筋肉はゴリラ!
牙は狼!
燃える瞳は原子の炎!
暴力と血の臭いを携え、あの男が帰ってきた!

単行本化アナウンスもされたもののお蔵入りになっていた
「新バイオレンスジャック」がついに上下巻で同時発売。
しかも帯によると100P以上の大幅描き下ろしを加え再構成、というまさに完全版。
連載時は「これまとめて読まないと分からないな」と途中で切っちゃったんだよなあ。
メディアファクトリー発行な所に大人の事情を感じるけど気にせず喜ぼう。

さて、まずこの「新ジャック」を読む前に念頭に置いておきたいのが
かつての「バイオレンスジャック」最終エピソード「魔王編」において明かされた
「ジャック=デビルマン」という図式。
本編完結後に描かれたエピソードということで「ジャックの正体」は無視出来ないわけで、
それは以前に「魔王降臨編」で夢枕獏氏が指摘していた通り。

そのことを踏まえた上で今回の「新ジャック」を見てみると
まず帯には「バイオレンスジャックが復活する時、デビルマンの新たな神話が始まる!」
折り込み広告には「これはデビルマンの正統な続編である!」
と、ジャック=デビルマンを隠す気がゼロ。
そして本編も当然のように
スカルキング=スラムキング=飛鳥了っぽい伏線があったり
ジャックの目の下に不動明の目の下のアレが出てきたり
ハルマゲドンがかつてあったようなセリフを喋ったりと
「デビルマン」やかつての「バイオレンスジャック」を意識した内容まっしぐら。
何だこの未見の人置いてけぼり+タチの悪いファンがニヤニヤする展開は。
これ知らない人は全然分からないよなあ。
連載が打ち切りっぽく終わってしまったのもそのせいだったんだろうか。
まあコアなファン以外が単行本買うとも思えないからいいんだけどね!

そしてスラムクイーン登場+舞台が地獄であることが示唆されて下巻に続く。
巨大化したり服をイメージしたりと
「精神力が物を言う地獄」っていうのは「デビルマンレディー」と全く同じ設定だなあ。
もし本当に「新ジャック」の舞台が地獄なら
時系列的には「デビルマン→新ジャック→ジャック」となって
死んだ不動明が復活する話とも考えられそうだ。

下巻の感想はこちら

    

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, ダイナミック系

数ヶ月前に発売した「真マジンガー コンプリートガイド」の中で
「今春発売予定」とだけ表記されていた真マジンガーのタイピングソフト。
アナウンスが無いので正直お蔵入りになったと思ってたけど先日ついに発売。
今日はとりあえずノーマルモードを一通りクリアしたので所感でも。

○タイピング部分
アニメの第1話「大団円」を除いた全25話がそれぞれ1話ずつ再現されている。
各話は25問で構成。8問目、16問目をクリアすると小休止のつもりなのか
「真マジンガー 衝撃!Z編 タイピング」のアイキャッチと共に
「マジンガァーーーーーゼェーーーーーットォ!!!」の大音量玄田ボイスが流れる。
結果としてクリアまでに「マジンガァーーーーーゼェーーーーーットォ!!!」
数十回以上聴くことになる。後半はもう笑うしかないわこれ。
そして16問目クリア後にはバックで流れる曲が
「感じてKnight」あるいは「守護神-The guardian-」に変わり否が応でも盛り上がる。
ちなみにリザルト画面で流れるのは第2期エンディングテーマ「強き者よ」。
というわけで使用されているボーカル曲は
・「感じてKnight」(ULTIMATE LAZY for MAZINGER)
・「守護神-The guardian-」(JAM Project)
・「強き者よ」(SKE48)

の3曲とかなりの大盤振る舞い。もしかして結構使用料かかってるんじゃないだろうか。
ちなみにタイピングで打つ文章の内容、
第1話では「兜甲児」や「あしゅら男爵」「鉄の城」といった短い人名や単語であるが、
後半では
「男である以上、敵に背中は向けられない!」
「光子力を奪われるくらいなら自滅を選ぶ!」
「見ろ、Dr.ヘル!能ある鷹はパンチを隠す!」
「行け行け!腹だ!背中だ!足だ!ようしとどめだああああ!!」

といった長文をノリノリで打ち続けることになる。

○動画
ゲームを起動するとまず第1期OPの映像がそのまま流れる。
そして各話クリア毎にアニメ取り込み+新規ナレーションによるダイジェストが3分前後。
合計で2時間前後のムービーがあるのでアニメの総集編として観るのもいいかもしれない。
また、アニメ部分はTV版ではなくBD/DVD版からの取り込みのようで、
BD/DVDにしかない部分も散見することが出来る。

しかしいくらアニメ取り込みといってもスタッフクレジットまでそのままなのは
(主に声優的な意味で)虚しくなる。
せめてノンクレジットにしてほしかった。
ちなみにこの動画、なぜか.flvファイルでフォルダに入っていたので
タイピングをクリアしなくても観られたりする。

○声
声優陣によるボイスはなく、完全に玄田氏の新規ナレーションのみ。
その代わり玄田氏による「変身!ゴッドスクランダー!」「ビッグバンパンチ!」
などが聞けるのである意味貴重かもしれない。

○難易度
キャラ物のタイピングソフトを多く発売しているイーフロンティアだけあって
難易度は普通のタイピングソフトとほぼ同じ。
キャラ物だからといって難易度が低いとかいうのは感じられない。
良くも悪くも普通のタイピングソフト…と思ったけどローマ字入力しか出来ないよこれ!
自分は気にならなかったけど入力方法の細かい設定が出来ないのは
人によっては辛いんじゃないだろうか。

というわけでタイピングゲームとしては「普通」としか言いようが無いけど
ナレーションやムービー、楽曲がかなり豪華なので
ファンアイテムとして押さえておくには正解のような感じ。
余裕があれば一話ごとの細かい攻略日記や感想も書いていきたいなあ、と。

  

コメント (0) | トラックバック (0)

ダイナミック系, マジン打, ゲーム

一週間ほどチェックしてなかったうちにいつの間にか公式サイトがオープンしてた
ダイナミックOVA最新作「マジンカイザーSKL」。
「真ゲッター対ネオゲッター」や「新ゲッターロボ」など
多くのダイナミックOVAを手がけてきた川越淳氏が監督ということで
低予算で中盤で必ず作画がヘタれる
数々の永井豪/石川賢作品のオマージュが入ってくることはほぼ間違いないはず。
(スタッフに「マジンガーエンジェル」や「真マジンガー」の野中氏もいるし。)

で、今回はぱっと見る感じデビルマン…というより
「レディー」や「ジャック」を含んだ永井豪デビルマンワールドを
全部ぶち込んだ感じになりそうな予感。
PVにはシルクハットを被ったスラムクイーンらしき女性の姿があるし、
女性型支援メカ、ウイングルはどう見てもデビルマンレディー的なシルエット。
コクピットの名前も「レディファルコン」だし
間違いなく「レディー」を意識していると思う。
だとすれば主役メカ、マジンカイザーSKLはデビルマンかはたまたジャックになるのか。
名前やモチーフが骸骨ということで
「レディー」のデビルマンゴースト編を思い出したりも。

何はともあれ兜甲児すら出てこない完全オリジナル設定のマジンガーということで
既存の枠に捕らわれず(いい意味で)盛大にぶっ壊したストーリーを展開してほしいところ。

ところで今回はテーマ曲JAMじゃないのかな。
SKLのデザインに合わせて
曲風はJAMによく似てるけどややスタイリッシュなReyを選んだとかそんな感じか。

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, ダイナミック系

ネオゲッターが出た時点で「デザイン的に出ないんだろうなあ」と
ぼんやりと思っていたゲッター號がまさかのリボルテック化。これは素直に嬉しい。

で、今回まず目を引くのが無性にでかいソードトマホーク。
単純な長さで言えばパーツ分割されてた真ゲッター1のトマホークのほうが大きいけど
こっちは刀身から柄まで全体が太いからぱっと見のボリュームは上。
そして格好良い。

しかしこれだけでかい武器が映えると
逆に細身の武器とか持たせたくなってくるわけで。
更に他の人があんまりやらないような組み合わせはないかな……と
いろいろ部屋を漁った結果、白羽の矢が立ったのが贄殿遮那(figmaシャナ)。

 リボゲッター號とfigmaシャナ。

……やけにサムライっぽくなったな。
全然ゲッターっぽくないけどまあこれはこれで。

とまあゲッター好きには大満足な出来なんだけど
不満点をちょっと言うと品質の点で気になることがちらほらと。
リボは結構個体差が激しいことで知られているけど
今回購入したのは両手首と頭部の関節がプラプラのユルユル。
両方ともリボ球のところじゃないから
ちょっと接着剤とかで軸を太くしてみようかな。
あと上の写真で腕の弾丸が一個抜けてるけどここも緩くて本棚の裏に落ちた。
少し泣く。

 ぅゎソードトマホークっょぃ

おまけのシャナ+ソードトマホーク。
女の子+でかい武器はお約束だよね!

   

コメント (0) | トラックバック (0)

アクションフィギュア, アニメ・漫画, ダイナミック系, 玩具

今は亡きマガジンZで連載された「偽書ゲッターロボDASH」※を引き継いでの本編開始。
「DASH」部分は「ダークネス始動編」として単行本化。

青年誌ならではのエログロ描写や単行本帯の「卑しいゲッター」など
いろいろと突っ込みたい所はあるけれど、何と言ってもキモは早乙女賢とか女性ムサシとか
「光と闇のゲッター線の争い」というまさに何でもありを体現したような設定。
OVA「真ゲッターロボ」なんかでもゲッター線は進化を促す一方で退化を促したりと
作劇の上で都合よく使われてた部分があったけど今回はどれよりもぶっ飛んでる。
そういう意味では正しく「偽書」であり「本気のマガイモノ」なんだよなあこれ。

そしてもう一つ「光と闇の戦い」がメインとなっているのもこれまでのゲッターには無い所。
石川漫画でそういう要素があるのは「セイントデビル」や「魔界転生」「ウルトラマンタロウ」
などが挙げられるけどそのどれとも違う。
主人公側が「闇」ということを考えると
「スカルキラー邪鬼王」の醜と美の戦いなんかが近いかもしれない。
1巻ラストで覚醒したダークネスゲッターの牙の部分も
どことなくジャキオーに似てるかなあと思ったり。

石川先生以外の作家の商業ゲッターということで
津島先生の「ゲッターロボ飛焔」とよく比べられるけどあっちはあっちで好きなんだよね。
「飛焔」は石川先生以外の誰がやっても叩かれるであろう
「ゲッターサーガ」に真っ向から突っ込んでるわけで、
あんまり評判がよくない理由も分かるけど個人的にはいいぞもっとやれ的な感じ。

   

コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・漫画, ダイナミック系, ゲッターロボダークネス