「サイボーグ009 conclusion GOD’S WAR 第24話」 感想

単行本の3巻も発売した「サイボーグ009完結編」の漫画版第24話が更新。
今回は「~牙城の壊滅~」と題してこれまでより10Pほど多いページ数での掲載。
ページ数が多くても変わらずに月2回しっかり更新してくれるのは嬉しいね。

そんなわけで今回は増ページで小説版の下巻113Pから134Pまでを漫画化。
前半のボスである超巨大モアイとの決戦で一気に盛り上がる……はずなんだけど
前回も書いたようにちょっと緩急なく進みすぎな気がするなあ。
22話までが敗北エピソードで23話で大逆転、
そして今回の24話はまたまたモアイ相手に大苦戦で妙にせわしないというか
せっかく全員が超パワーアップしたのに
そのあたりが上手く描かれないまま話が終わってしまった印象。
23~24話の部分は5~6話くらいかけてでもじっくり描いてほしかったなあ。
あとやっぱり今回も不自然な説明ゼリフが多いね。
「内部があらわれた!」はさすがにないわ……。

ただ今回も前回に引き続いて画に力が入っていて
「これ漫画で描いたらギャグになっちゃうんじゃないか」と不安だった
「女性の体と樹木の根を持つ超巨大モアイ」が
しっかりと不気味な存在として描かれていたのが嬉しかったところ。
ラストの大爆発もちゃんと迫力のあるものになってたし
荒唐無稽アクション漫画として普通に面白かったわ今回。

そんなこんなで今回で首都決戦が終了し
2部構成になっていた小説下巻の半分をここで消化。
とは言えずっと首都圏が舞台だった前半と比較すると
後半は1~2Pごとに舞台が切り替わる世界規模の戦いになっていくわけだし
まだまだこれからが本番って感じかな。

ところで21P~22Pで004本人のミサイルをモアイが跳ね返してるけど
小説だと「自衛隊の援護射撃が跳ね返される→004が攻撃が無駄だと悟る」
って流れになってるんだよね。
今後の展開を考えても自衛隊や米軍がサイボーグ戦士たちの戦いに介入したり
彼らの存在に気付いたりするような描写は入れてほしかったなあ、と。

    

Sponsored Link

コメント (0) | トラックバック (0)