「サイボーグ009 conclusion GOD’S WAR 第23話」 感想

新たな力を得たサイボーグ戦士たちの反撃が始まった
「サイボーグ009完結編」の漫画版第23話が更新。
今回のサブタイトルは「~新宿牙城~」。
小説の後書きによれば「新宿の高層ビル街に、蜘蛛の巣状の神の牙城」というメモが
構想ノートにあったらしいから恐らくそこから取ったものだろうなあ、と。

そんなわけで今回は小説版のP91~P113までを漫画化。
絶望から一転しての大反撃ということで見せ場だと意識しているのか
普段よりも細かくビル街や無数の邪鬼たちが描かれており
特に最初の数ページはかなり描き込まれている感じ。

それだけにこのあたりの戦闘シーンはもっとじっくり読みたかったというか
正直今回の話はじっくり2話かけてやってもよかった気がするなあ。
なんかこの漫画版って全編同じペースで淡々と進んじゃってるんだよね。
せっかくの新しい力のお披露目なんだしもうちょっとメリハリが欲しいところ。

中でもジェロニモとピュンマの2人なんか戦うシーンが皆無で
新しい能力をセリフで説明するだけになってるのはさすがにどうかと思うわ。
っていうか小説で地の文だったところを全部キャラに喋らせてるせいで
32~33Pの皆の会話がものすごい説明口調になってるし。
せっかく絵で見せられる漫画なのに勿体ないなあ。
特にピュンマの不自然すぎる長セリフは何とかならなかったんだろうか。
あと最終ページのハインリヒの笑顔が妙にジワジワ来る。何だこの爽やかな顔。

そして前半クライマックスの新宿決戦に向けて盛り上がるところで次回に続く。
このペースで行くと次回は超巨大モアイが登場するんだろうけど
ここらで一発ドカンとボスキャラっぽいところを見せてほしいなあ。
邪鬼や鰐モドキたちとの戦いが微妙にチマチマした感じになっちゃってるし。

ところで今回から新コスチュームになってるはずなんだけど全く言及してないね。
まあ白黒ページじゃ色の違いも分からないし別にいいか。

    

コメント (0) | トラックバック (0)