永井豪 「デビルマンサーガ 第48話」 感想

勇希が再びアモンの鎧をまといデーモンとの戦いに挑む
『デビルマンサーガ』の第48話。

というわけで今回はいきなりの見開きページに始まり
デーモンとの大ゴマ連発の激しい戦闘、
アモンの力を振るうことに喜びと興奮を覚える勇希、
永井豪作品ではよく登場する「外道!」のフレーズなどの見所が満載。
そしてそんな勇希を裏で操っているかのような
アスカ+ジェニーの描写もあり話が一気に進んだ印象。

また「戦いの後には記憶を失っている」という状況や
アスカの口から出てきた「デーモンハンター」という言葉など
原作『デビルマン』の飛鳥了を彷彿させるシチュエーションが
個人的には気になったところ。

もしかしたら本作の勇希は不動明でもあり
同時に記憶を操作されている(序盤~中盤の)飛鳥了でもある
立ち位置になっているんじゃないかなあ、と。

そんなこんなで次回に続く。
いやーやっぱりバトルアクションが入ると話が一気に引き締まってきますね。
もしアモンが記憶を操作しているのならその理由は?
などの謎もありますし今後の展開が非常に楽しみです。

  

コメント (0) | トラックバック (0)