人からの連絡があったりと
話が大きく動きそうな気もしたけれど
やっぱりいつもの日々が続いていく「ずっと真夏の侵略コメディ」が展開。

そして今回は新キャラとして女性警察官の古川さんが登場。
14巻の白椙姉さんに続いての大人の女性キャラだし
しばらくはこういう立ち位置のキャラを増やしていくのかな。
「ある程度巻数が進んでからの婦警さんの新キャラ」ということで
同じチャンピオンで連載していた「無敵看板娘」の権藤さんなんかを思い出すね。

また巻末コメントにあるように悟郎と磯崎にスポットの当たるエピソードも多く
特に悟郎VS磯崎のライフセーバー対決なんかは
今まで無かったのが不思議なくらい正統派のストーリーといった感じ。
しかしいつの間にか悟郎のエビチャーハン好物ネタが定着してるなあ。
個人的にはカウンター設置話のギャグ漫画調のオチが好きだったり。

 

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画