永井豪 「デビルマンサーガ 第68話」 感想

勇希がついに国軍省への協力を決意し
彼をリーダーとする日本のデビルマン軍が結成される
『デビルマンサーガ』の第68回。

というわけでこれまでの物語が整理されて亀井教授+中熊重工という
勇希&国軍省にとっての共通の敵がはっきりした今回のエピソード。
勇希の立場やロボドリーム社の方針なども大きく変わって
ここで初めて勇希にとっての目的、デビルマンとして為すべきことが
明確になった感じですね。

そして気になったのが勇希に対する国軍省の面々の態度。
原作『デビルマン』では不動明の強さをこれでもかと見せつけて
不良グループたちを引っ張っていく感じでしたが
『サーガ』では「アモンの力は認めても勇希のことはまだだ」と
勇希に対して少なからず不満を抱いているのが印象的なところ。
『デビルマン』と違って各キャラクターが大人になったこともあって
このあたりの簡単にお互いを認めない関係性は非常にリアルですね。

また個人的に「おお」と思ったのが
わずかながらも「勇希が軍人を嫌う理由」に言及されていたところ。
これまでの描写では良くも悪くも平和ボケというか
理想主義的なところが強調されていた勇希ですが
「幼少時からの刷り込み」という理由が入ることで
ようやく読者にとっても彼の主張に納得出来るようになった感じです。

美紀ちゃんやアスカを交えての幼馴染み関係など
このあたりのバックボーン、過去話や設定はかなり面白そうなので
今後の描写にも期待したいなあ、と。

そんなこんなで美紀ちゃんの前に白縫さんが現れたところで次回に続く。
シレーヌと合体後の彼女は自らの欲求に素直なキャラとして描かれていますが
ここでもそんな彼女の積極性が強く出てきているなあ、と。
勇希を巡るもう一人の女性である美紀ちゃんの気の強さも言わずもがななので
この二人が出会ってしまったらもう一触即発ですね。
ストーリーも新展開で中盤戦に突入、的な雰囲気もありますし
どんどん面白くなってきている感じです。
次回も楽しみ楽しみ。

  

コメント (0) | トラックバック (0)