永井豪 「デビルマンサーガ 第52話」 感想

国軍省との会話の中で自分の気持ちの変化に戸惑う勇希、
そして白縫さんが血気盛んな兵士たちに……と
国内・国外両方で話が大きく動き始めた『デビルマンサーガ』の第52話。

というわけで今回は前回の続きになる形で
それぞれの思惑が語られる展開。
中でも興味深いのは「デーモン・アーマーについて話したい」
という衝動に駆られる勇希の描写。
今までアーマーに関わること、戦いに携わることを拒否し続けていた勇希が
自分から渦中に飛び込もうとしている……ということで
ストーリー的にはここらへんがターニングポイントになるのかなあ、と。

そして海外パートではトレーニング中の白縫さんを兵士たちが襲撃。
ジムのプールだったり学校のプールだったりと
永井豪作品ではこの手の水着シチュエーションが多い気がしますね。
水着=無防備というイメージがありますし
話の流れに説得力を持たせつつサービスシーンを描ける……ということで
永井豪先生のお気に入りの展開なのかもしれません。

しかしシレーヌが名無しの雑魚兵士たちに倒される場面は想像がつかないですね。
全員を返り討ちにして疲弊したところに
ニヤニヤしながらゴーダー氏が出現、みたいな感じになるのかなあ、と。

そんなこんなで次回に続く。
話はどんどん面白くなっているんだけど
前回、今回の話は流れ的にまとめて読みたかったというか
2回に分けられてしまったせいで
緊張感が薄れてしまった部分があるなあ、というのが正直な感想。
この際月間連載でもいいので
まとめて数十ページ一気に読みたいところです。はい。

  

コメント (0) | トラックバック (0)