「輪姫少女 -Fiat Voluntas Tua-」制作後記 第5話

もうちょっとだけ続くんじゃよ、的な反省会第6回。
ネタがなくなってきたけどとりあえず最後まで書ききってみよう。

---------------------------------------------—-
何となくいろいろとやりながら時は流れ2011年9月。
2011紅白への参加を決めたのはこの頃だった。
これ以上引き延ばしていたら絶対に完成しない。
そんな危機感からの決意である。
どんな形になったとしても今年中には纏まったものとして出してやる。

そして同時に本作の制作ペースも一気に加速していくことになる。
当初の予定通り第5話にしてようやくストーリーが動き始めるのだが
そういう意味ではここで初めて一本筋の通った展開になったと言っても過言ではない。
実際にテストプレイしてみてもここらへんの流れには無理がない。
導入に苦悩した1~2話、手探り状態だった3~4話を経て
ようやくここまで来たんだなあ、と感慨深くなったのを覚えている。
峠を越えた感覚が自分の中にもあった。あとはラストまで一直線だった。たぶん。

特にティアが心情を吐露するシーン、ショコラが自らの正体を明かすシーンは
ごく初期から思い描いており約2年の時を経てようやく形に出来た次第である。
ボス戦からのノーセーブ長丁場イベントと言うこともあり
当初の予定よりかなりあっさり気味になったけど。

つづく。

コメント (0) | トラックバック (0)