永井豪 「デビルマンサーガ 第51話」 感想

国軍省に招かれた勇希、そして海外ではゴーダー氏の陰謀が……と
いよいよ話が大きく動き出した『デビルマンサーガ』の第51回。

そんなわけで今回はこれまでちょこちょこと登場していた
『デビルマン』の不良グループ(のパロディキャラ)たちが
勇希の周りに一同に会する展開。
今まではぶつ切れだったストーリーがようやく繋がった感じで
こういう集合シーンは非常にワクワクしてきますね。
前回のモブキャラ的なチンピラが実は……という意外性も嬉しいところ。

そして海外パートでは
血気盛んなデーモン・ソルジャーたちを利用し
ゴーダー氏が白縫さんを排除しようとする流れに突入。
こうなると貝坂=カイムは黙ってはいないだろうし
こちらの動向も非常に楽しみな感じです。
この手のレイプ展開は永井豪作品ではお馴染みというか
やっぱり『サーガ』は完全にシレーヌがヒロインとして描かれてるなあ、と。

そんなこんなで次回に続く。
日本パートと外国パートは今のところ完全に別個のストーリーが展開してるけど
二つの物語が重なるのはいつになるのかな。

  

コメント (0) | トラックバック (0)