永井豪 「デビルマンサーガ 第67話」 感想

白縫さんや国軍省の乱入によって戦いに勝利すると同時に
秘密を話さなくてはならない状況に追い込まれた勇希の苦悩が描かれる
『デビルマンサーガ』の第67回。

というわけで今回は国軍省の面々と勇希の会話が中心の展開。
会話がメインなので物語的には動きは無いけれど
国軍省、勇希の両者がこれまでの状況を整理することで
読者から見ても現状が分かりやすくなった雰囲気。

特に「この国の人々を守ろうとして戦った」勇希の行動が
彼が嫌っている軍人と同じもの、というのが指摘されたのは興味深いところ。
これまでの勇希は完全に巻き込まれ型で衝動的な行動が多く
自分を省みる、客観的に考える余裕がなかっただけに
この指摘は今後の勇希の指針にも大きく関わってきそうだなあ、と。

そんなこんなで次回に続く。
それと先日発売した単行本7巻ですが
表紙は魔将軍レイという意外なチョイスでしたね。
作中ではまだ目立った活躍の無い彼女ですが
ド迫力の見開きページがあったりとかなりプッシュされている感じなので
今後の活躍が楽しみです。

  

コメント (0) | トラックバック (0)