ジャーナリストとして真実を明らかにしようとする美紀ちゃんに対し
強行策に出る国軍省の面々が描かれる『デビルマンサーガ』の第83話。

というわけで今回はシレーヌに襲撃された美紀ちゃんの去就が中心となる展開。
また本筋のストーリーには直接関係がないものの
ホーカーの失った四肢を勇希が自分の会社の技術で補おうとするシーンは
ロボット工学者、という勇希の設定がきちんと活かされていて興味深いところ。
以前に出てきた生物兵士たちもそうでしたが
デビルマンとデーモンの他にロボット工学や遺伝子操作といった
人間ならではの技術が入ってくると物語に深みが出てきますね。
軍人であるホーカーが明るく振る舞うことで
民間人である勇希の責任が少し軽くなる、という流れになっているのも
何だかホッとするところです。

そして何よりも気になるのが「悪魔の壁画に招かれた」という
アスカたちの状況。
いやー正直美紀ちゃんやシレーヌ周りの話よりも
こっちのほうが数倍ワクワクしますね。
あちらもあちらで
「美紀ちゃんがジャーナリストであることを優先するのなら死んでもらわなければならない」
と過激な展開にはなっているんですが
アスカたちのほうで起こっている壮大な話と比べると
どうしても見劣りしてしまいます。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

美紀ちゃんの目の前で変身して彼女に襲いかかるシレーヌ、
そしてアメリカの貝阪やアスカなどの動向が久々に語られた
『デビルマンサーガ』の第82話。

というわけで今回はジャーナリストである美紀ちゃんがシレーヌに襲われる展開。
「国軍省へのマスコミの風当たりが強い」という話が前回出ていましたが
そのマスコミ側である彼女が巻き込まれたことで
ようやく良くも悪くも事態が進んでいく感じがしますね。

そしてシレーヌを思慕するカイムを自分の中に感じる貝阪氏や
南極へと向かうアスカの様子が描かれて次回に続く。
いやー貝阪氏もアスカも久々の登場になりますね。
特にアスカ周りではジェニーやダンテスなど物語の根幹に関わっている
であろうキャラたちも登場し
今後の展開が非常に楽しみなところです。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

   デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

白縫さんの身を案じつつも表立った行動に出ることが出来ない
勇希の苦悩が中心となる『デビルマンサーガ』の第81話。

というわけで今回は日本へと戻った勇希たちの状況整理、という
キャラ同士の会話が中心の地味な展開。
なかなか派手な行動に出ることが出来ない勇希がもどかしさを覚えていますが
ここは読者的にも「もっと派手にアクションを起こしてくれよ!」と思ってしまいますね。
かつての「デビルマン」と比べるとメインキャラ勢を大人にしたことで
設定がリアルになったぶん「大人の事情」によるブレーキがかかることも多く
話の進みもそれに伴って地味になってしまっている、というのは
本作全般に言えることだと思います。

そして美紀ちゃんの前に白縫さんが姿を見せたところで次回に続く。
勇希に好意を持つ白縫さんにとって美紀ちゃんは
はっきり言ってしまうと邪魔な存在ですし
洗脳によってタガが外れてしまった感のある彼女が
美紀ちゃんに悪意を持って襲いかかる、といった感じかなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

  デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

洗脳されたシレーヌとアモンとの戦い、
そして生物兵器たちの暴動によって事態が思わぬ方向に向かっていく
『デビルマンサーガ』の第80話。

というわけで今回は望まぬ形で始まってしまった
シレーヌvsアモンから始まる展開。
「誇り高き女戦士」と自称するシレーヌが実は洗脳されている、
というのは皮肉が効いてますね。

で、今回はこの二人の決着は横やりが入ったことでお預け、
という感じなんですが
デビルマン・グルウのパンチ一発で
敵側が連鎖爆発的にドカーンというのはちょっとやっつけが過ぎるというか
半分ギャグっぽくなっちゃってる気がするんですが
これでいいのかなあ、と思ってしまったり。
敵側がピタゴラスイッチさながらに勝手に自滅する展開は
何だか『Zマジンガー』の最終決戦を思い出しますね。
あれも「まだ油断はできないがとりあえず勝ったんだ!」と
いうなんとも言えない幕引きでしたし。

そんなこんなで中熊重工の面々はこっそりと脱出して
島での戦いに一区切りついたところで次回に続く。
うーんなんだか良いところまで行くのに攻めきれない、という
もどかしい展開が続きますね。
個人的にはシレーヌとアモンとの戦いをもっと見てみたいんですが
そのあたりは今後の展開に期待かなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)

  デビルマンサーガ, アニメ・漫画, ダイナミック系

さようならツクールMV! さようならツクールMZ! ただいまツクールVXAce!
というわけでいろいろ他のツールに浮気したりエターなったりしていましたが
かれこれ4~5年ぶりに「RPGツクールVX Ace」に舞い戻ってきて
長編RPG『妖鬼少女』の制作を再開いたしました。
え? サポート終了? こまけぇこたぁいいんだよ!

20210123-1.jpg

そんなこんなでこちらも久しぶりの制作日誌となりますが
現在は当時作っていたところまでのイベントやマップ、データベースなど
(マップは第2章の途中まで、イベントは最初のダンジョン~街まで)を
見直していらない部分をどんどん削っていく作業を行っています。

断捨離というか何というか
こういうのは当時ハマっていたものや影響を受けていたものが分かって面白いんですが
冷静に見てみると自己満足でしかないというか不要なものが多いということに気づくのです。

あ、それとMVやMZといった新作ツクールを蹴ってVXAceに戻ってきたのは
スクリプトエディタが個人的に扱いやすかった、という部分も大きいですね。
MV以降の「設定するパラメータが最初から表示されているプラグイン画面」は
確かに簡単で親切、不具合も起こりにくいものなんですが
自分のように「1から組むことは出来ないけど加工くらいはしたい」人にとっては
全てのスクリプトを中身も含めてリスト形式で俯瞰することが出来る
VXやVXAce形式のエディタのほうが便利に思えます。
あと単純にJavaScriptよりRGSS3のほうが日本語的で分かりやすいです。

20210123-2.jpg

例えばこれは以前に書いたセーブ画面スクリプトの加工ですが
39行目の「現在のマップ名を取得する」部分をコメントアウトして
40行目の「アクター54の名前を取得する」ようにしています
こんな感じの細かい書き換えをいろんなところで行っています。
こういう一部の仕様だけちょっと変えたりするのはVX系のほうが簡単です。
MVやMZみたいな外部ツールが充実しているのも嬉しいけど
1つのエディタ内で完結しているVX系の作りやすさもまた魅力的なのです。

そんなこんなでのんびりと制作を再開した本作『妖鬼少女』。
週1ペースくらいでこの制作日誌も更新していきます。

コメント (2) | トラックバック (0)

  妖鬼少女(現在制作中), RPGツクール