永井豪 「デビルマンサーガ 第31話」 感想

休載を挟んで一ヶ月ぶりの掲載となった
『デビルマンサーガ』の第31話。

中熊重工と亀井教授の接触によって
次は日本で事件が起こるぞ! というお膳立てが整い
更に「不動明(王)」「デビルマン」といったキーワードが出てきたことで
長かった勇希、アスカ、ジェニーの会話もようやく終わりそうな雰囲気。
「だからこそ人の力を加えて欲しい」というフレーズには
どことなくマジンガーっぽさも感じるね。

とはいえこの三人の会話はテンポが悪すぎたというか
正直月2回掲載でやるペースじゃなかったと思うんですよ。
さすがにリアルタイムで数ヶ月ずっと会話されてもなあ、と。

ともあれ次回は巻頭カラーで派手なアクションがありそうな予感。
次回こそは本当に話を進めてください。マジで。

  

コメント (0) | トラックバック (0)