永井豪 「デビルマンサーガ 第81話」 感想

白縫さんの身を案じつつも表立った行動に出ることが出来ない
勇希の苦悩が中心となる『デビルマンサーガ』の第81話。

というわけで今回は日本へと戻った勇希たちの状況整理、という
キャラ同士の会話が中心の地味な展開。
なかなか派手な行動に出ることが出来ない勇希がもどかしさを覚えていますが
ここは読者的にも「もっと派手にアクションを起こしてくれよ!」と思ってしまいますね。
かつての「デビルマン」と比べるとメインキャラ勢を大人にしたことで
設定がリアルになったぶん「大人の事情」によるブレーキがかかることも多く
話の進みもそれに伴って地味になってしまっている、というのは
本作全般に言えることだと思います。

そして美紀ちゃんの前に白縫さんが姿を見せたところで次回に続く。
勇希に好意を持つ白縫さんにとって美紀ちゃんは
はっきり言ってしまうと邪魔な存在ですし
洗脳によってタガが外れてしまった感のある彼女が
美紀ちゃんに悪意を持って襲いかかる、といった感じかなあ、と。

 

コメント (0) | トラックバック (0)